たんぱく質とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > たんぱく質の意味・解説 

タンパク質

同義/類義語:蛋白質, たんぱく質, 蛋白, タンパク
英訳・(英)同義/類義語:protein, Cerberus protein Cerberus

細胞構成する主要成分で、アミノ酸ペプチド結合重合高分子したもの生物体の構造維持酵素としての機能を持つ。

たんぱく質(タンパクシツ)

体内筋肉臓器などの構成成分となり、生命維持するためになくてはならない栄養素です。

たんぱく質

読み方たんぱくしつ
【英】:protein

筋肉臓器皮膚毛髪などの体構成成分ホルモン酵素抗体などの体調機能成分、豆、卵、肉、などの食品成分として重要であるために、栄養・健康と強い関係があります

 たんぱく質は、炭水化物脂質と共に三大栄養素のひとつです。全ての動物および植物の細胞構成する主要な成分であり、生体乾燥重量の約50%を占めます。筋肉臓器皮膚毛髪などの体構成成分ホルモン酵素抗体などの体調機能成分、豆、卵、肉、などの食品成分として重要であり、生命維持に欠くことができないものです。
 3大栄養素構成成分中心は、炭素および水素ですが、たんぱく質のみ約16%の窒素を含むことが特徴です。たんぱく質の種類多く、各たんぱく質の構造性状働き大きく異なっていますが、いずれも20種類アミノ酸50~1,000結合した化合物です。
 食品たんぱく質は、アミノ酸構成により体内での利用率異なります。良質たんぱく質食品とは、たんぱく質の含有量多く利用率の高いもので、卵類、肉類豆類などがあげられます。
 たんぱく質欠乏症では、成長障害体力免疫力低下などが起こり貧し社会においては主要な健康問題です。先進国でも、食事摂取量が低下した高齢者では同様の問題見られます。たんぱく質は、歴史的に不足の問題が主であったために過剰の問題に関しては十分には知られていませんが、今後研究により増えることも考えられます。


タンパク質

(たんぱく質 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 14:42 UTC 版)

タンパク質(タンパクしつ、蛋白質: protein [ˈproʊtiːn]: Protein [proteˈiːn/protain])とは、20種類存在するL-アミノ酸状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである[1]




  1. ^ a b c d 生化学辞典第2版、p.810 【タンパク質】
  2. ^ a b c d e 武村(2011)、p.24-33、第一章 たんぱく質の性質、第二節 肉を食べることの意味
  3. ^ 『見てわかる!栄養の図解事典』
  4. ^ a b 武村(2011)、p.16-23、第一章 たんぱく質の性質、第一節 栄養素としてのたんぱく質
  5. ^ 武村(2011)、p.3-6、はじめに
  6. ^ a b 生化学辞典第2版、p.812 【タンパク質の一次構造】
  7. ^ a b c d e 武村(2011)、p.34-48、第一章 たんぱく質の性質、第三節 「焼く」とどうなる?たんぱく質
  8. ^ a b 生化学辞典第2版、p.816 【タンパク質の二次構造】
  9. ^ a b c d 武村(2011)、p.85-96、第二章 たんぱく質の作られ方、第四節 ポリペプチドはいかにして「たんぱく質」となるか
  10. ^ a b 生化学辞典第2版、p.812 【タンパク質の三次構造】
  11. ^ a b c 生化学辞典第2版、p.816 【タンパク質の四次構造】
  12. ^ (PDB) [1]
  13. ^ 東京大学の和田昭允教授の命名による
  14. ^ a b 武村(2011)、p.54-60、第二章 たんぱく質の作られ方、第一節 体をつくるあげるたんぱく質
  15. ^ 武村(2011)、p.98-113、第三章 たんぱく質のはたらき、第一節 たんぱく質はたんぱく質を分解する
  16. ^ a b c d e 武村(2011)、p.113-123、第三章 たんぱく質のはたらき、第二節 体のはたらきを維持するたんぱく質を
  17. ^ a b たんぱく質 (PDF) 」『日本人の食事摂取基準」(2010年版)
  18. ^ a b Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases, 2003
  19. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  20. ^ 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる2012.07.08読売新聞。スウェーデンの30〜49歳の女性43396人[信頼性要検証]
  21. ^ joint FAO/WHO expert consultation. "Chapter 11 Calcium", Human Vitamin and Mineral Requirements, 2002.
  22. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。174〜175頁。ISBN 978-4334973964。(原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001)
  23. ^ a b 武村(2011)、p.123-133、第三章 たんぱく質のはたらき、第三節 たんぱく質のお湯加減―いろいろな温度で働くたんぱく質たち―
  24. ^ a b c d 武村(2011)、p.134-145、第三章 たんぱく質のはたらき、第四節 たんぱく質の装飾品と、その利用
  25. ^ ガラクトースN-アセチルグルコサミンN-アセチルガラクトサミンマンノース、L- フコースグルコースキシロースグルクロン酸シアル酸(武村(2011)、p.139)
  26. ^ a b 武村(2011)、p.145-153、第三章 たんぱく質のはたらき、第五節 たんぱく質の「死」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たんぱく質」の関連用語

たんぱく質のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たんぱく質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS