アスパラギン酸アミノ基転移酵素とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 酵素 > アスパラギン酸アミノ基転移酵素の意味・解説 

アスパラギン酸アミノ基転移酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/26 04:11 UTC 版)

アスパラギン酸アミノ基転移酵素(アスパラギンさんアミノきてんいこうそ、Aspartate Aminotransferase, ART, EC 2.6.1.1)は、アスパラギン酸とα-ケトグルタル酸オキサロ酢酸グルタミン酸に相互変換する酵素である。AST(Aspartate transaminase)またはGOT(Glutamic Oxaloacetic Transaminase:グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とも呼ばれる。


  1. ^ PDB 1AAMAlmo SC, Smith DL, Danishefsky AT, Ringe D (March 1994). “The structural basis for the altered substrate specificity of the R292D active site mutant of aspartate aminotransferase from E. coli”. Protein Eng. 7 (3): 405–12. doi:10.1093/protein/7.3.405. PMID 7909946. 


「アスパラギン酸アミノ基転移酵素」の続きの解説一覧



アスパラギン酸アミノ基転移酵素と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アスパラギン酸アミノ基転移酵素」の関連用語

アスパラギン酸アミノ基転移酵素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アスパラギン酸アミノ基転移酵素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスパラギン酸アミノ基転移酵素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS