タケとは? わかりやすく解説

たけ【丈/長】

人や物の高さ。「身の—」「の—」

衣服全体または部分長さ。「スカートの—を詰める」「袖—」

馬の、足から肩までの高さが4尺(約1.2メートル)から4尺9寸(約1.5メートル)までのものの称。転じて背丈の高い馬のこと。

あるだけ全部ある限りありたけ。「思いの—を打ち明ける

いきおいまた、軍勢

「軍の—劣りたるに依て」〈今昔・一〇・一〉

歌論で、歌の品位風格

「歌の心たくみに—及びがたく」〈近代秀歌

[下接語] 有りっ丈居丈襟丈思いの丈着丈草丈首丈首っ丈心の丈背丈・袖(そで)丈・対(つい)丈・成る丈軒丈身丈身の丈・裄(ゆき)丈


た‐け【他化】

人を教え導くこと。化他


た‐け【他家】

その家また、ほかの家筋


たけ【岳/×嶽】

《「だけ」とも》

高くて大きい山高山

山のいただき頂上。〈日葡


たけ【竹】

イネ科タケ亜科多年生植物総称長く横にはう地下茎から地上茎まっすぐに伸びるには節があり、節と節の間中空地下茎から出た若芽竹の子といい、食用にする。花はふつう数年から数十年の周期開き地上茎その後枯れる。小形のものを一般に笹(ささ)ともいう。マダケ・モウソウチク・ハチク・アズマザサ・クマザサなど種類は多い。竹細工団扇(うちわ)・簾(すだれ)・茶せんなどのほか、建築材料観賞用など用途は広い。《 花=夏 実=秋》

1で作った管楽器。笛・尺八など。

[下接語] 糸竹・幹(から)竹・川竹・呉(くれ)竹・笹(ささ)竹・煤(すす)竹・篠(すず)竹・弱(なよ)竹・苦(にが)竹・群(むら)竹・若竹(だけ)青竹・綾(あや)織り竹・綾竹・斎(い)み竹・衣紋(えもん)竹・雄竹飾り竹今年竹・竿(さお)竹・逆さ竹・錆(さび)竹・三年竹四角竹自在竹・篠(しの)竹・削(そ)ぎ竹・垂木(たるき)竹・力竹筒竹(とい)竹・生(なま)竹・業平(なりひら)竹・根曲がり竹野竹火吹き竹真竹雌竹虎落(もがり)竹・矢竹・四つ竹輪竹割り竹割れ


たけ【×茸】

きのこ。


多介

読み方:タケ(take

松茸椎茸湿地など大型菌類総称


多気

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


タケ


多介

読み方:タケ(take

キノコの別称。
松茸椎茸湿地など大型菌類総称


多毛

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


多気

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


多計

読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


読み方:タケ(take

イネ科タケササ類で大形の竹の総称


読み方:タケ(take

キノコの別称。
松茸椎茸湿地など大型菌類総称


読み方:タケ(take

松茸椎茸湿地など大型菌類総称


読み方:タケ(take

松茸椎茸湿地など大型菌類総称


読み方:タケ(take

所在 佐賀県西松浦郡有田町


読み方:タケ(take

所在 神奈川県横須賀市


読み方:タケ(take

所在 福岡県糸島郡二丈町


読み方:タケ(take

所在 鹿児島県鹿児島市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:タケ(take

所在 島根県(JR三江線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

(タケ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 01:36 UTC 版)

(タケ)は、広義には、イネ目イネ科タケ亜科に属する植物のうち、木本(木)のように(稈)が木質化する種の総称。


  1. ^ a b c d e f 岩槻秀明『散歩の樹木図鑑』新星出版社、2013年、247頁。
  2. ^ 明治末期以来? 周期120年、各地でハチク咲く”. YOMIURI ONLINE (2017年6月4日). 2017年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月4日閲覧。
  3. ^ 農林水産省 森林総合研究所 1997年
  4. ^ 大分県農林水産研究センタ−林業試験場
  5. ^ “放置竹林、食べて環境保護 メンマに加工しSDGs貢献 福岡の団体:朝日新聞デジタル”. (2021年6月11日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14936672.html 
  6. ^ Sungkaew, Sarawood; et al. (2009), “Non-monophyly of the woody bamboos (Bambuseae; Poaceae): a multi-gene region phylogenetic analysis of Bambusoideae s.s.”, Journal of Plant Research 122 (1), doi:10.1007/s10265-008-0192-6, http://www.springerlink.com/content/l66176827751xx86/ 
  7. ^ 竹の部位図国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 関西支所(2018年3月20日閲覧)
  8. ^ a b c 水防工法 Pocket Book”. 四国地方整備局 松山河川国道事務所. 2021年10月1日閲覧。
  9. ^ カンボジアの竹おこわ アルコムワールド”. 2015年9月11日閲覧。
  10. ^ タイ カオラム(竹めし) - クリップ - NHK for School”. 2015年9月11日閲覧。
  11. ^ 羅宇(ラウ)とは - コトバンク”. 2015年9月11日閲覧。
  12. ^ 京都の銘竹竹平商店(2018年3月20日閲覧)
  13. ^ 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.142 梧桐書院 1991年
  14. ^ 虎竹茶(2018年3月20日閲覧)
  15. ^ 放置竹林をバイオマス燃料に 日立、竹の燃料化技術日本経済新聞ニュースサイト(2017年3月9日)2018年3月20日閲覧
  16. ^ 製品情報タケックス・ラボ(2018年3月20日閲覧)
  17. ^ 【若者】油木高校広島)竹で土壌改良 放棄地を再生『日本農業新聞』2019年9月2日(14面)。
  18. ^ いみ‐だけ[斎竹/忌(み)竹]」 (デジタル大辞泉小学館
  19. ^ 斎宮とは?三重県明和町ホームページ(2018年3月20日閲覧)


「竹」の続きの解説一覧

「タケ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タケ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

タケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS