グルタミン酸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > グルタミン酸 > グルタミン酸の意味・解説 

グルタミン‐さん【グルタミン酸】

読み方:ぐるたみんさん

glutamic acidアミノ酸の一。小麦グルテンなどの加水分解によって得られる白色結晶たんぱく質中に含まれ動物体内では物質代謝重要な役割を果たす昆布のうまみの主成分で、調味料として生産される

[補説] 「具留多味酸」とも書く。


グルタミン酸

分子式C5H9NO4
その他の名称アシグルト、グルタトン、(+)-グルタミン酸、Aciglut、Glutaton、L-Glutamic acid、(+)-Glutamic acid、(+)-L-Glutamic acid(S)-グルタミン酸、L-α-グルタミン酸、L-α-Glutamate、α-グルタミン酸、α-GlutamateGlutamic acid(S)-2-Aminoglutaric acid(S)-Glutamic acid
体系名:(S)-2-アミノグルタル酸、L-Glu-OH、グルタミン酸、(+)-L-グルタミン酸L-グルタミン酸


D‐グルタミン酸

分子式C5H9NO4
その他の名称(-)-グルタミン酸、D-Glutamic acid(-)-Glutamic acid(-)-D-Glutamic acid、(2R)-2-Aminoglutaric acid(R)-2-Aminoglutaric acid(R)-2-Aminopentanedioic acid
体系名:(R)-2-アミノグルタル酸(R)-2-アミノペンタン二酸、(-)-D-グルタミン酸、D-グルタミン酸、(2R)-2-アミノグルタル酸


グルタミン酸

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


グルタミン酸(ぐるたみんさん)

旨味成分であるアミノ酸一種昆布などに大量に含まれている。
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

グルタミン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 03:32 UTC 版)

グルタミン酸(グルタミンさん、glutamic acid, glutamate)は、アミノ酸の一つ、2-アミノペンタン二酸のこと。2-アミノグルタル酸とも呼ばれる。Glu あるいは E の略号で表される。小麦グルテン加水分解物から初めて発見されたことからこの名がついた。英語に準じ、グルタメートと呼ぶこともある。


  1. ^ 軟水と硬水について 株式会社コスモライフ
  2. ^ 硬水・軟水で料理の味が変わる 味博士の研究所
  3. ^ 軟水、硬水はどのように使い分けされているのでしょうか。日本ミネラルウォーター協会
  4. ^ a b c アミノ酸発酵技術の系統化調査 (PDF)”. 国立科学博物館. 2017年7月27日閲覧。
  5. ^ 日本学士院賞 「醱酵によるアミノ酸類の生成に関する研究」”. 日本学士院. 2022年5月8日閲覧。
  6. ^ アミノ酸発酵 - 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク
  7. ^ a b 神経伝達物質”. 痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief. 2019年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月8日閲覧。
  8. ^ a b グルタミン酸の興奮毒性に拮抗する内因性アミノ酸の存在様式と機能的役割 - KAKEN: 科学研究費助成事業データベース


「グルタミン酸」の続きの解説一覧

「グルタミン酸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



グルタミン酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グルタミン酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グルタミン酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2022 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグルタミン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS