アレルゲンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > アレルゲン > アレルゲンの意味・解説 

アレルゲン [2] 【allergen】

アレルギー反応のうち,IgE 抗体関与するものの原因になる抗原性物質花粉・ちりや動物の毛など吸入性のもの,魚肉鶏卵牛乳など食物性のもの,金属ゴムなど接触性のものなどさまざまある。

アレルゲン

【英】: Allergen
アレルギー起こす物質総称

アレルゲンは、一部の人において免疫機構により「異質なもの」または「危険なもの」と認識される物質で、多くの人においては何の反応も引き起こさない。

一般的なアレルゲンとしては、ある種接触物(化学物質植物など)、薬品(抗生物質類、血清など)、食物(小麦、そば、卵、乳、落花生など)、感染因子(バクテリアウイルス動物寄生生物など)、吸入物(ホコリ花粉香水、煙など)、物理的因子(熱、光、摩擦放射線など)が挙げられる。

アレルギー


アレルゲン

アレルギー引き起こす原因となるもののこと。確認されているものだけで200近くある。花粉ダニ死骸ホルムアルデヒドなどの代表的なものだけでなく、寒さなどもアレルゲンになります

アレルゲン


アレルゲン

アレルギー性疾患引き起こす原因となる物質ハウスダスト花粉動物の毛、昆虫カビ真菌)などの吸入性アレルゲン、食物(卵・牛乳小麦そば粉など)、薬剤などの化学物質ハチ毒などの昆虫毒素がある。気管支ぜん息で最も頻度が高いアレルゲンは、ハウスダスト・ダニである。

アレルゲン

アレルギ-の原因になる物質の事。よく三大アレルゲンという言葉聞くがこれは統計的答えられた食品で、牛乳、卵、大豆である。 チョコレ-トにはスイ-トチョコレ-ト:ほとんどのチョコレ-トには粘度調整レシチン使用されている。レシチン大豆、卵に含まれている。ミルク、ホワイトチョコレ-ト:上記レシチンの他ミルクプラスされるココアには:調整ココアは別として<純ココア>である、ココアはアレルゲン物質はないといえる

アレルゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/06 09:38 UTC 版)

アレルゲンドイツ語: Allergen)とは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶ。さらに広義には、それに対するアレルギー患者が多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。




「アレルゲン」の続きの解説一覧



アレルゲンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アレルゲン」の関連用語

アレルゲンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アレルゲンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
環境再生保全機構環境再生保全機構
Copyright, 2019 Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2019 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアレルゲン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS