イオン結合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 結合 > イオン結合の意味・解説 

イオンけつごう -がふ [4] 【イオン結合】

陽イオン陰イオンとが、静電気的な引力クーロン力)によって引き合って形成される化学結合一種塩化ナトリウム食塩)はその代表例。 → 共有結合金属結合

イオン結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 00:25 UTC 版)

イオン結合(イオンけつごう、英語:ionic bond)は正電荷を持つ陽イオン(カチオン)と負電荷を持つ陰イオン(アニオン)の間の静電引力(クーロン力)による化学結合である。この結合によってイオン結晶が形成される。共有結合と対比され、結合性軌道電気陰性度の高い方の原子に局在化した極限であると解釈することもできる。




  1. ^ 国際単位系では、クーロン相互作用はであるが、ここではクーロン相互作用をとするCGS単位系を採用した。
  2. ^ 全格子エネルギーは、結晶を互いに無限に離れたイオンに引き離すのに要するエネルギーと定義される。
  1. ^ キッテル:固体物理学入門』pp.67


「イオン結合」の続きの解説一覧



イオン結合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イオン結合」の関連用語

イオン結合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イオン結合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイオン結合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS