肝硬変とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 肝硬変の意味・解説 

かん‐こうへん〔‐カウヘン〕【肝硬変】

肝細胞破壊され、線維組織増殖するために、肝臓縮小して硬くなる病態ウイルス性肝炎アルコール肝臓障害栄養障害などが原因となり、腹水黄疸(おうだん)・脾腫(ひしゅ)などの症状現れ食道胃静脈瘤(じょうみゃくりゅう)や肝臓癌(がん)を併発することもある。肝硬変症。


肝硬変

英訳・(英)同義/類義語:hepatic cirrhosis, livtr cirrhosis

肝炎大量継続的アルコール摂取などにより、肝組織線維化した状態。
「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  結核  肝炎  肝炎ウイルス  肝硬変  胞状奇胎  腫瘍  自己免疫疾患

肝硬変 ( liver cirrhosis )

ウイルス肝炎などにより肝細胞再生できなくなり、肝臓自体線維化機能大きく低下した病態のこと。肝硬変の原因のうち、統計的には約6割がC型肝炎、2割がB型肝炎とされており、残りの2割は自己免疫性肝炎アルコール性肝障害、その他の原因によって起こっています。肝硬変になったときは、強い倦怠感とともに脚部のむくみや、腹水黄疸胆汁うっ滞)などの出ることが知られていますが、このような症状すべての人にみられるわけではなく長期間無症状のまま移行するケース少なくありません。

肝硬変

Liver cirrhosis

【概要】 肝臓線維化硬くなり、肥大あるいは萎縮した肝臓病末期状態。 

【詳しく】 顕微鏡調べると肝細胞死滅再生炎症組織の間に瘢痕のような繊維化が起こっている。慢性ウイルス性肝炎(B型C型)、アルコール性肝障害寄生虫病慢性胆汁うっ滞などが慢性進行し、到達する病像症状としては黄疸浮腫腹水衰弱脳症出血傾向食道静脈瘤破裂など。肝硬変になると5年以内50%以上が死亡するといわれる通常の方法では根治療法がなく、肝移植対象となる例が多い。 

《参照》 B型肝炎C型肝炎


肝硬変

【仮名】かんこうへん
原文cirrhosis

肝細胞消失して瘢痕組織となる進行性の慢性肝疾患である。

肝硬変(Liver cirrhosis)

肝臓硬くなり、肥大もしくは萎縮した状態となる病気慢性肝臓病末期像で、ウイルス性肝炎アルコール性肝障害寄生虫病慢性胆汁うっ滞などが進行したときに到達する病像。肝硬変になると5年以内50%以上が死亡するといわれる通常の方法では根治療法がなく、肝移植対象となる例が多い。

肝硬変【かんこうへん】

慢性進行性の肝障害で、肝細胞破壊再生繰り返しによりダメージを受け、正常な肝臓の弾力がなくなり、硬くなった状態をいいます。主な原因は、アルコールの多飲、肝炎毒素薬物循環障害です。

肝硬変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 04:46 UTC 版)

肝硬変(かんこうへん、Liver cirrhosis)とは、何らかの原因で肝細胞が繰り返し大量に死んで減少し、その補修の際に線維組織によって置換(肝線維化)された結果、肝臓が硬く変化し、さらに線維組織によって残存している肝細胞まで締め付けられ、本来は滑らかな肝臓の表面がデコボコに変形した状態である。肝硬変になると、肝臓に残存する肝細胞の数が限られる上に、硬くなった肝臓への血流量は減少するために、肝機能は低下する。ただし、生体の恒常性は保てる程度の肝機能低下で済んでいる代償性肝硬変と、もはや生体の恒常性を保ち切れないほどに肝機能低下が進んだ非代償性肝硬変がある。いずれにしても、肝硬変は慢性肝疾患の終末像で不可逆的な病変であり、治癒は望めず、その先に待っているものは肝不全に引き続いてのである。なお、肝硬変になると、肝臓がんも発生しやすい状態となる他、様々な合併症も出現してくることが普通であり、合併症によって死亡することもある。したがって、肝硬変になる前に、肝硬変を引き起こす原因を取り除く治療を行って、肝硬変を予防することが重要である。肝硬変になっていなければ、肝臓は再生能力が高い臓器であるため治癒も望める。肝硬変になってからの治療は、線維化した細胞は正常な肝細胞に戻る事はないため、残存する肝機能を可能な限り長く維持し、合併症の出現を防止する、延命治療が中心となる。


  1. ^ ヘモクロマトーシス 慶應義塾大学病院 KOMPAS
  2. ^ 肝疾患診療実践マニュアル 文光堂 1995
  3. ^ 新臨床内科学 第8版
  4. ^ a b c d 肝硬変 - 02. 肝胆道疾患 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  5. ^ 10.肝臓 (12)肝細胞癌(肝硬変と肝臓がんを併発した肝臓の写真)
  6. ^ 今日の診断指針第6版 医学書院 2010
  7. ^ 小林伸行, 都築隆, 萬造時知子 ほか、「【原著】脂肪肝症例における肝線維化指標FIB4 Indexの経時的変化」 『人間ドック (Ningen Dock)』 2014年 29巻 1号 p.34-41, doi:10.11320/ningendock.29.34
  8. ^ FIB-4 index計算サイトのご案内(EAファーマ 提供)(医療従事者向け) 日本肝臓学会
  9. ^ a b 非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)の 拾い上げ第 2 弾 “Fib-4 index” (PDF) 福井県済生会病院
  10. ^ 脂肪肝の肝硬変・肝細胞癌への進展 Web医事新報 日本医事新報社
  11. ^ 肝がんとともに 日経メディカル
  12. ^ 一般向け がん情報サービス 肝細胞がん 国立がんセンター
  13. ^ 今日の治療指針 医学書院 2009
  14. ^ Lancet 2012 Dec 10; [e-pub ahead of print].


「肝硬変」の続きの解説一覧



肝硬変と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「肝硬変」の関連用語

肝硬変のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



肝硬変のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
e-血液.come-血液.com
Copyright 2021(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
QUPiOQUPiO
Copyright © 2021 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肝硬変 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS