ボトルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ボトル > ボトルの意味・解説 

ボトル【bottle】

読み方:ぼとる

瓶。特に、洋酒の瓶。「ワイン―」

「ボトル」に似た言葉

ボトル

瓶。英語のボトルの語源は、古代ラテン語で「容器」を意味するブッティス(buttis)にあります。これが、中世ラテン語でブティク(butticula)になり、古代フランス語でブテーユ(bouteille)となり、イギリス伝わってボトル(bottleになったそうですウイスキーをボトル詰め発売した先覚者は、スコッチウイスキーホワイト・ラベル」の創始者ジョン・デュワーで、1850年代のことです。1860年代には、それまで売りしか認めていなかったイングランドで、瓶詰めウイスキー法的に許可されました。これ以後ロンドン瓶詰めスコッチ普及することになりました。ですが、イギリス全土瓶詰めウイスキー売りウイスキーより優位に立つようになったのは、1917年以降こととされています。
日本における本格ウイスキー第1号サントリーウイスキー白札」の発売は、昭和4年1929年)のことですが、これははじめから瓶詰め発売されました。

(ボトル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/28 19:17 UTC 版)

(びん)は、ガラス陶器を材料とした容器


注釈

  1. ^ 日本国内では、広口の魔法瓶や保温装置付きのご飯のおひつをジャーという。いずれも保温用の機能を有する。これは日本独特の用法(カタカナ英語)である。英語のjarは、広口の瓶やを一般的にいう言葉である[2]
  2. ^ 日本国内でジャグという語は、水筒や、アウトドア用の飲料水タンクを示す言葉として使われている[3]

出典

  1. ^ a b c 「瓶」と「壜」は、どちらもビンですが、意味の違いや使い分けなどあるのでしょうか? 大修館書店、2020年5月25日閲覧。
  2. ^ 坂田俊策 『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』日本放送出版協会、1988年5月20日、35頁。 
  3. ^ ジャグの通販・ネットショッピング”. カカクコム. 2017年11月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 日本食品保蔵科学会『食品保蔵・流通技術ハンドブック』建帛社 p.37 2006年
  5. ^ a b c d 日本包装学会『包装の事典』朝倉書店 p.125 2001年
  6. ^ カールスバーグ、ビール用紙パックの試作品をお披露目”. CNN (2019年10月11日). 2019年10月12日閲覧。


「瓶」の続きの解説一覧

ボトル(ひょうけつのみず / オイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:35 UTC 版)

フェアルーン2」の記事における「ボトル(ひょうけつのみず / オイル)」の解説

中に液体保存できる容器。「ひょうけつのみず」は熱を冷まし、「オイル」は燃料となる。

※この「ボトル(ひょうけつのみず / オイル)」の解説は、「フェアルーン2」の解説の一部です。
「ボトル(ひょうけつのみず / オイル)」を含む「フェアルーン2」の記事については、「フェアルーン2」の概要を参照ください。


ボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 13:26 UTC 版)

シーケーワン」の記事における「ボトル」の解説

ボトルはシンプルで黒字で「ck oneと書かれている内容量は100mlである。

※この「ボトル」の解説は、「シーケーワン」の解説の一部です。
「ボトル」を含む「シーケーワン」の記事については、「シーケーワン」の概要を参照ください。


ボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 23:53 UTC 版)

マンハント」の記事における「ボトル」の解説

用途煉瓦などと同じだが、一度投げると割れてしまい二度と拾うことはできなくなる。但し、音が大きのである程度離れた敵も誘き寄せることができる。ゴミ袋中に隠されているものもある。

※この「ボトル」の解説は、「マンハント」の解説の一部です。
「ボトル」を含む「マンハント」の記事については、「マンハント」の概要を参照ください。


ボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:09 UTC 版)

ビートダウン」の記事における「ボトル」の解説

空きビン振り速い攻撃力低く、非常に壊れやすい

※この「ボトル」の解説は、「ビートダウン」の解説の一部です。
「ボトル」を含む「ビートダウン」の記事については、「ビートダウン」の概要を参照ください。


ボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 01:24 UTC 版)

マッドワールド」の記事における「ボトル」の解説

特殊なコーラ入りのボトルで、敵の口に突っ込む。突っ込まれた敵はもがいた後、勢いよく吹っ飛ぶWiiリモコンを振ることでシェイクでき、多く振るほど高く吹っ飛んでいく。

※この「ボトル」の解説は、「マッドワールド」の解説の一部です。
「ボトル」を含む「マッドワールド」の記事については、「マッドワールド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボトル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ボトル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ボトルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボトル」の関連用語

ボトルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボトルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瓶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフェアルーン2 (改訂履歴)、シーケーワン (改訂履歴)、マンハント (改訂履歴)、ビートダウン (改訂履歴)、マッドワールド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS