タケとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > タケの意味・解説 

多介

読み方:タケ(take

松茸椎茸湿地など大型菌類総称


多気

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


タケ


多介

読み方:タケ(take

キノコ別称
松茸椎茸湿地など大型菌類総称


多毛

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


多気

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


多計

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


読み方:タケ(take

キノコ別称
松茸椎茸湿地など大型菌類総称


読み方:タケ(take

松茸椎茸湿地など大型菌類総称


読み方:タケ(take

松茸椎茸湿地など大型菌類総称


読み方:タケ(take

所在 佐賀県西松浦郡有田町


読み方:タケ(take

所在 神奈川県横須賀市


読み方:タケ(take

所在 福岡県糸島郡二丈町


読み方:タケ(take

所在 鹿児島県鹿児島市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:タケ(take

所在 島根県(JR三江線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

(タケ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/27 02:03 UTC 版)

(タケ)とは、広義には、イネ目イネ科タケ亜科に属する植物のうち、木本(木)のように(稈)が木質化する種の総称。




  1. ^ a b c d e f 岩槻秀明『散歩の樹木図鑑』新星出版社、2013年、247頁。
  2. ^ 明治末期以来? 周期120年、各地でハチク咲く”. YOMIURI ONLINE (2017年6月4日). 2017年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月4日閲覧。
  3. ^ 農林水産省 森林総合研究所 1997年
  4. ^ 大分県農林水産研究センタ−林業試験場
  5. ^ Sungkaew, Sarawood; et al. (2009), “Non-monophyly of the woody bamboos (Bambuseae; Poaceae): a multi-gene region phylogenetic analysis of Bambusoideae s.s.”, Journal of Plant Research 122 (1), doi:10.1007/s10265-008-0192-6, http://www.springerlink.com/content/l66176827751xx86/ 
  6. ^ 竹の部位図国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 関西支所(2018年3月20日閲覧)
  7. ^ カンボジアの竹おこわ アルコムワールド”. 2015年9月11日閲覧。
  8. ^ タイ カオラム(竹めし) - クリップ - NHK for School”. 2015年9月11日閲覧。
  9. ^ 羅宇(ラウ)とは - コトバンク”. 2015年9月11日閲覧。
  10. ^ 京都の銘竹竹平商店(2018年3月20日閲覧)
  11. ^ 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.142 梧桐書院 1991年
  12. ^ 虎竹茶(2018年3月20日閲覧)
  13. ^ 放置竹林をバイオマス燃料に 日立、竹の燃料化技術日本経済新聞ニュースサイト(2017年3月9日)2018年3月20日閲覧
  14. ^ 製品情報タケックス・ラボ(2018年3月20日閲覧)
  15. ^ 【若者】油木高校広島)竹で土壌改良 放棄地を再生『日本農業新聞』2019年9月2日(14面)。
  16. ^ いみ‐だけ[斎竹/忌(み)竹]」 (デジタル大辞泉小学館
  17. ^ 斎宮とは?三重県明和町ホームページ(2018年3月20日閲覧)


「竹」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タケ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

タケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS