大麦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > 大麦の意味・解説 

おお‐むぎ〔おほ‐〕【大麦】

読み方:おおむぎ

イネ科一年草。高さ約1メートル中空で、節間長い幅広く白緑色。太い円柱形の穂をつくり、長い(のぎ)がある。穂の形により六条大麦四条大麦・二条大麦分けられ食用のほか、醤油・味噌ビールなどの原料にする。帽子などの細工物に使う。かちがた。ふとむぎ。《 夏》

大麦の画像 大麦の画像

大麦

読み方:オオムギ(oomugi), オオバク(oobaku), ダイバク(daibaku)

イネ科越年草薬用植物


オオムギ

オオムギ
科名 イネ科
別名: ハダカムギ
生薬名: ダイバク(大麦)
漢字表記: 大麦
原産 トルコ イラン
用途 栽培品種六条麦二条麦がありますビタミンBを含むため、押し麦として脚気予防に米と混食ます。麦芽より水飴作ります
学名: Hordeum vulgare L.
   

おおむぎ (大麦)

Hordeum vulgare

Hordeum vulgare

Hordeum vulgare

西アジア原産です。穀物としては「コムギ」や「イネ」、「トウモロコシに次ぐ栽培面積あります直立して束生し、線形または披針形互生します。4月から5月ごろ、先に穂状花序をだし緑色の花を咲かせます。がないのを「坊主麦」、頴果が6列あるのを「六条大麦」、2列なのは「二条大麦」それに穎果内外穎と癒着していないのを「裸麦といいます頴果飼料醤油味噌ビールの原料となり、帽子やわら細工利用されます。
イネ科オオムギ属一・二で、学名Hordeum vulgare。英名は Barley
イネのほかの用語一覧
エノコログサ:  金狗尾
オオアブラススキ:  大油薄
オオカニツリ:  リボングラス
オオムギ:  大麦
オカメザサ:  阿亀笹
オガルカヤ:  レモングラス
オヒシバ:  四国稗

大麦

読み方:オオムギ(oomugi), オオバク(oobaku), ダイバク(daibaku)

イネ科越年草薬用植物

学名 Hordeum vulgare var.vulgare


大麦

読み方:オオムギ(oomugi)

麦の種類一つ

季節

分類 植物


大麦

読み方:オオムギ(oomugi)

所在 秋田県南秋田郡井川町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

オオムギ

(大麦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/30 12:54 UTC 版)

オオムギ(大麦、学名 Hordeum vulgare)は、イネ科穀物中央アジア原産で、世界でもっとも古くから栽培されていた作物の一つである。小麦よりも低温や乾燥に強いため、ライ麦と共に小麦の生産が困難な地方において多く栽培される。


  1. ^ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1003/spe1_01.html 農林水産省 特集 麦(1) 2015年1月10日閲覧
  2. ^ 森川利信 「第8章 オオムギの進化と多様性」『麦の自然史 : 人と自然が育んだムギ農耕』 佐藤洋一郎、加藤鎌司編著、北海道大学出版会、2010年、p.161 ISBN 978-4-8329-8190-4
  3. ^ 「新訂 食用作物」p191-192 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  4. ^ 森川利信 「第8章 オオムギの進化と多様性」『麦の自然史 : 人と自然が育んだムギ農耕』 佐藤洋一郎、加藤鎌司編著、北海道大学出版会、2010年、pp.166-167 ISBN 978-4-8329-8190-4
  5. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p.314 2003年3月20日初版第1刷 小学館
  6. ^ a b 「新訂 食用作物」p.192 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版
  7. ^ 「新訂 食用作物」p.201 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版
  8. ^ 「新訂 食用作物」p.200 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 上野 茂昭. “高β-グルカン含有大麦粉の調理加工特性”. 日本家政学会. 2020年5月20日閲覧。
  10. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 p.17
  11. ^ 「コムギの食文化を知る事典」p.25 岡田哲 東京堂出版 平成13年7月15日初版発行
  12. ^ 「中世ヨーロッパ 食の生活史」p.58 ブリュノ・ロリウー著 吉田春美訳 原書房 2003年10月4日第1刷
  13. ^ a b 『飲食事典』 本山荻舟 平凡社 p.78 昭和33年12月25日発行
  14. ^ http://showa.mainichi.jp/news/1950/12/post-e58e.html 「昭和毎日:池田蔵相「貧乏人は麦を食え」と発言 1950年12月07日」 毎日新聞社 2015年1月12日閲覧
  15. ^ 『飲食事典』本山荻舟 平凡社 p.78 昭和33年12月25日発行
  16. ^ 「新訂 食用作物」p.194 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版
  17. ^ https://www.maff.go.jp/j/kokuji_tuti/kokuji/k0000059.html 「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律の施行に関する件 平成七年三月二十七日 (農林水産省告示第四百五十七号 )」 農林水産省 2015年1月10日閲覧
  18. ^ a b c 吉田行郷 農林水産省農林水産政策研究所(編)『日本の麦:拡大する市場の徹底分析』 農山漁村文化協会 2017年、ISBN 978-4-540-16180-3 第1章.
  19. ^ a b c http://www.zenbakuren.or.jp/fodder/index.html 「飼料としての大麦」全麦連 2015年1月12日閲覧
  20. ^ https://www.itsfun.com.tw/二紅飯/wiki-5872411-3099701
  21. ^ 「新訂 食用作物」p204 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  22. ^ 「保存版 沖縄ぬちぐすい事典」監修 尚弘子 pp.20-21 2002年11月24日初版第1刷 プロジェクト・シュリ
  23. ^ 「品種改良の世界史 作物編」p.77 鵜飼保雄、大澤良編著 悠書館 2010年12月28日第1刷
  24. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  25. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  26. ^ 荒木茂樹 ほか、「大麦の生理作用と健康強調表示の現況」『栄養学雑誌』 2009年 67巻 5号 p.235-251, doi:10.5264/eiyogakuzashi.67.235
  27. ^ 大澤俊彦、「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11
  28. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  29. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  30. ^ [『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007]
  31. ^ ProdSTAT”. FAOSTAT. 2006年12月26日閲覧。
  32. ^ 「新訂 食用作物」p.193 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版
  33. ^ FAOSTAT
  34. ^ グラフと絵で見る食料・農業 統計ダイジェスト 3 麦 農林水産省
  35. ^ 「地域食材大百科第1巻 穀類・いも・豆類・種実」p.127 社団法人 農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷
  36. ^ 大麦の生産量と輸入量:大麦豆知識”. 全麦連(全国精麦工業協同組合連合会). 2015年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月12日閲覧。
  37. ^ ビジネス短信 オーストラリア政府、大麦への追加関税で中国をWTOに提訴へ” (2020年12月17日). 2020年12月17日閲覧。



大麦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:03 UTC 版)

ウォッカ」の記事における「大麦」の解説

フィンランド産に多い。

※この「大麦」の解説は、「ウォッカ」の解説の一部です。
「大麦」を含む「ウォッカ」の記事については、「ウォッカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大麦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

大麦

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 13:27 UTC 版)

名詞

おおむぎ

  1. 穀物一種おおむぎ漢字表記。

「大麦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大麦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大麦」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

大麦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大麦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオオムギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウォッカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大麦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS