生物の分類とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 生物の分類の意味・解説 

生物の分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/25 23:04 UTC 版)

生物の分類(せいぶつのぶんるい)では、生物を統一的に階級分類する方法を説明する。分類学学名Category:分類学ウィキスピーシーズも参照のこと。


  1. ^ Adl, Sina M.; Simpson, Alastair G. B.; et al. (2012), “The Revised Classification of Eukaryotes”, J. Eukaryot. Microbiol. 59 (5): 429–493, http://www.paru.cas.cz/docs/documents/93-Adl-JEM-2012.pdf 
  2. ^ 伊藤元己 (2012/5/1). 太田次郎、赤坂甲治、浅島 誠、長田敏行. ed. 植物の系統と進化. 新・生命科学シリーズ. 裳華房. ISBN 978-4785358525.  p6
  3. ^ Lisa A. Urry; Michael L. Cain; Steven A. Wasserman; Peter V. Minorsky; Jane B. Reece 池内昌彦、伊藤元己、箸本春樹 、道上達男訳 (2018/3/20). キャンベル生物学 原書11版. 丸善出版. p. 655. ISBN 978-4621302767. 
  4. ^ P. レーヴン; J. ロソス; S. シンガー; G. ジョンソン (2007/5/1). レーヴン ジョンソン 生物学〈下〉(原書第7版). 培風館. p. 518. 
  5. ^ 藤田敏彦 『動物の系統分類と進化』 裳華房〈新・生命科学シリーズ〉、2010年4月28日。ISBN 978-4785358426p91
  6. ^ Woese C, Kandler O, Wheelis M (1990). “Towards a natural system of organisms: proposal for the domains Archaea, Bacteria, and Eucarya.(生物の自然機構について:古細菌、細菌、真核生物の3ドメインの提案)”. Proc Natl Acad Sci U S A 87 (12): 4576-9. PMID 2112744. 
  7. ^ ここに載せた具体例は下記より引用:藤田敏彦 (2010/4/28). 動物の系統分類と進化. 新・生命科学シリーズ. 裳華房. ISBN 978-4785358426.  p91
  8. ^ 中学校理科教科書「未来へ広がるサイエンス」”. 啓林館. 2018年7月11日閲覧。
  9. ^ Adl, Sina M.; Simpson, Alastair G. B.; et al. (2012), “The Revised Classification of Eukaryotes”, J. Eukaryot. Microbiol. 59 (5): 429–493, http://www.paru.cas.cz/docs/documents/93-Adl-JEM-2012.pdf 
  10. ^ 古細菌の界分類については安定していない。ここではユーリ古細菌界とプロテオ古細菌界に2分する方式を採用した


「生物の分類」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生物の分類」の関連用語

生物の分類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生物の分類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生物の分類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS