唐竹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 唐竹の意味・解説 

から たけ [2][0]竹・唐竹

中国渡来の竹。寒竹かんちく)・真竹まだけ)・淡竹はちく)・布袋竹ほていちく)などをいう。

とう ちく たう- [0]唐竹

タケ一種。稈(かん)は高さ約4メートルタケのうちでは節間が最も長い全体の姿が優美で、庭園観賞用として植えられる。ビゼンナリヒラ。

唐竹

読み方:カラタケ(karatake)

中国原産で、観賞用として栽植する竹


唐竹

学名:S. tootsik
和名:トウチク

備考(別名・通称など):ダイミョウチクダイミョウチクとして流通
唐竹
トウチク

とうちく (唐竹)

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

Sinobambusa tootsik

中国南部台湾原産です。庭園竹として、関東地方以西植栽されています。高さは5メートル以上になり、節間長さ6080センチになります。やや紫色を帯びます。各節から3個以上の短いが出て、先に3~9個の披針形がつきます。洋紙質で、裏面に微毛が密生します。5月から6月ごろ、タケノコがでます。別名で「ダイミョウチク大名竹)」とも呼ばれます。
イネ科トウチク属のタケ類で、学名Sinobambusa tootsik。英名は Tootsik bamboo
イネのほかの用語一覧
チヂミザサ:  縮み笹
チャスマンティウム:  ワイルドオーツ
テオシント:  テオシント
トウチク:  唐竹  鈴小業平竹
トウモロコシ:  玉蜀黍
トダシバ:  戸田芝

唐竹

読み方:カラタケ(karatake)

ハチク別称
イネ科多年生常緑竹、園芸植物薬用植物

学名 Phyllostachys nigra f.henonis


唐竹

読み方:カラタケ(karatake)

ホテイチク別称
イネ科の竹、園芸植物

学名 Phyllostachys aurea


唐竹

読み方:トウチク(touchiku)

イネ科園芸植物

学名 Sinobambusa tootsik


唐竹

読み方:カラタケ(karatake)

所在 埼玉県飯能市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

唐竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 05:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

唐竹

関連項目





唐竹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「唐竹」の関連用語

唐竹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



唐竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2020. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの唐竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS