アラニンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > アミノ酸 > アラニンの意味・解説 

アラニン【alanine】

読み方:あらにん

アミノ酸の一。たんぱく質構成成分で、生体内ではピルビン酸から合成される


アラニン

分子式C3H7NO2
その他の名称(+)-アラニン、L-Alanine、(+)-Alanine、(+)-L-Alanine、α-アラニン、α-AlanineL-α-AlanineL-α-Aminopropionic acid(S)-Alanine(S)-2-Aminopropionic acidAlanineL-α-アラニン、(2S)-2-Aminopropionic acid、(2S)-2-Aminopropanoic acid(S)-2-Aminopropanoic acid
体系名:(S)-2-アミノプロピオン酸、Ala-OH、L-Ala-OH、アラニン、(S)-2-アミノプロパン酸、(+)-L-アラニン、L-アラニン、(S)-アラニン、(2S)-2-アミノプロピオン酸、(2S)-2-アミノプロパン酸


D‐アラニン

分子式C3H7NO2
その他の名称(-)-アラニン、D-Alanine(-)-Alanine(-)-D-Alanine、(2R)-2-Aminopropionic acid(R)-2-Aminopropanoic acid(R)-2-Aminopropionic acid
体系名:(R)-2-アミノプロパン酸、(R)-2-アミノプロピオン酸(-)-D-アラニン、D-アラニン、(2R)-2-アミノプロピオン酸


アラニン

Alanine, Ala, A

側鎖メチル基非必須アミノ酸グルタミン酸アミノ基転移によってピルビン酸から合成されるまた、逆反応によって分解される。アラニンは細胞質高濃度存在している。糖や酸の代謝にもかかわり免疫力の向上や、筋肉組織脳・中神経系へのエネルギー供給にもかかわる。

Name L-Alanine1)
MeSH 68000409
CAS No. 56-41-7
Molecular Formula C3H7NO2
Molecular Weight 89.0932
m.p.314.5 - 316.5
pK1(25)2.35
pK2(25)9.87
呈味甘み
アラニン

<jmol ala.pdb.gz 150 150></jmol>

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アラニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 09:08 UTC 版)

アラニン(alanine)とは、アミノ酸のひとつで、グリシンについで2番目に小さなアミノ酸である。アミノ酸の構造の側鎖メチル基(–CH3)になった構造を持つ。2-アミノプロピオン酸のこと。スペルはalanineで、略号はAあるいはAla。ほとんどすべての蛋白質に普遍的に見られる。


  1. ^ Dawson, R.M.C., et al., Data for Biochemical Research, Oxford, Clarendon Press, 1959.
  2. ^ アラニンで持久力をサポート!効果や効果的な摂取方法とは”. 江崎グリコ. 2021年11月14日閲覧。
  3. ^ 二日酔いの元凶はアルデヒドだけじゃない!?”. NIKKEI STYLE (2014年10月14日). 2021年11月14日閲覧。


「アラニン」の続きの解説一覧

「アラニン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アラニンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラニンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS