原子力爆弾とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 原子力爆弾の意味・解説 

原子爆弾

(原子力爆弾 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 21:51 UTC 版)

原子爆弾(げんしばくだん、原爆、は: atomic bomb)は、ウランプルトニウムなどの元素原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された核兵器でもある。原子爆弾は、核爆発装置に含まれる[1][2]水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。




注釈

  1. ^ 原子砲によって発射される核砲弾の例には280mm砲W9がある。
  2. ^ 戦術核用無反動砲の例にはデイビー・クロケット、核出力は0.02キロトンがある。
  3. ^ 『原子力のすべて』−地球と共存する知恵− 内閣府「原子力のすべて」編集委員会編 第7章第4節より
  4. ^ プルトニウムはガンバレル型では選択されない。プルトニウムとガンバレル型についてはMark 2 (核爆弾)を参照のこと
  5. ^ D-T強化方式では核分裂による熱でコアが膨らむ前に核反応が進むため、コア部を慣性力で閉じ込めるためのウラン238製の分厚いタンパーに代わってベリリウム製の薄い反射体としてのタンパーに変えられる。
  6. ^ D-T強化方式の原爆の例として、1956年に米国が開発した「スワン」がある。「ファットマン」が長さ3.25m、直径1.52m、重量4,500kgだったのに対して、スワンは長さ58cm、直径29.5cm、重量45.6kgだったが、エネルギーは20キロトンに対して15キロトンであったとされる。
  7. ^ 高山正之『サダム・フセインは偉かった』

出典

  1. ^ 原子力百科事典ATOMICA_核爆発装置”. RIST(一般財団法人 高度情報科学技術研究機構)旧称・財団法人原子力データセンター(NEDAC). 2018年2月24日閲覧。
  2. ^ 知恵蔵の解説_フィズル”. コトバンク_(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」. 2018年2月24日閲覧。
  3. ^ a b あとみん 原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト内 原子力百科事典より。(2008年8月現在、メンテナンス中)[リンク切れ]
  4. ^ NRDC Profile: Thomas B. Cochran
  5. ^ 山田克哉著 『日本は原子爆弾を作れるのか』、PHP研究所、2009年1月30日第1版第1刷発行、ISBN 9784569706443
  6. ^ 大西 比呂志「相模湾上陸作戦―第二次大戦終結への道」、ISBN 978-4896601329




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原子力爆弾」の関連用語

原子力爆弾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原子力爆弾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原子爆弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS