ビールの原料とは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > ビールの原料の意味・解説 

ビールの原料(コーンスターチ)

とうもろこし製粉精製したもの
ビールの副原料としてすっきりした風味を出すために、世界中広く用いられています。『ビール表示に関する公正競争規約施行規則』では、「とうもろこしコーンでんぷんスターチ表示することができる」とされています。製品原材料表示には、「コーン」、「コーンスターチ」という2通り表現ありますが、とうもろこしグリッツ状(粒状)で使った場合表示は「コーン」、澱粉精製度を高めたものを使った場合表示は「コーンスターチ」としています。単なるスターチ」という表示場合は、とうもろこし以外のもの(たとえば馬鈴薯など)から澱粉をとって使用するケースも含まれています。

ビールの原料(ホップ)

ビールの原料の一つアサ科植物で、日本では「カラハナソウ」(学名 フルムス・ルプルス)と呼ばれる蔓性植物です。雌雄異株で、雌花中に黄色い粉ができ、このホップ粉(ルプリン)が独特な香り苦みビール与えます。ビールづくりにおいては雌株の中から受精しない雌株を選んで摘み、熱風乾燥をして圧搾貯蔵し、これを煮沸釜の中で麦汁添加します。ホップ風土鋭敏植物なので、その栽培地も限られています。チェコのザーツ、ドイツのハラタウがヨーロッパ主な生産地です。日本でも岩手山形など一部地域栽培されています。

ビールの原料(麦芽)

麦は栄養分デンプンの形で貯蔵していますが、そのままでは分解しにくいため、発芽時期には酵素の力を高めデンプンを糖に変えます。麦芽は、発芽した麦を乾燥させたもので、原料であり大麦性質強く受けついでいます。麦には二条大麦六条大麦のニ種類ありますが、主に使われるのは、穀粒大きく均一で、デンプンが多い二条大麦です。(六条大麦小粒で、デンプン少ないが酵素力が高い)。

良い大麦条件は、(1)穀粒大きさ均一であること(2)デンプン含有量が多いこと(3)発芽良く均一であること(4)タンパク質含有量が適当であること(5)酵素力が強いこと、です。
サントリービールづくりは何よりもまず、良質大麦選びから始まります。

ビールの原料(副原料)

ビール各国ごとに、嗜好風土に合った味をつくりだすために副原料麦芽とともに使用しています。副原料は、主にデンプンコーンスターチ、米等)と、デンプン分解した糖類大別されます。麦芽100%ビールは、副原料使用していません。
大瓶一本633ミリリットル)をつくるためには、大麦手のひらに2杯(90グラム)、ホップ乾燥毬花10個(1グラム)、は約10倍の6リットル程度が必要です。

ビールの原料(水)

は麦と同様にビール品質決定する重要な素材です。水の種類には硬水軟水があり、世界主流である淡色ビールには軟水が適しています。また、サントリーすべてのビールは、自然の地層によってろ過された地下清流使用しています。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビールの原料」の関連用語

ビールの原料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビールの原料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典

©2019 Weblio RSS