たんぱく質とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > たんぱく質の意味・解説 

たんぱく‐しつ【×蛋白質】


たんぱく質(タンパクシツ)


たんぱく質

読み方たんぱくしつ
【英】:protein

筋肉臓器皮膚毛髪などの体構成分ホルモン酵素抗体などの体調機能成分、豆、卵、肉、などの食品成分として重要であるために、栄養・健康と強い関係があります

 たんぱく質は、炭水化物脂質と共に三大栄養素のひとつです。全ての動物および植物の細胞構成する主要な成分であり、生体乾燥重量の約50%を占めます筋肉臓器皮膚毛髪などの体構成分ホルモン酵素抗体などの体調機能成分、豆、卵、肉、などの食品成分として重要であり生命維持欠くことができないものです
 3大栄養素構成成分中心は、炭素よび水素ですが、たんぱく質のみ約16%の窒素を含むことが特徴です。たんぱく質の種類多く、各たんぱく質の構造性状働き大きく異なっていますが、いずれも20種類アミノ酸50~1,000結合した化合物です。
 食品たんぱく質は、アミノ酸構成により体内での利用率異なります良質たんぱく質食品とは、たんぱく質の含有量多く利用率の高いもので、卵類肉類豆類などがあげられます。
 たんぱく質欠乏症では、成長障害体力免疫力低下などが起こり貧し社会においては主要な健康問題です。先進国でも、食事摂取量低下した高齢者では同様の問題見られます。たんぱく質は、歴史的に不足の問題主であったために過剰の問題に関しては十分に知られていませんが、今後の研究により増えることも考えられます。


タンパク質

(たんぱく質 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/11 07:07 UTC 版)

タンパク質(タンパクしつ、蛋白質: protein [ˈproʊtiːn]: Protein [proteˈiːn/protain])とは、20種類のアミノ酸状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである[1]


注釈

  1. ^ 東京大学の和田昭允教授の命名による。

出典

  1. ^ a b c d 生化学辞典第2版、p.810 【タンパク質】
  2. ^ a b c d e 武村(2011)、p.24-33、第一章 たんぱく質の性質、第二節 肉を食べることの意味
  3. ^ a b 三大栄養素の基礎知識”. 2020年10月31日閲覧。
  4. ^ a b 武村(2011)、p.16-23、第一章 たんぱく質の性質、第一節 栄養素としてのたんぱく質
  5. ^ 武村(2011)、p.3-6、はじめに
  6. ^ a b 生化学辞典第2版、p.812 【タンパク質の一次構造】
  7. ^ a b c d e 武村(2011)、p.34-48、第一章 たんぱく質の性質、第三節 「焼く」とどうなる?たんぱく質
  8. ^ a b 生化学辞典第2版、p.816 【タンパク質の二次構造】
  9. ^ a b c d 武村(2011)、p.85-96、第二章 たんぱく質の作られ方、第四節 ポリペプチドはいかにして「たんぱく質」となるか
  10. ^ a b 生化学辞典第2版、p.812 【タンパク質の三次構造】
  11. ^ a b c 生化学辞典第2版、p.816 【タンパク質の四次構造】
  12. ^ (PDB) [1]
  13. ^ a b 武村(2011)、p.54-60、第二章 たんぱく質の作られ方、第一節 体をつくるあげるたんぱく質
  14. ^ 武村(2011)、p.98-113、第三章 たんぱく質のはたらき、第一節 たんぱく質はたんぱく質を分解する
  15. ^ a b c d e 武村(2011)、p.113-123、第三章 たんぱく質のはたらき、第二節 体のはたらきを維持するたんぱく質を
  16. ^ 第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版)”. 文部科学省. 2021年6月3日閲覧。
  17. ^ 栄養価やアレルギー、安全性など昆虫食の疑問にお答えします”. TAKEO. 2021年6月3日閲覧。
  18. ^ ヒトはなぜタンパク質を食べるの?”. 公益財団法人 日本食肉消費総合センター. 2021年6月3日閲覧。
  19. ^ a b たんぱく質 (PDF) 」『日本人の食事摂取基準」(2010年版)
  20. ^ a b Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases, 2003
  21. ^ a b Godman, Heidi (2022年6月1日). “Protein intake associated with less cognitive decline” (英語). Harvard Health. 2022年5月19日閲覧。
  22. ^ a b [2019年文献 植物性蛋白質を多くとる人は,全死亡ならびに心血管疾患死亡リスクが低い]”. Life Science. 2022年1月22日閲覧。
  23. ^ a b Sanjeev Budhathoki、Norie Sawada、Motoki Iwasaki、Taiki Yamaji、Atsushi Goto、Ayaka Kotemori、Junko Ishihara、Ribeka Takachi ほか「Association of Animal and Plant Protein Intake With All-Cause and Cause-Specific Mortality in a Japanese Cohort」『JAMA Intern Med』第179巻第11号、American Medical Association、2019年、 1509-1518頁、 doi:10.1001/jamainternmed.2019.2806
  24. ^ Publishing, Harvard Health. “Eat more plant-based proteins to boost longevity”. Harvard Health. 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ Publishing, Harvard Health. “Plant protein may help you live longer”. Harvard Health. 2020年11月13日閲覧。
  26. ^ 肉類摂取と死亡リスクとの関連”. 国立がん研究センター. 2022年1月22日閲覧。
  27. ^ Eiko Saito、Xiaohe Tang、Sarah Krull Abe、Norie Sawada、Junko Ishihara、Ribeka Takachi、Hiroyasu Iso、Taichi Shimazu ほか「Association between meat intake and mortality due to all-cause and major causes of death in a Japanese population」『PLoS One』第15巻第12号、Public Library of Science (PLOS)、2020年、 doi:10.1371/journal.pone.0244007
  28. ^ The sweet danger of sugar” (英語). Harvard Health (2017年5月1日). 2022年6月1日閲覧。
  29. ^ Solan, Matthew (2022年2月1日). “Building better muscle” (英語). Harvard Health. 2022年6月1日閲覧。
  30. ^ Eating enough daily protein may delay disability” (英語). Harvard Health (2019年2月1日). 2022年6月1日閲覧。
  31. ^ 「野菜350g」は本当にカラダにいいの…?食生活のウソホント”. FRIDAYデジタル (2020年7月16日). 2020年11月27日閲覧。
  32. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  33. ^ Low-carb and high-fat diet helps obese older adults” (英語). Harvard Health (2020年12月1日). 2022年6月1日閲覧。
  34. ^ 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる2012.07.08読売新聞。スウェーデンの30〜49歳の女性43396人[信頼性要検証]
  35. ^ joint FAO/WHO expert consultation. "Chapter 11 Calcium", Human Vitamin and Mineral Requirements, 2002.
  36. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。174〜175頁。ISBN 978-4334973964。(原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001)
  37. ^ a b 武村(2011)、p.123-133、第三章 たんぱく質のはたらき、第三節 たんぱく質のお湯加減―いろいろな温度で働くたんぱく質たち―
  38. ^ a b c d 武村(2011)、p.134-145、第三章 たんぱく質のはたらき、第四節 たんぱく質の装飾品と、その利用
  39. ^ ガラクトースN-アセチルグルコサミンN-アセチルガラクトサミンマンノース、L- フコースグルコースキシロースグルクロン酸シアル酸(武村(2011)、p.139)
  40. ^ a b 武村(2011)、p.145-153、第三章 たんぱく質のはたらき、第五節 たんぱく質の「死」



たんぱく質

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:30 UTC 版)

名詞

蛋白 たんぱくしつ

  1. L-アミノ酸重合してできた、生物体主な成分をなす高分子化合物

「たんぱく質」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たんぱく質」の関連用語

たんぱく質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



たんぱく質のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2022 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのたんぱく質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS