マダケとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 竹図鑑 > マダケの意味・解説 

ま‐だけ【真竹】

《「またけ」とも》イネ科の竹。高さ約20メートル太く、節に環状突起二つある。節からが2本出て、5、6手のひら状につく。夏に出る竹の子食用とし、やや苦味があり、皮は平滑で黒い斑紋がある。竹刀(しない)・弓・尺八物差し建材利用中国原産にがたけからたけかわたけ


苦竹

学名:P. bambusoides
和名:マダケ

備考(別名・通称など):オトコダケモウソウチクに次ぐ大きさ竹細工祭り事に使う竹。稈や緑色竹の皮に黒い斑点がある。
苦竹
マダケ

末太計


マダケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 20:38 UTC 版)

マダケ真竹 Phyllostachys bambusoides)は中国原産とも日本自生とも言われるの一種。別名タケニガタケ苦竹[1]真柄竹など。


  1. ^ 竹ってどんな植物? 農林水産省
  2. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/Bio/plants/index086.htm - 国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所より
  3. ^ 日本タケ科植物総覧
  4. ^ ひらまつもりひこ分権文化論 第27話 竹の共通性-アジア各国の協力テーマに-平松守彦、2008年4月25日閲覧)によれば、約42%(2001年現在)。
  5. ^ 社団法人国土緑化推進委員会『国土緑化20年の歩み』社団法人国土緑化推進委員会、1970年、p180。
  6. ^ 井鷺裕司、「多様なタケの繁殖生態研究におけるクローン構造と移植履歴の重要性(<特集>Bambooはなぜ一斉開花するのか?~熱帯から温帯へのクローナル特性と開花更新習性の進化を探る~)」 『日本生態学会誌』 2010年 60巻 1号 p.89-95, doi:10.18960/seitai.60.1_89, 日本生態学会


「マダケ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マダケ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
98% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

マダケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マダケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2021. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマダケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS