原爆症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 原爆症の意味・解説 

原爆症

読み方:げんばくしょう
別名:原爆傷原子爆弾症原子爆弾傷

原子爆弾から発された放射線被曝した影響発症する病状健康障害総称もっぱら広島長崎における原爆投下による被爆者被害を指す。

原爆症の主な症状としては、悪性腫瘍白血病慢性肝炎肝硬変白内障などがある。原爆投下された当時行動爆心地被曝地点との距離や滞在時間)などの関係が鑑みられ、原爆被害による発症判定された場合に、その症状は原爆症であると認められる。原爆症と認定された者には国から特別手当給付される。

原爆症の中には被曝から十数年あるいは数十年ほど経て発症するケースもある。2000年代以降っも原爆症の認定基準改定緩和が行われ、より多く被害者救済する取り組みが講じられている。

関連サイト:
原爆症認定 認定制度について - 厚生労働省

原爆症(げんばく・しょう)

被爆による健康被害総称

広島長崎投下された原子爆弾による放射線を浴びて生じた健康障害のこと。被爆直後発生する発熱下痢脱毛などの急性原爆症と数十経過後に生じるがんや白内障などの晩発性原爆症がある。

厚生労働省は、被爆者から原爆症認定申請を受けると、当時被爆した位置から体に浴びた放射線量求め年齢性別などの特徴から原爆症の発生リスク計算する。しかし、被災地から遠くにいた場合原爆投下後に降った「黒い雨」を浴びることで原爆症につながった場合など、認定基準厳格すぎて認定が得られないこともある。

厚生労働大臣が原爆症と認定した被爆者には、「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づき毎月137,430円の医療特別手当給付される。

広島地方裁判所4日、国が原爆症と認定しなかった処分取り消し求めていた41人の被爆者遺族に対し、国の不認定処分取り消す判決言い渡した。

(2006.08.07掲載


原爆症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/12 07:55 UTC 版)

原爆症(げんばくしょう、英語: atomic-bomb sickness)とは、原子爆弾(原爆)の爆発による、主に放射線障害の略称。原子爆弾症原子爆弾傷とも表記する。




  1. ^ 被爆者健康手帳が交付されるのは被爆者と定義される者。手帳取得者が申請をして認定されるのが原爆症である。
  2. ^ 厚生労働省-被爆者として認定する範囲


「原爆症」の続きの解説一覧



原爆症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原爆症」の関連用語

原爆症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原爆症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原爆症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS