マテリアルリサイクルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > リサイクル > マテリアルリサイクルの意味・解説 

マテリアル‐リサイクル【material recycle】


マテリアルリサイクル

別名:材料リサイクル 【英】

マテリアルリサイクルとは、製品原料として再生利用リサイクル)することである。同じマテリアルサイクルでも、から紙へのように同じものにする「リサイクル」と、ペットボトルから繊維原料にするというように異なるものへ生成しなおす「アップワードリサイクル」とに大別される

企業活動のほかの用語一覧
企業活動:  グロースハック  クロスセクション法  マルチベンダ  マテリアルリサイクル  マネタイズ  メンテナンス  ミドルステージ

マテリアルリサイクル

英語 material recycling

使用ずみ製品部品破砕選別中和などの中間処理を行うことにより、原材料再生し再度原材料として使用すること。使用ずみ自動車の場合、エンジンミッション足まわりボディなど、金属類はほとんどマテリアルリサイクルされているまた、バンパーなどの熱可塑性樹脂一部マテリアルリサイクルされている

反対語 サーマルリサイクル
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

マテリアルリサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 10:14 UTC 版)

ポリプロピレン」の記事における「マテリアルリサイクル」の解説

捨てられポリプロピレンを、分解することなくポリマーのままで、新たなポリプロピレン製品作ることが、ポリプロピレンのマテリアルリサイクルである。この意味で、ある場所で不要になったポリプロピレン製品を、それを必要とする所で使用するリユース考慮される。それが不可能な場合は、細断するなどしてポリプロピレンフレークペレットにし、それを原料新たなポリプロピレン製品製造用いられる2018年ポリプロピレンは、306トンが廃プラスチックとして排出され43トンがマテリアルリサイクルされた。

※この「マテリアルリサイクル」の解説は、「ポリプロピレン」の解説の一部です。
「マテリアルリサイクル」を含む「ポリプロピレン」の記事については、「ポリプロピレン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マテリアルリサイクル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



マテリアルリサイクルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マテリアルリサイクル」の関連用語

マテリアルリサイクルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マテリアルリサイクルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマテリアルリサイクルの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2023 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポリプロピレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS