乳酸脱水素酵素とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > EC 1.1.1 > 乳酸脱水素酵素の意味・解説 

LDH(乳酸脱水素酵素) ( lactic acid dehydrogenase )

肝細胞内で糖がエネルギーに変わるときに働く酵素肝細胞変性したり壊死したとき、LDHはGOTGPT同様に血液中に流失していくため、肝細胞障害程度を知る指標となっています。ただし、血液中での寿命が短く、病変がおさまれば速やかに低下します。LDHの正常値115400単位紫外部吸着法)ですが、医療施設によって測定法や基準値異なるため、比較するときはかならず受診した施設基準値比較してください。LDHは肝臓以外の組織筋肉血液など、ほとんどの組織)にも多く含まれています。このため肝臓での病変だけでなく、心臓での病変急性心筋梗塞心筋炎心内膜炎など)、肺での病変肺梗塞肺炎など)、白血病悪性リンパ腫など、また悪性の血液疾患その他の存在を知るための重要な指標となっています。

乳酸脱水素酵素

【仮名】にゅうさんだっすいそこうそ
原文lactic acid dehydrogenase

血液やその他の組織存在する酵素群のひとつで、細胞内でのエネルギー生産関与する。この酵素血中濃度の上昇は、組織損傷一部のがん、その他の疾患などの徴候である可能性がある。「lactate dehydrogenase(乳酸脱水素酵素)」、「ldh」とも呼ばれる

乳酸脱水素酵素、乳酸デヒドロゲナーゼ

【仮名】にゅうさんだっすいそこうそ
原文lactate dehydrogenase

血液やその他の組織存在する酵素群のひとつで、細胞内でのエネルギー生産関与する。乳酸脱水素酵素の血中濃度の上昇は、組織損傷一部のがん、もしくはその他の疾患徴候である可能性がある。「lactic acid dehydrogenase(乳酸脱水素酵素)」、「ldh」とも呼ばれる

乳酸脱水素酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 15:02 UTC 版)

乳酸脱水素酵素(にゅうさんだっすいそこうそ、: lactate dehydrogenase; LDH)は、ほぼ全ての生物に存在する酵素である。




  1. ^ Van Eerd, J. P. F. M.; Kreutzer, E. K. J. (1996). Klinische Chemie voor Analisten deel 2. pp. 138–139. ISBN 978-90-313-2003-5. 
  2. ^ “Peroxisomal lactate dehydrogenase is generated by translational readthrough in mammals”. eLife 3: e03640. (2014). doi:10.7554/eLife.03640. PMC 4359377. PMID 25247702. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4359377/. 


「乳酸脱水素酵素」の続きの解説一覧



乳酸脱水素酵素と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乳酸脱水素酵素」の関連用語

乳酸脱水素酵素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



乳酸脱水素酵素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乳酸脱水素酵素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS