とうもろこしとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > とうもろこしの意味・解説 

とう‐もろこし〔タウ‐〕【玉黍】

読み方:とうもろこし

イネ科一年草。高さ2〜3メートル中に白い髄が詰まり、節に細長い互生する。夏、茎頂雄花穂を円錐状につけ、雌花穂は中ほど付け根につける雌花は太い軸に多数規則正しく並び、数(ほう)に包まれ、毛状の花柱出している。種子扁円形で、でんぷん富み食用および飼料にする。アメリカ熱帯地方原産で、日本へは天正初めに渡来とうきび。まきび。南蛮きび。《 秋 花=夏》


とうもろこし

起源は、南米アンデス山麓ないしは中米メキシコ原産で、わが国へは1580年ポルトガル人により四国もたらされました。また明治初期アメリカから北海道その他に導入されました。作物特徴としては、雌雄異花雄花先熟の他殖性種繁殖作物なります熱帯から寒冷地まで栽培され、その適応性は大変広いですデント種・フリント種・スィ-ト種等がありますが子実用青刈用には前二者用いられます。フリント種はデント種にくらべ耐冷性にまさります。用途は子実は食用でん粉、油、飼料等に利用されまた、青刈サイレ-ジ飼料として利用も多いのも特徴です。未成熟のスウィ-ト種はスウィ-トコ-ンとして、ポップ種はポップコ-ンとしてそれぞれ食用となります
生産地としては、世界のとうもろこし子実の生産量3.7億トンのうち、5割弱をアメリカ生産し、その他中国ブラジル等で多く生産されています。わが国では青刈サイレ-ジ用に約12ha栽培されていますが、子実は全量輸入され大部分配合飼料として利用されています。主要品種分布は、アメリカコーンベルトではほとんどがデントコーンが、これ以北ではフリントコーン栽培されています。メキシコではデントフリント両者が、アルゼンチンなど南アメリカでは主としてフリントコーンが、ヨーロッパ・アジアなどでもフリントコーン多く栽培されています。南ア連邦デント栽培されています。
日本ではデントコーンあるいはフリント中間種栽培多く主として青刈りサイレージ用に使われます。他にスイートコーン栽培多いですが、ポップコーン、ワキシコーンなどはほとんど栽培されていません。

とうもろこし (玉蜀黍)

イネのほかの用語一覧
テオシント:  テオシント
トウチク:  唐竹  鈴小業平竹
トウモロコシ:  玉蜀黍
トダシバ:  戸田芝
ドクムギ:  鼠麦
ナガハグサ:  深山苺繋

トウモロコシ

(とうもろこし から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/28 17:09 UTC 版)

トウモロコシ(玉蜀黍[2]、玉米、学名: Zea mays subsp. mays)は、イネ科一年生植物穀物として人間の食料や家畜飼料となるほか、デンプンコーンスターチ)や異性化糖コーンシロップ)、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する。


注釈

  1. ^ 「舶来の」という程度の意味[7]
  2. ^ ただし、キャッサバを主食としたアマゾンを除く。
  3. ^ 公的数字。世界総計は公的、半公的、推計データを含む。
  4. ^ 日本における旬といわれる時期。

出典

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Zea mays L. subsp. mays トウモロコシ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年4月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 80.
  3. ^ a b c d e f 林弘子 1998, p. 116.
  4. ^ 「第182図 とうもろこし(玉蜀黍)・第183図 とうがらし(蕃椒)・第184図 「とうもろこし」(182図)と「とうがらし」(183図)との総合図」『日本言語地図. 第4集』 30 (4)、国立国語研究所〈国立国語研究所報告〉。doi:10.11501/8799784全国書誌番号:75008617  付(巻末 別冊 104p 26cm):解説、国立国会図書館/図書館送信参加館内公開。
  5. ^ a b c d e 貝津好孝 1995, p. 134.
  6. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 971. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358992 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 講談社編 2013, p. 79.
  8. ^ a b ケンブリッジ世界の食物史大百科事典 2』, p. 43.
  9. ^ 全国竹富島文化協会 編『芸能の原風景 - 沖縄県竹富島の種子取祭台本集』瑞木書房、2003年(1998年2月初版)、223頁。ISBN 978-4-87449-028-0 
  10. ^ 板木利隆『図解やさしい野菜づくり』家の光協会、1996年10月、244頁。ISBN 978-4259533946 
  11. ^ a b c d e f g h i 馬場篤 1996, p. 77.
  12. ^ 林弘子 1998, p. 117.
  13. ^ a b c d e f g 川原勝征 2015, p. 107.
  14. ^ a b c 貝沼・中久喜・大坪 2009, pp. 13–35.
  15. ^ a b c d e f g 市川啓一郎 2021, p. 88.
  16. ^ 【家庭菜園のプロ監修】失敗しない!トウモロコシの栽培方法 | AGRI PICK”. 農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]. 2021年3月29日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k 主婦の友社編 2011, p. 93.
  18. ^ a b c d e 竹下大学 2022, p. 70.
  19. ^ a b c d e f g 講談社編 2013, p. 78.
  20. ^ a b c d e f g h i 竹下大学 2022, p. 71.
  21. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 69.
  22. ^ a b c d e f g h i 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 81.
  23. ^ ピクニックコーン”. パイオニアエコサイエンス. 2014年9月24日閲覧。
  24. ^ ナマで食べられるトウモロコシ! 朝採れ新鮮な「ロイシーコーン」”. ウォーカープラス. KADOKAWA. 2023年7月31日閲覧。
  25. ^ a b 竹下大学 2022, p. 29.
  26. ^ a b c d e f g 板木利隆 2020, p. 68.
  27. ^ a b 講談社編 2013, p. 80.
  28. ^ 『材料料理大事典 肉 卵 穀物 豆 果実 ナッツ』(学習研究社、1987年)215頁。
  29. ^ 米国におけるトウモロコシ生産の現状農畜産業振興機構(2017年1月10日更新)2020年2月3日閲覧
  30. ^ a b U.S. Department of Agriculture, Grain Inspection, Packers & Stockyards Administration, Commodity Image Gallery: Yellow Dent Corn Archived 2013-12-16 at the Wayback Machine. (2012). Retrieved 10 December 2013.
  31. ^ U.S. Department of Agriculture, Grain Inspection, Packers & Stockyards Administration, Commodity Image Gallery: White Dent Corn Archived 2013-12-16 at the Wayback Machine. (2012). Retrieved 10 December 2013.
  32. ^ 遺伝子組換えに関する品質表示基準の施行について (平成12年6月10日12食流第1775号)農林水産省食品流通局長通知 (PDF)
  33. ^ テオシント トウモロコシの原種を見てみよう”. 筑波実験植物園 (2009年10月29日). 2022年9月7日閲覧。
  34. ^ Beadle, G. W. (1939). “Teosinte and the origin of Maize” (英語). J Hered (Oxford University Press) 30 (6): 245-247. http://jhered.oxfordjournals.org/content/30/6/245.extract 2015年10月13日閲覧。. 
  35. ^ a b c d 福永健二「植物のドメスティケーション : トウモロコシの起源 : テオシント説と栽培化に関わる遺伝子」『国立民族学博物館調査報告』第84号、国立民族学博物館、2009年3月31日、137-151頁、doi:10.15021/00001144ISSN 1340-6787NAID 1200020146032022年3月1日閲覧 
  36. ^ ピーター・ベルウッド, 長田俊樹, 佐藤洋一郎『農耕起源の人類史京都大学学術出版会〈地球研ライブラリー No.6〉、2008年、246-253頁。ISBN 9784876987221NCID BA86317321全国書誌番号:21457707https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009406869-00 
  37. ^ ラテンアメリカを知る事典』(平凡社 1999年12月10日新訂増補版第1刷)p263
  38. ^ a b c 小池すみこ 1998, p. 102.
  39. ^ トゥーサン=サマ 1998, p. 174.
  40. ^ 南直人 1998, pp. 63–66.
  41. ^ 星川清親 1985, p. 310.
  42. ^ ケンブリッジ世界の食物史大百科事典 2』、45頁
  43. ^ 北川勝彦 & 高橋基樹 2004, p. 152.
  44. ^ 内林政夫「コロンブス以前に旧世界にあったトウモロコシ : 回想」『藥學雜誌』第126巻第6号、公益社団法人日本薬学会、2006年6月1日、423-427頁、2015年2月27日閲覧 
  45. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 60–61, 174.
  46. ^ a b c d 竹下大学 2022, p. 68.
  47. ^ a b 車浮代 (2014年8月22日). “天正年間に伝来した「玉蜀黍《とうもろこし》」 明治後期までは硬粒種(フリントコーン)を活用”. ダイヤモンド社. https://diamond.jp/articles/-/58011 2019年6月22日閲覧。 
  48. ^ a b 「玉蜀黍」ってなんて読む? 安土桃山時代、南蛮船が運んできた新しい植物”. ジャパンフリトレー株式会社. 2019年6月22日閲覧。
  49. ^ a b c 貝沼・中久喜・大坪 2009, pp. 1–12.
  50. ^ 大竹大学 2022, p. 68.
  51. ^ a b c d e 主婦の友社編 2011, p. 92.
  52. ^ a b c d e 主婦の友社編 2011, p. 94.
  53. ^ a b c d 市川啓一郎 2021, p. 89.
  54. ^ a b c d e f g h 主婦の友社編 2011, p. 95.
  55. ^ 板木利隆 2020, p. 69.
  56. ^ a b c 板木利隆 2020, p. 71.
  57. ^ Food and Agriculture Organization of the United Nations, Statistics Division (2017年). “Maize, rice and wheat : area harvested, production quantity, yield”. 2021年9月8日閲覧。
  58. ^ ケンブリッジ世界の食物史大百科事典 2』, p. 38
  59. ^ fao.org (FAOSTAT). “Countries by commodity imports (Maize)”. 2021年9月8日閲覧。
  60. ^ fao.org (FAOSTAT). “Countries by commodity exports (Maize)”. 2021年9月8日閲覧。
  61. ^ 平野克己 2002, pp. 42–43.
  62. ^ 国際アグリバイオ事業団(ISAAA)アグリバイオ最新情報【2012年8月31日】”. 日経バイオテクオンライン (2012年9月13日). 2018年4月13日閲覧。
  63. ^ 子実などを飼料として活用するトウモロコシ栽培『グリーンレポート』No.563(2016年5月号) (PDF) 全農
  64. ^ 「スイートコーンの需給動向」 p28 調査情報部 - 農畜産業振興機構 (『野菜情報』2016.8号)2019年8月27日閲覧
  65. ^ 「スイートコーンの需給動向」 p28-29 調査情報部 - 農畜産業振興機構(『野菜情報』2016.8号)2019年8月27日閲覧
  66. ^ 作物統計調査 作況調査(野菜)>確報>平成22年産野菜生産出荷統計 野菜調査3・都道府県別の作付面積、収穫量、出荷量 スイートコーン項”. e-Stat 政府統計の総合窓口 (2011年12月28日). 2013年2月27日閲覧。
  67. ^ a b 日本での状況 Alter Trade Japan
  68. ^ 榎本裕洋 & 安部直樹 2008, pp. 24–25.
  69. ^ 松本仁一 1998, p. 54.
  70. ^ 榎本裕洋 & 安部直樹 2008, pp. 146–147.
  71. ^ わかる!国際情勢vol.2 食料価格高騰~世界の食料安全保障~外務省(2008年7月17日)2020年2月3日閲覧
  72. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  73. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  74. ^ USDA National Nutrient Database for Standard Reference” (英語). National Agricultural Library. 2011年12月14日閲覧。
  75. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会翻訳小委員会訳、医歯薬出版〈WHOテクニカル・レポート・シリーズ 935〉、2009年5月。ISBN 978-4-263-70568-1 
    原著:Protein and amino acid requirements in human nutrition (PDF) , Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007 (英語)
  76. ^ a b c 小池すみこ 1998, p. 103.
  77. ^ a b c d e f 講談社編 2013, p. 81.
  78. ^ 講談社編 2013, p. 76.
  79. ^ ラテン・アメリカを知る事典』p.264
  80. ^ 本山荻舟 1958, p. 410.
  81. ^ @EmbamexJP (2017年7月18日). "メキシコ大使館". X(旧Twitter)より2024年1月14日閲覧
  82. ^ Common smut on corn” (英語). extension.umn.edu. 2024年1月14日閲覧。
  83. ^ 加賀美雅弘「食で読み解くヨーロッパ 地理研究の現場から」朝倉書店、2019年4月10日初版第1刷、115 - 118頁。
  84. ^ a b 貝沼・中久喜・大坪 2009, pp. 184–192.
  85. ^ 週刊ダイヤモンド編集部 河野拓郎 (2008年8月18日). “トウモロコシ高騰でバイオエタノール生産業者も悲鳴”. ダイヤモンド・オンライン (ダイヤモンド社). http://diamond.jp/articles/-/4533 2015年1月31日閲覧。 
  86. ^ 感謝祭 11月第4木曜日米国大使館 2019年9月24日閲覧
  87. ^ Indian Corn: A Fall Favorite|A&E Television Networks, LLC 2019年9月24日閲覧
  88. ^ Everything You Ever Wanted to Know About Indian CornHowStuffWorks 2019年9月24日閲覧
  89. ^ 岡野寛治、北尾玲子、三木聡子「エリンギ(Pleurotus eryngii)およびトキイロヒラタケ(Pleurotus salmoneostramineus)を栽培したコーンコブミール培地の消化性および繊維成分の変化」『日本畜産学会報』2004年 75巻 4号 p.551-557, doi:10.2508/chikusan.75.551
  90. ^ a b 日本パイプクラブ連盟 編『パイプ大全』第3版 未知谷 2009年、ISBN 9784896422696 pp.151-152.
  91. ^ 馬にまつわる伝統工芸(きみがらスリッパ/八幡馬)青森県の暮らしぶりを訪ねる旅(2020年2月3日閲覧)
  92. ^ 伊沢凡人、平山廉三、伊沢和光ほか「中国医学の生薬療法と混同されやすいわが国・固有の生薬療法- 和法(特集 漢法を知る)」『保健の科学』第43巻第8号、2001年8月、607頁、ISSN 0018-3342  (要購読契約)



とうもろこし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 22:22 UTC 版)

牧場物語 ハーベストムーン」の記事における「とうもろこし」の解説

トマト同じくシリーズおなじみ野菜連作野菜にわとりの餌にもできる。

※この「とうもろこし」の解説は、「牧場物語 ハーベストムーン」の解説の一部です。
「とうもろこし」を含む「牧場物語 ハーベストムーン」の記事については、「牧場物語 ハーベストムーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「とうもろこし」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

とうもろこし

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 08:43 UTC 版)

漢語の仮名表記

とうもろこし


「とうもろこし」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



とうもろこしと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「とうもろこし」に関係したコラム

  • ETFを上場している企業の一覧

    ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とうもろこし」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
玉蜀黍蒸留粕 デジタル大辞泉
100% |||||




とうもろこしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とうもろこしのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2024 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトウモロコシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの牧場物語 ハーベストムーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとうもろこし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS