包装とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 包装 > 包装の意味・解説 

ほう‐そう〔ハウサウ〕【包装】

読み方:ほうそう

[名](スル)

物品を包むこと。また、そのうわづつみ。「商品を―する」「―紙」

荷造りすること。「―がゆるむ」


包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 00:37 UTC 版)

包装(ほうそう、: packaging)は、ものを包む行為や包む素材、包まれた状態などのこと。


  1. ^ 葛良忠彦『機能性包装の基礎と実践』日刊工業新聞社、2011年、14頁。
  2. ^ a b c d e f 葛良忠彦『機能性包装の基礎と実践』日刊工業新聞社、2011年、15頁。
  3. ^ 風袋とは何ですか”. 横須賀市市民部消費生活センター. 2020年1月3日閲覧。
  4. ^ a b c d 計量に関するQ&A”. 国民生活センター. 2020年1月2日閲覧。
  5. ^ a b c 石谷孝之祐、水口真一、大須賀弘著、『包装の本』、日刊工業新聞社、2010年6月25日初版1刷発行、ISBN 9784526064807
  6. ^ a b c d e f 葛良忠彦『機能性包装の基礎と実践』日刊工業新聞社、2011年、18頁。
  7. ^ 葛良忠彦『機能性包装の基礎と実践』日刊工業新聞社、2011年、16-17頁。
  8. ^ ガス充填自動包装機”. 国立科学博物館. 2009年3月27日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 日本包装技術協会加盟 小旗梱包製作所公式サイト
  10. ^ a b c d e f g 梱包運輸専業の老舗企業 平戸梱包運送公式サイトより
  11. ^ a b c 新開トランスポートシステムズ公式サイト


「包装」の続きの解説一覧

包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 07:00 UTC 版)

サントリー天然水」の記事における「包装」の解説

2009年4月から従来段ボールに代わる新し梱包である「エコクリア包装」を「阿蘇」の2Lペットボトル先行導入した(従来段ボール包装と並行で展開)。これは、段ボール使わず、透明フィルム包み込ん梱包したもので、段ボール梱包に比べCO2排出量を約50%低減また、開封後の取扱容易で後処理しやすい特徴もある。なお、「南アルプス」の2Lペットボトルについても、2010年5月からペットボトル変更と同時に導入された。

※この「包装」の解説は、「サントリー天然水」の解説の一部です。
「包装」を含む「サントリー天然水」の記事については、「サントリー天然水」の概要を参照ください。


包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:41 UTC 版)

」の記事における「包装」の解説

笹寿司桜餅柏餅どのように食品を包むのに用いられた。紀元前3300年頃のミイラであるアイスマン遺留品からは、包んだ火種発見されている。

※この「包装」の解説は、「葉」の解説の一部です。
「包装」を含む「葉」の記事については、「葉」の概要を参照ください。


包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:44 UTC 版)

食品」の記事における「包装」の解説

包装により食品外界から遮断することで、異物の混入空気流入を防ぐ。様々な形態があり、包装用の素材開発進んでいる

※この「包装」の解説は、「食品」の解説の一部です。
「包装」を含む「食品」の記事については、「食品」の概要を参照ください。


包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 15:24 UTC 版)

精力剤」の記事における「包装」の解説

精力剤は、一見いかにもそれらしいものと分かるような、卑猥な文句図柄用いられていることが多く購入者意欲をそそる意匠となっている。ただし、これは特に制限設けられていない食品サプリメント清涼飲料水含む)に限られているものである対して医薬品の場合は薬事法66第3項において、「わいせつにわたる文書又は図画用いてならないとされているため、その基準適合した図柄とどめられている。

※この「包装」の解説は、「精力剤」の解説の一部です。
「包装」を含む「精力剤」の記事については、「精力剤」の概要を参照ください。


包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 15:42 UTC 版)

フィッシュ・アンド・チップス」の記事における「包装」の解説

かつては新聞紙包んで客に出すのが半ば常識になっていたが、今日では衛生面問題新聞紙を包装に使用することは禁止されている。新聞紙印刷使用されるインク含まれる鉛の中毒性指摘されためであるが、印刷業者は現在新聞印刷使用されるインク健康上の害は無いと述べている。禁止された新聞紙代用としては、新聞紙の柄を印刷した用紙用いることが多い。またイギリス都市伝説として、『タイムズ』よりも『ザ・サン』で包んだほうがフライ美味になるという俗説存在する

※この「包装」の解説は、「フィッシュ・アンド・チップス」の解説の一部です。
「包装」を含む「フィッシュ・アンド・チップス」の記事については、「フィッシュ・アンド・チップス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「包装」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

包装

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:47 UTC 版)

名詞

ほうそう

  1. 物品上包みかけること。
  2. 荷造りをすること。

発音(?)

ほ↗ーそー

動詞

活用

サ行変格活用
包装-する

「包装」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



包装と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「包装」の関連用語

包装のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



包装のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの包装 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサントリー天然水 (改訂履歴)、葉 (改訂履歴)、食品 (改訂履歴)、精力剤 (改訂履歴)、フィッシュ・アンド・チップス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの包装 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS