アルコール飲料とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 飲料 > 飲料 > アルコール飲料の意味・解説 

アルコール‐いんりょう〔‐インレウ〕【アルコール飲料】

読み方:あるこーるいんりょう

エチルアルコールを含む飲み物日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなど。製造法では醸造酒蒸留酒混成酒3種分けられる酒類


(アルコール飲料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 23:39 UTC 版)

(さけ)は、エタノールアルコールの一種)が含まれた飲料の総称。原料をアルコール発酵させて得る醸造酒、それから造られる蒸留酒などに大別され、原料や酵母、製法などの違いによる多様な酒が世界各地にある。


  1. ^ 飲酒 厚生労働省 e-ヘルスネット(2021年12月26日閲覧)
  2. ^ 御酒とは コトバンク
  3. ^ 酒類とは コトバンク
  4. ^ アルコール飲料とは コトバンク
  5. ^ 日本語での用法。ハードドリンクとは コトバンク
  6. ^ 高田公理「禁酒文化・考」『論集 酒と飲酒の文化』(石毛直道 編、平凡社、1998年、isbn4582829201)pp.295-298
  7. ^ a b 「アルコール、飲むほどに脳が縮小=米研究」ロイター(2008年10月14日 12:12 JST)
  8. ^ a b Phillips, Lawrence D; Nutt, David J; King, Leslie A (November 2010). “Drug harms in the UK: a multicriteria decision analysis” (pdf). The Lancet 376 (9752): 1558-1565. doi:10.1016/S0140-6736(10)61462-6. PMID 21036393. http://www.sg.unimaas.nl/_OLD/oudelezingen/dddsd.pdf. 
  9. ^ a b Global strategy to reduce harmful use of alcohol(世界保健機関)
  10. ^ a b コロンビア大学嗜癖物質乱用国立センター (2012-06). Addiction Medicine: Closing the Gap between Science and Practice. p. 59. http://www.casacolumbia.org/templates/NewsRoom.aspx?articleid=678&zoneid=51 
  11. ^ [1]日本経済新聞』朝刊2021年12月19日サイエンス面(2021年12月26日閲覧)
  12. ^ 世界初の「木のお酒」?香りと味わいは 森林総研が開発 朝日新聞デジタル(2018年5月24日)2021年12月26日閲覧
  13. ^ Ice Bock/アイス・ボック”. 小樽ビール. 2020年6月26日閲覧。
  14. ^ 宮脇長人, 表千晶, 小栁喬, 笹木哲也, 武春美, 松田章, 北野滋「日本酒の界面前進凍結濃縮」『日本食品科学工学会誌』第64巻第2号、日本食品科学工学会、2017年、 98-101頁、 doi:10.3136/nskkk.64.98
  15. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  16. ^ HelC お酒の効用
  17. ^ 21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)について 報告書 平成12年2月、健康日本21 企画検討会、健康日本21 計画策定検討会
  18. ^ 広辞苑』第5版
  19. ^ (Excel) Global health estimates: Leading causes of DALYs (Report). 世界保健機関. (2020-12). Download the data > GLOBAL AND BY REGION > DALY estimates, 2000–2019 > WHO regions. https://www.who.int/data/gho/data/themes/mortality-and-global-health-estimates/global-health-estimates-leading-causes-of-dalys 2021年3月27日閲覧。. 
  20. ^ a b Zaridze, David; Lewington, Sarah; Boroda, Alexander; et al. (2014). “Alcohol and mortality in Russia: prospective observational study of 151000 adults”. The Lancet 383 (9927): 1465-1473. doi:10.1016/S0140-6736(13)62247-3. PMC 4007591. PMID 24486187. http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(13)62247-3/fulltext. 
  21. ^ a b “Alcohol use and burden for 195 countries and territories, 1990-2016: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2016”. Lancet. (August 2018). doi:10.1016/S0140-6736(18)31310-2. PMID 30146330. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(18)31310-2. 
  22. ^ Publishing, Harvard Health. “Boost your memory by eating right”. Harvard Health. 2021年3月12日閲覧。
  23. ^ a b Stockwell, Tim; Zhao, Jinhui; Panwar, Sapna; Roemer, Audra; Naimi, Timothy; Chikritzhs, Tanya (2016). “Do “Moderate” Drinkers Have Reduced Mortality Risk? A Systematic Review and Meta-Analysis of Alcohol Consumption and All-Cause Mortality”. Journal of Studies on Alcohol and Drugs 77 (2): 185-198. doi:10.15288/jsad.2016.77.185. PMID 26997174. 
  24. ^ Baan R, Straif K, Grosse Y, et al. (April 2007). “Carcinogenicity of alcoholic beverages”. Lancet Oncol. 8 (4): 292-3. PMID 17431955. 
  25. ^ 西村正信, 野内俊彦, 小山恒 ほか、「女性大酒家肝障害の臨床病理学的研究」『肝臓』1984年25巻10号 pp.1246-1252, doi:10.2957/kanzo.25.1246
  26. ^ アルコール性肝炎 慶應義塾大学病院 KOMPAS
  27. ^ 「慢性的な大量飲酒、認知症との関連が明らかに」AFP(2018年2月21日 13:20 JST)
  28. ^ a b Thomas Pellechia、木内涼子・編集 (2017年12月21日). “健康的な「合成アルコール」商品化へ、英教授が資金調達”. Forbes. https://forbesjapan.com/articles/detail/19050 2018年2月1日閲覧。 
  29. ^ De Sousa Fernandes Perna, E. B.; Theunissen, E. L.; Kuypers, K. P. C.; et al. (2016). “Subjective aggression during alcohol and cannabis intoxication before and after aggression exposure”. Psychopharmacology 233 (18): 3331-3340. doi:10.1007/s00213-016-4371-1. PMC 4988999. PMID 27422568. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4988999/. 
  30. ^ “鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について” (プレスリリース), 一般社団法人日本民営鉄道協会 ほか, (2019年7月8日), https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190708_ho02.pdf 2020年3月22日閲覧。 
  31. ^ 樋口進 (2006年11月22日). “成人の飲酒実態と関連問題の予防について”. 厚生労働省. 2018年2月18日閲覧。
  32. ^ 東北大学大学院医学系研究科(飲酒と自殺リスクとの関連)
  33. ^ “酔って寝たら逮捕も 新潟県警、摘発強化へ”. 日本経済新聞. (2012年12月15日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASDG1404S_V11C12A2CC1000?s=1 2020年3月22日閲覧. "新潟県警によると、2009年1月から12年11月末までの間、泥酔により、道路に横たわり轢き逃げなどの被害者の人数は36人、うち死者は14人" 
  34. ^ 「ウクライナ、寒波による死者40人に」AFP(2017年1月14日)2017年1月14日閲覧
  35. ^ 飲酒運転による死亡事故件数の推移”. 警察庁. 2020年2月17日閲覧。
  36. ^ 飲酒運転による交通事故件数の推移”. 警察庁. 2020年2月17日閲覧。
  37. ^ 循環器疫学epi-c.jp JMSコホート研究(2020年2月12日閲覧)
  38. ^ 真栄里仁. “若者の飲酒と健康、事件・事故”. 厚生労働省. 2021年9月5日閲覧。
  39. ^ 法律と実態に深い溝。未成年の飲酒について大学生が思うこと T-news(2021年9月5日閲覧)
  40. ^ 飯野亮一『居酒屋の誕生』(ちくま学芸文庫 2014年、ISBN 9784480096371)pp.100-103.
  41. ^ 最終更新: 平成三十年六月二十日公布(平成三十年法律第五十九号)改正 法令ごとに表示される「最終更新」とは?”. 2020年2月17日閲覧。
  42. ^ 酒税法 第一章 第二条
  43. ^ 酒税法 第一章 第六条
  44. ^ 酒税法 第一章 第三条
  45. ^ “(社説)操縦士の飲酒 背景も探って対策を”. 朝日新聞. (2012年1月12日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13845567.html 2019年1月12日閲覧。 
  46. ^ 贄川俊、北見英城 (2019年1月11日). “鉄道や船も飲酒検査義務づけ 問題相次ぎ、国交省が方針”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM1C3FXQM1CUTIL00G.html 2019年1月12日閲覧。 
  47. ^ 養命酒製造の公式ホームページにある『「薬用養命酒」に関するよくあるお問合せ』の「飲んで運転すると飲酒運転になりますか?」によれば、『「薬用養命酒」は医薬品ですが、アルコール分が14%も含まれています。飲酒運転は法律で禁じられていますので、運転前の服用はお控えください。』の旨が掲載されている。
  48. ^ 養命酒製造の公式ホームページにある『「薬用養命酒」に関するお問い合わせ』の「未成年が飲んでも大丈夫?」によれば、『「薬用養命酒」にはアルコール分が14%含まれていますので、20歳未満の場合は服用できません。』の旨が記載されている。
  49. ^ 「酒類広告全面禁止のリトアニア、外国誌広告の目隠し作業開始」AFP(2018年1月11日)2018年1月11日閲覧
  50. ^ 機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例 (PDF)” (日本語). 国土交通省 (2019年1月1日). 2019年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月1日閲覧。
  51. ^ お酒(アルコール飲料)は送れますか? よくあるご質問”. ヤマト運輸. 2020年7月4日閲覧。
  52. ^ ゆうパックで送ることができないものは何ですか?”. 日本郵便. 2020年7月4日閲覧。
  53. ^ 小倉ヒラク (2019年12月29日). “ワインは酒にあらず!神の血がキリスト教徒を救った?”. ソトコト. 2020年7月4日閲覧。
  54. ^ カトマンズ(ネパール)の海外現地ガイド記事「カトマンズ中が大いに盛り上がる!ネパールのお祭りインドラジャトラへようこそ!!」 掲載日:2008/07/14, 海外旅行情報 エイビーロード
  55. ^ 不飲酒戒 -なぜ酒を飲んではいけないのか * 法然『百四十五箇条問答』真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺



アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 03:40 UTC 版)

アルコール発酵」の記事における「アルコール飲料」の解説

ほとんど全てのアルコール飲料の生産には、酵母によるアルコール発酵用いるが、この酵母デンプンを糖に分解できないワインブランデーは、ブドウ含まれる糖の発酵によって作られる一方ビールウィスキー日本酒などは穀物からつくられるが、そのためにはまずデンプン糖化必要であるビールでは、麦芽含まれる酵素アミラーゼ)によって糖化する日本酒では、米を精米するためアミラーゼを含む胚芽除去されるので、コウジカビ作用糖化するこの後酵母によってアルコール発酵を行う。

※この「アルコール飲料」の解説は、「アルコール発酵」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「アルコール発酵」の記事については、「アルコール発酵」の概要を参照ください。


アルコール飲料(drikkevarer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 09:02 UTC 版)

デンマーク料理」の記事における「アルコール飲料(drikkevarer)」の解説

アクアビット通常snaps呼ばれるジャガイモから作り透明で度数が強いが、ウォッカ違い、常にハーブ風味付けしている(ディル等)。 ビール(øl):デンマーク産はカールスバーグツボルグ仕事の後やリラックスするときに「ピルスナースタイル飲むこと好まれている。デンマークではピルスナースタイルが支配的であるが、多くの他のスタイルもある。近年小規模蒸留所各地作られ新たな地ビール生産している。 デンマークのビール参照ユールブリュッククリスマス間に飲まれるアルコール度数ビール解禁日はJ-day呼ばれパブレストランで飲み放題イベント開催されるビターズ:最も人気のビターズはガンメル・ダンスク(Gammel Dansk、「古くからデンマークの意味)である。 コーヒーKaffe):家庭で地元ボダム社 (Bodum) 製コーヒーメーカー淹れた、またはドリップしたブラックコーヒー昼夜によく、朝に必ず飲む。 Hyldeblomstsaft:甘み加えたニワトコの花のジュースで、家庭で作り水で薄めて供する。冬には温めて飲むこともあるが、通常冷たい。 フルーツワインチェリーワイン、カシスワイン、ニワトコワイン。 グレッグGløgg):赤ワインブランデーシェリーレーズンアーモンド加えて作る温かいカクテルクローブシナモン加えクリスマス伝統のひとつである。 ホット・チョコレート(Varm kakao):子供飲むこと多く家庭ヒュッゲ欠かせない蜂蜜酒Mjød):ヴァイキング作った伝説がある。 ミネラルウォーター(Danskvand、「デンマーク」):柑橘類加えることが多い。 スカッシュ (Squash) (Saftevand):果物シロップ水を加えて作るジュース子供飲むことが多い。 デンマークワイン生産量少なく高価である輸入ワインがより人気である。

※この「アルコール飲料(drikkevarer)」の解説は、「デンマーク料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料(drikkevarer)」を含む「デンマーク料理」の記事については、「デンマーク料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 17:24 UTC 版)

インドネシア料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

インドネシアでは酒の販売認められているものの、国民の9割がムスリムあるため多くの国民には飲酒習慣がない。しかし、人口が2億5000万人を超えるインドネシアでは、ムスリム以外の国民決し少なくはなく、彼らには独自の酒の文化もある。また、ムスリムの中で戒律をさほど重視しない者もおり、経済成長や、日本欧米食文化流入していることも相まってムスリムでも飲酒楽しむ者が増えつつある。 酒はレストランバー販売されるホテル高級レストランではアルコール制限がなく、ビンタンビール、アンカービール、ハイネケンビールなどインドネシア代表的なビール販売される。米から作られたブルムバリ島名物である。 北スマトラ州伝統的な酒は砂糖ヤシ樹液醗酵させて作るトゥアッ(tuak、アラック)である。北スラウェシ州では、同じ原料伝統的なチャップティクス(cap tikus)と言う強い酒作られ密造されることもある。

※この「アルコール飲料」の解説は、「インドネシア料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「インドネシア料理」の記事については、「インドネシア料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 10:11 UTC 版)

コーンウォール料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

コーンウォール醸造されるビールには多くの種類があり - シャープズ醸造所英語版)、スキナーズ醸造所英語版)、およびセント・オーステル醸造所英語版)で製造される - スタウトエールおよび他のスタイルビール含まれる小規模ワインミード、およびサイダー生産もしている。Spingo(古英語度数が強いビール意味する)は、ヘルストン英語版)のコイネージホール・ストリートにあるザ・ブルーアンカー・イン(The Blue Anchor Inn)のホテル醸造所だけで醸造される一連のビール総称である。サイダーは、伝統的に農場労働者向けに作られたが、コーンウォールリンゴ栽培に特に適していないトゥルーロ近郊のヒーリーズ・コーニッシュ・サイダー・ファーム(英語版)は工場独自のシードルブランデー、および工場製の果実酒醸造し販売している。現在、12のコーンウォールサイダー生産者 (en) がある。

※この「アルコール飲料」の解説は、「コーンウォール料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「コーンウォール料理」の記事については、「コーンウォール料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 01:18 UTC 版)

スーダン料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

イスラム教国家スーダンシャリーアの下で統制されアルコール調達消費購入禁じられている。アルコール禁止破った場合40鞭打ちされなければいけないと言う罰則がある。この鞭打ち刑は裁判所空き地行われ有罪とされた飲酒者が衣服着たまま執行されそれほど強打はしないスーダンの大統領務めたモハメド・アン=ヌメイリは、1983年9月シャリーア制定し、これを記念してナイル川アルコール投棄したアラキ英語版)というナツメヤシ作られたジンは、シャリーアに反して違法に醸造されている。スーダンアラキ醸造者はシャリーアに反して生産続けている。南スーダン分離する前のスーダンでは、密造酒製造南スーダン出身者である非ムスリムエチオピアからの難民が行っていると言われていたが、実際にはムスリム地元住民中にも密造する者がいたとされる

※この「アルコール飲料」の解説は、「スーダン料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「スーダン料理」の記事については、「スーダン料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 16:30 UTC 版)

エルサルバドル料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

最も人気があるアルコール飲料はビールcerveza)でピルスナー好まれる。スプレーマ Suprema も最高とされており、国内産人気の銘柄ビールはどれも製造元はラコンスタンチア社(ドイツ語版)。最近ではエルサルバドルでセルベザ・カデホの人気高まっていて、サンサルバドル地ビール醸造所カデホ(Cadejo)は、米国地ビール醸造所触発された。エルサルバドル唯一のラム酒蒸留所2004年設立のロン・チワタン(英語版)で、2015年初の瓶詰め行ったエルサルバドル国産酒はティックトックといい、砂糖きび原料にした蒸留酒カシャッサ似た味がする

※この「アルコール飲料」の解説は、「エルサルバドル料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「エルサルバドル料理」の記事については、「エルサルバドル料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 05:24 UTC 版)

アイルランド料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

ウイスキー (なかでも純粋なポットスティル・ウイスキー(英語):ジェムソン・アイリッシュ・ウイスキーやパディー・ウィスキー(英語)、ブッシュミルズ(英語)など) スタウトポーター、あるいはギネスマーフィーズ(英語)、ビーミッシュ&クロウフォード(英語)など アイリッシュ・レッド・エール(英語):スミジックス(英語) ラガー:ハープラガー(英語) アイリッシュ・コーヒー砂糖なしのブラックコーヒーウイスキー生クリーム作るアルコール飲料。 アイリッシュ・クリーム(英語):ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリームなど アイリッシュ・ミストリキュール1種 蜂蜜酒 プーチーン(英語) – ジャガイモ大麦作る非常に強い(しばしば自家製の)スピリッツシードル:マグナーズ(英語) (ブールマーズ)など

※この「アルコール飲料」の解説は、「アイルランド料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「アイルランド料理」の記事については、「アイルランド料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 23:34 UTC 版)

ポーランド料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

ポーランド人にはアルコール好きが多い。一方で20%程度禁酒家でもある。 ウォッカポーランド語ではヴートゥカ)を代表として蜂蜜酒(ミュト・ピトヌィ miód pitny)、ビールピヴォ piwo)の種類が豊富家庭でさまざまなリキュール作る習慣がある。 ポーランド原産ウォッカポーランド語ではヴートゥカ wódka)として、アルコール度数世界一の「スピリタス香草ウォッカズブロッカ果物香りをつけたチェリーウォッカ」、香木香りをつけたバルサムベルヴェデーレショパンなどのウォッカオークの木長期間熟成させた古酒スタルカなど多数種類がある。近年健康上理由などから、極端に度数の強いアルコール飲料が敬遠され傾向にある。そのため国内ウォッカ消費量減少一途たどっているが、逆に西ヨーロッパ北アメリカ日本などへの輸出好調で生産量大幅に増加している。 近ごろポーランド人主要なアルコール飲料はむしろビールで、消費量急拡大している。かつてはチェコドイツ同様、ポーランドでもビール醸造伝統的に行われていたが、一時期ビール産業衰退する近年になってビール産業活力が戻り多くの生ビール地ビール出回っている。代表的なブランドは、ジヴィエツŻywiec)、オコチム(Okocim)、エーベー(EB)、ティスキェ(Tyskie)、デンボヴェ(Dębowe)ほか。非常に古い形のビールとして、ライ麦パン発酵させたどぶろくのようなビール(ポドピヴェック Podpiwek)もある。 ワイン西部ルブシュ県ジェロナ・グラ中東マゾフシェ県ヴァルカWarka)の2ヶ所造られており、いずれも白ワインである。この2ヵ所には、ワイン用のブドウ畑がある。国産ブランデーも造られている。またクワスやシリヴォヴィツァ、ウィスキー作られる。ワインベースの混酒、ポンチュ(poncz)やクルション(kruszon)も親しまれている

※この「アルコール飲料」の解説は、「ポーランド料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「ポーランド料理」の記事については、「ポーランド料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 14:12 UTC 版)

アルゼンチン料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

アルゼンチンワイン」も参照 グラス注がれアルゼンチンの赤(左)と白(右)ワインワイン(西: vino)は伝統的にアルゼンチンで最も人気のあるアルコール飲料だが、ここ数十年ビール(西: cervezaイタリア語のbirraがよく使われる)の人気ワイン競り合っている。 醸造所1860年代終わりにアルザスからの入植者よるもの嚆矢となった最初ブエノスアイレスダウンタウンel égido de la Ciudad Autónoma de Buenos Aires、「自治都市ブエノスアイレスの盾」の意)にあったが、やがてポーランド系醸造家たちがサンタフェ州サン・カルロスコルドバ州リオ・セグンドおよびコルドバブエノスアイレス州ラ・プラタ周辺のルラバロール(英語版)、トゥクマン州サン・ミゲル・デ・トゥクマンメンドーサ周辺およびサルタなどでビール工業生産を始めた。 アルゼンチンにおけるビール消費量前世代劇的に増加し1980年には2億3,300リットルだったものが、2007年には15億7,000リットル一人当たり40リットル)に増加している。ビール生産量消費量増加は、各地関連イベント存在によって支持され2001年以降はワイン消費量上回り例えば、ドイツ系移民が多い地域ではオクトーバーフェストや "Fiestas de la Cerveza" などのビール祭が開催されている(コルドバ州ビージャ・ヘネラル・ベルグラーノ、サンタフェ州サン・カルロスおよびエスペランサなど)。このようなお祭りは、ミュンヘンオクトーバーフェストアルゼンチン風にアレンジしたもので、同様に観光スポットになっているしかしながらアイルランド中心としたケルト系人口が多いことからアイルランド守護聖人であるセント・パトリックス・デーDía de San Patricio)のように、メーケティング目的ビール祭典行われている。 アルゼンチンのアルコール飲料の消費量は、米国同程度西ヨーロッパ平均よりもやや少ない。アルゼンチン人様々なアルコール飲料を楽しんでおり、アルゼンチン職人的なものであり、工業的なものであれ、様々な凝った製品誇っている。ビールワイン他にアルゼンチン人シードルをよく飲む(ここでもスペインイタリア、より正確にアストゥリアス州カンパニア州伝統受け継がれている)。シードルは、中流および下層階級の間でクリスマス新年にもっとも人気のある飲み物である(上流階級地元で生産されシャンパンで祝うことを好んでいるが、本物古くからクリオーリョ貴族たちは、より伝統的なシードル引用している)。 この他広く消費されている蒸留酒としてはサトウキビから作られた、カーニャ・ケマーダ(caña quemada、焦げた)ないし、単にカーニャ('caña'、)と呼ばれるアグアルディエンテ(英語版)(火の)である。カーニャ・ケマーダに関する民俗学メモ伝統的に6月21日まで、カーニャ・ケマーダをルーダ・マチョ(ruda machoヘンルーダ一種)と一緒に飲み、この混合物インフルエンザその他の病気を防ぐとされているカーニャは、主に農村部ではジン("ginebra" - オランダ風ジン)と競合している。 苦味のある蒸留酒フェルネット(英語版)、特にイタリア製のフェルネット・ブランカ(英語版)はアルゼンチン高い人気をはくしている(2017年調査では、アルゼンチン人世界で生産されるフェルネットの75%以上を消費していると言う結果出ている)。フェルネットは一般にコカ・コーラ混ぜて楽しまれている。フェルネットが消化促進すると言う性質から、ディナー後の食後酒として選べれている。 アルゼンチンには、例えオレンジ、卵、アニスコーヒーサクランボおよび当然のようにドルチェ・デ・レチェで風味つけられた、職人生産したリキュール蒸留され風味のあるアルコール飲料)が数多くある。エスペリディーナ(英語版)はオレンジ・ピールから作られたリキュール一種で、1890年ごろにアルゼンチン開発された。レモンベースにしたチトロンチェロ(chitronchelo)ないし(イタリア語の)シトロネラ(citronella)もある。この飲み物南イタリアからの移民とともに到来し職人によっても、工業的にも(例えば、マル・デル・プラタで)生産されている。

※この「アルコール飲料」の解説は、「アルゼンチン料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「アルゼンチン料理」の記事については、「アルゼンチン料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 17:23 UTC 版)

オランダ料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

オランダ料理ではワイン役割控えめであり、ビール(主にラガーや強いアルコール飲料には多くのブランドがある。最も有名なオランダビールは、西部のハイネケン東部のフロールシュである。伝統的に北ブラバント州リンブルフ州には(ベルギー異なり様々な種類アルコール度数の強いビールがある。しかしながら20世紀大手醸造所は多くの小規模醸造所引き継いだり、販売停止したブランドライセンス供与受けたりした。また、Beerenburg蒸留酒有名な様々なビターがある。強いリキュールにはジェネヴァジン)とブランデヴェイン(ブランデー)、またKandeel(白ワイン作る)、Kraamanijs(アニシード作るリキュール)、Oranjebitter(オレンジブランデーの一種で、王室関連の祝祭供される)、アドヴォカート、Boerenjongens(ブランデヴェイン漬けレーズン)、Boerenmeisjes(ブランデヴェイン漬けアンズ)がある。

※この「アルコール飲料」の解説は、「オランダ料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「オランダ料理」の記事については、「オランダ料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 00:44 UTC 版)

ウェールズ料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

en:Beer in Wales」および「ウェルシュ・ウイスキー」も参照 ワインとビール、特に自家製のものは、イングランドと同様ウェールズ社交中心であった。これはイングランド自家製アルコールとって代わって紅茶人気となったときでさえも残ったビールは現在ウェールズ国民的な飲み物であるが、ウェールズビール他のスタウトエールのようなイギリスビールほどの地位は得ることはなかった。これは1つにはウェールズでの禁酒運動妨げとならないよう、醸造所製品販売促進最小にしたためである。 しかしながら禁酒運動により強い影響残され醸造所設立されるときの抗議が日曜日ウェールズパブ営業禁ずる法律ある日休業法 (en) に繋がったウェールズビールへの情熱残り1881年イギリス最初にラガー製造したレクサムラガー(英語版)が開業した。ヴェリンヴォエル(英語版)は地元の缶業者取引をして欧州最初の缶ビール醸造所となったウェールズにはまたウイスキー製造の歴史があり、アイリッシュ・ウイスキースコッチ・ウイスキーのような他のケルト人習慣と同様だが小規模であった商業用蒸留1750年始まり、その一族アメリカに移住してケンタッキー・ウイスキーの設立助けた19世紀後半まで常にニッチ市場であり、ウェールズ主なウイスキー製造者グウィネズバラ英語版近くのフロンゴッホ(英語版にあった蒸留所スコットランドウィスキー会社買い取られイングランドブランドとするため1910年閉鎖した1998年にペンデリン(英語版)として知られるThe Welsh Whisky Company設立され2000年ロンザ・カノン・タフ、ペンデリン(英語版)でのウイスキー製造始まった。ペンデリンのシングルモルト・ウイスキーはこの100年最初に商業生産したウェールズウイスキーであり2004年販売したこの会社はマーリン・クリーム・リキュール、ファイヴ・ウォッカおよびブレコン・ジンも製造している。 ウェールズブドウ園ローマ人最初に栽培したが[要説明]、ウェルシュ・ワインを作るため、1970年代に南ウェールズ英語版)で近代的ブドウ園栽培始まった開始遅かったが、2005年まで20ブドウ園が年10万本、主に白ワイン少しの赤ワイン生産している。英国食品基準庁ワイン基準部会によると、2015年9月までにウェールズには22ブドウ園運営しており、ウェールズでは約40ヘクタール (99エーカー)のワイン園が栽培されている。 2005年までウェールズボトルウォーター産業は、100万ポンド規模となった人気のブランドにはBrecon Carreg、Tŷ Nant、Princes GateおよびPant Duがある。

※この「アルコール飲料」の解説は、「ウェールズ料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「ウェールズ料理」の記事については、「ウェールズ料理」の概要を参照ください。


アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 02:35 UTC 版)

ローマの料理」の記事における「アルコール飲料」の解説

紀元前300年以降ローマ中で良質なものを飲むことができ、暖められ、または冷やして振る舞われた。外では、多種類のワインがあった。ワインブランドでは、カンパニアのファレルヌス産、ラティウムセティア産などが有名だったワイン通常飲む前に水割りにされ、製造者により調整され改良」されることもあった。指示される調整白ワインから赤、およびその逆、ワインが酢に変る危険を救うものであったワインまた、様々に味付けされた。例えば、強くて甘いレーズンワインのpassum (カルタゴ発祥最も古いレシピとして知られている)、ワイン蜂蜜新鮮に混ぜたmulsum、ワイン蜂蜜および香辛料をあらかじめ混ぜて熟成したconditum がある。ある特定のレシピ、onditum paradoxum は、ワイン蜂蜜コショウゲッケイジュナツメヤシマスティック・ガム、およびサフラン混ぜて調理し後で飲むために貯蔵する宴会など大量にワイン必要な場合は「最初だ良いものを出して酔い回ってからは質の悪いものが出てくる。」というのがよくある方法だったらしい。 comissatio では、「飲酒マスター」(arbiter bibendi)がサイコロ選ばれたワイン水の割合全員飲める量を決定するまた、詩、暗唱スピーチ他の出席者要請することができた。 客は、食事客の健康と宴会雰囲気寄与するために、様々な芳香の花輪着けていた。この花輪は多種の花と香水作られた身につける花輪は、上流階級位置することを示していた。

※この「アルコール飲料」の解説は、「ローマの料理」の解説の一部です。
「アルコール飲料」を含む「ローマの料理」の記事については、「ローマの料理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アルコール飲料」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アルコール飲料」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アルコール飲料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アルコール飲料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルコール飲料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルコール発酵 (改訂履歴)、デンマーク料理 (改訂履歴)、インドネシア料理 (改訂履歴)、コーンウォール料理 (改訂履歴)、スーダン料理 (改訂履歴)、エルサルバドル料理 (改訂履歴)、アイルランド料理 (改訂履歴)、ポーランド料理 (改訂履歴)、アルゼンチン料理 (改訂履歴)、オランダ料理 (改訂履歴)、ウェールズ料理 (改訂履歴)、ローマの料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS