化学結合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 結合 > 化学結合の意味・解説 

かがく‐けつごう〔クワガクケツガフ〕【化学結合】

読み方:かがくけつごう

分子内での原子間の結びつき。その機構によって、共有結合イオン結合配位結合金属結合などがある。

「化学結合」に似た言葉

化学結合

 分子結晶形成する原子またはイオン間の結合をいう。一般に結合機構によって共有結合イオン結合金属結合等に分類するが、実際の化学結合はこれらに結合混じりあいが多い。

化学結合


化学結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 21:03 UTC 版)

化学結合かがくけつごう: chemical bond)は、化学物質を構成する複数の原子を結びつけている結合である。化学結合は分子内にある原子同士をつなぎ合わせる分子内結合と分子と別の分子とをつなぎ合わせる分子間結合とに大別でき、分子間結合を作る力を分子間力という。なお、金属結晶は通常の意味での「分子」とは言い難いが、金属結晶を構成する結合(金属結合)を説明するバンド理論では、分子内結合における原子の数を無限大に飛ばした極限を取ることで、金属結合の概念を定式化している。




「化学結合」の続きの解説一覧

化学結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 00:25 UTC 版)

白色矮星」の記事における「化学結合」の解説

白色矮星磁場は、イオン結合共有結合に加えて垂直常磁性結合英語版)という新しいタイプの化学結合の存在可能にすると考えられるその結果として、2012年出版された研究において「磁化された物質」と初め記述されたような状態の物質存在可能になる

※この「化学結合」の解説は、「白色矮星」の解説の一部です。
「化学結合」を含む「白色矮星」の記事については、「白色矮星」の概要を参照ください。


化学結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 19:03 UTC 版)

化学」の記事における「化学結合」の解説

詳細は「化学結合」を参照 物質原子から構成されるが、その原子が結びついて分子をつくる。この結び付きを化学結合と呼び、これを理解することで化学発展してきた。 19世紀以前原子間の結びつき化学反応説明するために考えられた。基礎的な概念に当たる化学親和力や、続く電気化学的二元論原子価説提唱されたが、それでも一部結合しない原子組み合わせ説明できなかった。20世紀入りドイツのヴァルター・コッセル(en)がイオン結合理論化し、それでも解釈不能な水素分子など無極性分子説明アメリカギルバート・ルイスアーヴィング・ラングミュアそれぞれ独立に共有結合概念提案した量子力学は分構造論も深化させ、二原子分子安定説明した交換相互作用分子軌道原子軌道明らかにした波動関数金属結合実際自由電子モデルから進めたバンド理論などをもたらした

※この「化学結合」の解説は、「化学」の解説の一部です。
「化学結合」を含む「化学」の記事については、「化学」の概要を参照ください。


化学結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 08:45 UTC 版)

金属カルボニルクラスター」の記事における「化学結合」の解説

クラスターの場合、化学結合は局所化されているかのように説明される。 この目的のために、 18電子ルール用いられるしたがって、有機金属錯体34個の電子は、金属-金属結合を持つ二金錯体予測する多核クラスターでは、 Jemmis mnoルール多面体骨格電子ペア理論など、より複雑なルール用いられるクラスター多くの場合離散した金属金属結合として表現されるが、この結合性質は、架橋配位子がある場合不明確でになる。

※この「化学結合」の解説は、「金属カルボニルクラスター」の解説の一部です。
「化学結合」を含む「金属カルボニルクラスター」の記事については、「金属カルボニルクラスター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「化学結合」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「化学結合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



化学結合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化学結合」の関連用語

化学結合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化学結合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2022 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学結合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白色矮星 (改訂履歴)、化学 (改訂履歴)、金属カルボニルクラスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS