ペットボトルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 容器 > ペットボトルの意味・解説 

ペット‐ボトル【PET bottle】


ペットボトル

作者佐藤正午

収載図書花のようなひと
出版社岩波書店
刊行年月2005.9


ペットボトル

作者平山夢明

収載図書東京伝説渇いた街怖い話
出版社竹書房
刊行年月2006.5
シリーズ名竹書房文庫


ペットボトル


ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 19:54 UTC 版)

ペットボトル: PET bottle)とは、合成樹脂(プラスチック)の一種であるポリエチレンテレフタラート (PET) を材料として作られている容器


  1. ^ pet | Definition of pet in English by Oxford Dictionaries”. 2018年9月11日閲覧。 Oxford Dictionary では前者の読みが採用されているが、そのまま読むと発音上、読めなかったり通りが悪い場合(塩化ビニル樹脂の PVC)や、要人を指す VIP(ヴイ・アイ・ピー)のようにそのまま読むと下品に聞こえる場合(そのまま読むと第二次世界大戦中の日本人を指す蔑称 "Jap" と同じ響き)、アルファベットのまま読むのが通例である。
  2. ^ a b c d e f g h i 葛良忠彦「プラスチック包装・容器の歴史と機能」『廃棄物資源循環学会誌』第21巻第5号、2010年、 273-280頁、2020年6月22日閲覧。
  3. ^ 経済新語辞典”. 日本経済新聞社. 2014年3月7日閲覧。
  4. ^ 青木貞茂; マジか!. “文化の力: カルチュラル・マーケティングの方法”. NTT出版. 2014年3月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 第1章 PET ボトルの基礎情報”. PETボトルリサイクル推進協議会. 2020年6月22日閲覧。
  6. ^ 【スゴ技ニッポン】国内初のバイオペットボトルでCO2削減!三ツ矢サイダー(1.5リットル)に注目 産経ニュース(2018年2月3日)2021年1月2日閲覧
  7. ^ 「日本コカ・コーラ、ラベルのないペットボトルの水」日本経済新聞ニュースサイト(2020年4月8日)2021年1月2日閲覧
  8. ^ a b c 第5章 資料編”. PETボトルリサイクル推進協議会. 2020年6月22日閲覧。
  9. ^ 自主設計ガイドラインの変遷”. PETボトルリサイクル推進協議会. 2020年7月12日閲覧。
  10. ^ 小島道一『リサイクルと世界経済』57頁。
  11. ^ 小島道一『リサイクルと世界経済』58 - 59頁。
  12. ^ 炭酸用ペットボトルの底の形は『ペタロイド』と呼ばれます。【鈴木杏樹のいってらっしゃい】
  13. ^ ペットボトルの形には、深い秘密がある
  14. ^ ペタロイド状の秘密
  15. ^ ペットボトルで飲み口が白いものがありますが、材質は容器本体と同じものですか?また、飲み口が白いものと透明なものの違いは何ですか? ダイドードリンコ お客様相談室
  16. ^ ガスバリア性とは?
  17. ^ 冷凍ペットボトルはゴルファーの声から誕生”. ゴルフダイジェスト社 (2015年7月14日). 2020年7月12日閲覧。
  18. ^ Leonard Sax (2010). “Polyethylene Terephthalate May Yield Endocrine Disruptors”. Environmental Health Perspectives 118 (4): 445–8. doi:10.1289/ehp.0901253. PMC 2854718. PMID 20368129. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2854718/. 
  19. ^ a b c 吉井美穂、八塚美樹、安田智美「小型ペットボトル飲料使用における安全性の検討」『日本看護研究学会雑誌』第32巻第1号、2009年、 125-129頁、2020年6月22日閲覧。
  20. ^ Inc, mediagene (2021年4月23日). “無印良品が、ペットボトル容器を廃止。あえて「売れづらいアルミ缶」に素材を変えた理由とは?” (日本語). www.gizmodo.jp. 2021年9月17日閲覧。
  21. ^ 「ボージョレも価格競争、千円切るペットボトル登場」読売新聞』2009年11月17日
  22. ^ ヌーボーに冷や水?「ペットボトル入り禁止を」と生産地代表者産経新聞』2009年11月19日
  23. ^ アサヒビール(株) 容器包装研究所 ガスバリア性と遮光性を飛躍的に高めた『ビール用PETボトル』を開発 年内にもPETボトルの特性を活かした新商品を発売 - アサヒビール ニュースリリース 2004年7月8日
  24. ^ 7月8日発表のPETボトル容器入りビール新商品に関するお知らせ - アサヒビール ニュースリリース 2004年9月30日
  25. ^ 外さないと定めている地域の例では「ラベルでもペットボトルであるかの判断ができるため。」としている。例:ペットボトルの出し方について。 - 福岡県筑紫野市ホームページ
  26. ^ 潰さないと定めている地域の例では「潰さない方が異物の選別が簡単で、またはじめから潰れていると圧縮されにくくなるため。」としている。例:鳥取県八頭町ホームページ
  27. ^ a b c d e 第2章 PETボトル3Rの推進に向けて”. PETボトルリサイクル推進協議会. 2020年6月22日閲覧。
  28. ^ 東京都民2人に1人がマイボトルを所有、でも給水は? ーーマイボトル使用傾向と課題が明らかに” (日本語). 国際環境NGOグリーンピース. 2020年1月8日閲覧。
  29. ^ ペットボトルを活用した衣類用エコハンガー『Rethink Hanger』を発売 - グリーンエージェント 2010年6月17日
  30. ^ a b (英語) 『PET bottles』 - The Japan Times 2005年5月19日[リンク切れ]
  31. ^ 『サントリーが挑む新リサイクル【2】』 - ECO JAPAN 2011年10月11日[リンク切れ]
  32. ^ 「“100億円工場”操業停止に、帝人ペットボトル再生事業が映す容リ法の綻び」日経BP[リンク切れ]
  33. ^ 帝人株式会社プレスリリース
  34. ^ 日本容器包装リサイクル協会 (2019年6月28日). “再商品化事業者への委託料(総額) 詳細データ”. 2020年2月5日閲覧。
  35. ^ 日本容器包装リサイクル協会 (2019年11月11日). “令和2年度「再商品化実施委託単価」、令和元年度「拠出委託単価」、令和2年度「算定係数(暫定値)」ならびに令和2年度「特定事業者申込期間および申込書類発送の遅延」のご連絡について”. 2020年2月5日閲覧。
  36. ^ 日本容器包装リサイクル協会 (2019年6月28日). “落札単価の経年推移 詳細データ”. 2020年2月5日閲覧。
  37. ^ 日本容器包装リサイクル協会 (2018年). “引き取り市町村数 経年データ”. 2020年2月5日閲覧。
  38. ^ 日本容器包装リサイクル協会 (2017年3月31日). “再商品化可能量の推移 PETボトル”. 2020年2月5日閲覧。
  39. ^ a b 日本容器包装リサイクル協会 (2019年7月3日). “PETボトル”. 2020年2月5日閲覧。
  40. ^ 中谷隼, 藤井実, 森口祐一 ほか、「使用済ペットボトルの国内リサイクルと日中間リサイクルのライフサイクル評価」『日本LCA学会誌』2008年 4巻 4号 p.324-333, doi:10.3370/lca.4.324
  41. ^ 環境省 廃棄物処理等科学研究費補助金 総合研究報告書概要版
  42. ^ a b PETボトルリサイクル協議会 (2019年4月). “ボトル用PET樹脂需要実績推移”. 2020年2月5日閲覧。
  43. ^ PETボトルリサイクル協議会 (2018年). “PET樹脂のマテリアルフロー(2018年度)”. 2020年2月5日閲覧。
  44. ^ PETボトルリサイクル協議会 (2018年). “国内用途別再生フレーク量”. 2020年2月5日閲覧。
  45. ^ 日本ミネラルウォーター協会 (2019年3月22日). “統計資料 (PDF)”. 2020年2月5日閲覧。
  46. ^ a b PETボトルリサイクル協議会 (2018年). “PETボトルの回収率(従来指標)の推移”. 2020年2月5日閲覧。
  47. ^ a b PETボトルリサイクル協議会 (2018年). “日米欧のリサイクル状況比較”. 2020年2月5日閲覧。
  48. ^ PETボトルリサイクル協議会 (2018年). “リサイクル率の算出”. 2020年3月3日閲覧。
  49. ^ Japan streets ahead in global plastic recycling race
  50. ^ “India recycle 90% of its PETwaste”. (2017年2月19日). http://www.hindustantimes.com/mumbai-news/india-recycles-90-of-its-pet-waste-outperforms-japan-europe-and-us-study/story-yqphS1w2GdlwMYPgPtyb2L.html 2020年7月12日閲覧。 NCL and PET Packaging Association for Clean Environment (PACE) 2017年2月に公開した1年にわたる調査の結果、インドの際立って高い数値は屑拾いの存在にあると見られる。同国では32億の産業だとされる。
  51. ^ プラスチック循環利用協会 (2019-12) (PDF). 2018年 プラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・処理処分の状況 マテリアルフロー図 (Report). http://www.pwmi.or.jp/pdf/panf2.pdf 2020年2月5日閲覧。. 
  52. ^ 夫馬賢治 (2019年1月10日). “世界基準からズレた日本の「プラごみリサイクル率84%」の実態” (日本語). フォーブスジャパン: pp. 2-3. https://forbesjapan.com/articles/detail/24796/2/1/1 2020年2月5日閲覧。 
  53. ^ サントリーニュースリリース - 2011年4月13日
  54. ^ サントリーHP 『日本初。使用済みペットボトルをボトルに再生するメカニカルリサイクル法の実現』
  55. ^ 武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』p.18(洋泉社、2007年、ISBN 978-4-86248-122-1
  56. ^ PETボトルリサイクル推進協議会プレス:書籍「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」での弊協議会データ捏造について(2021年1月2日閲覧)
  57. ^ Wikipediaの記述について”. 2008年1月23日閲覧。 追記事項は『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』2007年10月29日11刷の図1-1で確認済み。
  58. ^ PETボトルリサイクル推進協議会 - リサイクル率の算出
  59. ^ FIFA U-20 女子ワールドカップ ジャパン2012スタジアム観戦される皆様へ
  60. ^ 東日本大震災について~ミネラルウォーターの需要増加に伴うペットボトル用樹脂キャップの共通化(白無地)について~ 農林水産省ニュースリリース、2011年4月13日
  61. ^ 『ボルヴィック』シリーズは現在、日本での販売を終了している。
  62. ^ Section1 PETボトルの基礎知識 | PETボトルQ&A | PETボトルリサイクル推進協議会”. www.petbottle-rec.gr.jp. 2020年2月2日閲覧。
  63. ^ 同じものを消毒・殺菌して使用する「リターナブルリサイクル」のものは除く
  64. ^ たばこの吸い柄や小規模のごみなどの夾雑物
  65. ^ ボトルtoボトル



ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 07:00 UTC 版)

サントリー天然水」の記事における「ペットボトル」の解説

現在はサントリー発売する全ての2Lペットボトルで導入されている「ゆびスポットボトル」を最初に導入したのは「南アルプスからである2004年のリニューアル時に「フィンガーポケットボトル」の名称で導入)。なお、「阿蘇」の2Lペットボトルは2006年3月導入された。 500mlペットボトルのキャップの色が青に変更となったのは、2007年3月からである。このとき、「南アルプス」は清らかで冷たい水イメージした容器デザイン変更2008年4月発売された「奥大山」も同容器採用角形ペットボトルを採用していた「阿蘇」も2010年4月から同容器切り替えたことで全て同じデザイン統一された一方、2Lペットボトルは当時2Lペットボトルでは国内軽量の40gを達成した新型2Lペットボトルを「奥大山」に先行導入その後2010年3月耐荷重強度維持しながら軽量化行い、36gとさらに軽くなり、2Lペットボトルにおける国内軽量記録塗り替えた。なお、この新型ペットボトルは「奥大山」に先行導入後、翌月には「阿蘇」に、翌々月には「南アルプス」にも導入し、2Lペットボトルにおいても全て同じボトルデザインとなった2011年3月からは従来の500mlペットボトルの内容量を550mlに増量し簡単に小さくたためる新型ボトル「P-ecot(ペコッと)ボトル」を採用した2013年2月に2Lペットボトルを仕様変更し、従来品比約2割の軽量化が行われたことで、国産2Lペットボトルのボトル重量では初めて30gを下回る29.8gとなり、2Lペットボトルにおけるペットボトル重量国内軽量記録を再び塗り替えた2013年5月リニューアルでは商品名変更に加え、550mlペットボトル(手売り用)には豊田通商サプライチェーン活かし安定供給可能にしたことで原料30%を植物由来とし、500ml~600mlクラス国産ミネラルウォーターのペットボトル重量としては国内軽量2013年3月26日現在)となる11.3gを実現した新型ペットボトルを採用した

※この「ペットボトル」の解説は、「サントリー天然水」の解説の一部です。
「ペットボトル」を含む「サントリー天然水」の記事については、「サントリー天然水」の概要を参照ください。


ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 21:36 UTC 版)

日本でのリサイクル」の記事における「ペットボトル」の解説

ペットボトルの回収率2012年度以降2016年度除いて90%以上あり、2019年度における回収率は、93.0%に上ったそのうち60%が国内においてリサイクル回され、その他は輸出されている(#リサイクルごみの輸出参照)。リサイクル回されたものの再資源化率概ね80%であり、海外輸出分の再資源化量を推計し合計すると、リサイクル率は、約85.8%である。 リサイクルされ再生PET樹脂の量は、30.5トンであり、海外輸出分の再資源化量を含めたリサイクル量(50.9トン)の約6割が材料リサイクルされ、ペットボトルや他の製品原料となっている。そのうち本来の意味である「再循環」(再びペットボトルになる)が行われるクローズドリサイクルは約4分の1にすぎず、他はペットボトル以外の製品材料となる(オープンリサイクル)。 詳細は「ペットボトル#リサイクルを参照

※この「ペットボトル」の解説は、「日本でのリサイクル」の解説の一部です。
「ペットボトル」を含む「日本でのリサイクル」の記事については、「日本でのリサイクル」の概要を参照ください。


ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:45 UTC 版)

」の記事における「ペットボトル」の解説

ペットボトルのスクリューキャップ(「ベントホール」という切り込み入っているものもある)は、色・形・大きさ種類がとても多いという。2011年の東日本大震災でのキャップメーカー被災流通の停滞を受け、白に統一することが決められたが、2013年現在未だに色付きロゴ入りのものも存在する。 「ボトルキャップ」および「エコキャップ運動」も参照

※この「ペットボトル」の解説は、「蓋」の解説の一部です。
「ペットボトル」を含む「蓋」の記事については、「蓋」の概要を参照ください。


ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 15:19 UTC 版)

スーパーマリオサンシャイン」の記事における「ペットボトル」の解説

ポンプ補給できる。小さいものはポンプ容量半分大きいものは容量満タンまで回復する。少しレアアイテムポンプ少な時にプチプチなどを踏みつける出現する場合が多い。

※この「ペットボトル」の解説は、「スーパーマリオサンシャイン」の解説の一部です。
「ペットボトル」を含む「スーパーマリオサンシャイン」の記事については、「スーパーマリオサンシャイン」の概要を参照ください。


ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 14:22 UTC 版)

武田邦彦」の記事における「ペットボトル」の解説

データ捏造との指摘PETボトルリサイクル推進協議会より受けている武田は「ペットボトルの利用量は51tなのに、再利用量は3tである」と述べ根拠として掲載したグラフ出典を「PETボトルリサイクル推進協議会」とした。同協議会はこれに対し、「一切協議会データではなく、弊協議会の名前を騙った捏造データであります。」と抗議した。これに対して武田は「国内流通する再生品の量を調べた統計データがないので自分で推定するしかなかった。3tが少なすぎるというのなら、国や関係団体正確な量を調べてほしい」、「リサイクル施設への聞き取り調査市場調査を基に独自に推定した引用PETボトルリサイクル協議会になっていたのは誤りで、次書では訂正すると言ったとされるまた、『環ウソ増刷時には再使用量は武田研究室算出」との説明追記された。「それは『誤り』だったというのではなく、『もし協議会ご不満なら謝る』ということだ」「データ元に経緯評して引用」(原文ママ)したと述べている。しかし、PETボトルリサイクル推進協議会年次報告書には「指定法人での引き取り量と再商品化量の推移」と明確に記載されており、武田の「リサイクルされているPETボトルの量のデータ当時今も公表されていない」との主張事実反する。武田リサイクル量を計算する際に「(リサイクルによってできた)繊維クズみたいなものだから」はずすなど、恣意的リサイクル量を少なくしたと指摘されている。

※この「ペットボトル」の解説は、「武田邦彦」の解説の一部です。
「ペットボトル」を含む「武田邦彦」の記事については、「武田邦彦」の概要を参照ください。


ペットボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 15:20 UTC 版)

リサイクル」の記事における「ペットボトル」の解説

ペットボトルのリサイクル率リサイクル)は、ドイツ2015年には93.5%という高い値を達成したとされる日本でのリサイクル率の2019年推計値としては85.8%だったとされる日本国内回収されたものと、日本国外回収され日本でのペットボトル製造用いられたものを組み合わせて算定している)。米国でのペットボトルのリサイクル率は、2019年で19.7%と推計された。 (国によってペットボトル以外の用途へのリサイクル割合異なるが)、ボトルとして再製造されなかった分大部分は砕いて8~9mm程度大きさフレーク状や、もっと細かい(数ミリ程度の)ペレット状の材料にされる。PETフレークからはシート状の材料などにされ(スーパー食品容器ブリスターパックなどに加工されたり)、ペレットからは繊維などにされる(織られて 布になり、乗り物座席表面用いられたり、フリースウェアの材料ネクタイ材料 等々等々 として様々に利用されている)。(カスケードリサイクルマテリアルリサイクルオープンリサイクル、)。 「ペットボトル」の記事中リサイクルの章およびペットボトルのリサイクル英語版オランダ語版)(英語版オランダ語版等の独立記事)などが参照可。

※この「ペットボトル」の解説は、「リサイクル」の解説の一部です。
「ペットボトル」を含む「リサイクル」の記事については、「リサイクル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ペットボトル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ペットボトル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 08:10 UTC 版)

異表記・別形

名詞

ペットボトル

  1. 合成樹脂一種であるポリエチレンテレフタラート (PET) を材料として作られている、主に飲料保管用い容器

翻訳

※英語、フランス語の様に材質詳細問わない用例も多い。

「ペットボトル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ペットボトルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペットボトル」の関連用語

ペットボトルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペットボトルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペットボトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサントリー天然水 (改訂履歴)、日本でのリサイクル (改訂履歴)、蓋 (改訂履歴)、スーパーマリオサンシャイン (改訂履歴)、武田邦彦 (改訂履歴)、リサイクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのペットボトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS