ミトコンドリアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 細胞小器官 > ミトコンドリアの意味・解説 

ミトコンドリア

英語:mitochondria

ミトコンドリアとは、ミトコンドリア意味

ミトコンドリア(英: mitochondria)とは、細胞内に見られる構造細胞小器官)。細胞ひとつにつき数百程度含まれる。特に脳や心臓のような、特に活発に動く臓器には、細胞1個あたり数千個ほどミトコンドリアが含まれるとされる

ミトコンドリアの語源

ミトコンドリアの語源ギリシア語で、mitos(=糸)+khondrion(=粒)から構成される。英語におけるmitochondria」は複数形であり、基本となる単数形は「mitochondrion」である。とはいえ大抵の場合ミトコンドリアは複数まとめて複数形で)扱われるものであって単数形mitochondrion)で言及される機会はそう多くない。

ちなみにmitochondria(ミトコンドリア)のように複数形一般的標準的に用いられる(単数形のほうがマイナーな)英語の語彙としては、phenomenon現象)、dataデータ)なども挙げられる。

ミトコンドリアの概要

ミトコンドリアは、ほぼあらゆる真核生物細胞含まれる細胞小器官である。直径0.5 μm程度。なお細胞そのもの大きさは数μm十数μm程度である。細胞質(=細胞核を除いた細胞構成要素)の約4割程度をミトコンドリアが占めるという。

ミトコンドリアは、酸素を使って糖からエネルギー取り出しATP」(アデノシン三リン酸)に変換して細胞供給する役割担っている。その意味でミトコンドリアは細胞活動そのもの不可欠器官である。

ミトコンドリアの正常な働き阻害されると身体さまざまな病気として顕在化する。ミトコンドリアの異常を原因として起こる病気総称して「ミトコンドリア病」という。

ミトコンドリア

英語:mitochondria

ミトコンドリアとは、ミトコンドリアの意味

ミトコンドリアとは、エネルギー産生関わる真核生物細胞内小器官一種のこと。神経筋肉などのエネルギー多く消費する細胞だけでなく、皮膚などの組織構成する細胞中にも存在している。精子のような微細構造物中にもミトコンドリアは存在し、細胞増殖したり、タンパク合成したり、運動するためのエネルギー供給していることで知られる。筋肉神経肝臓の細胞内部には数百から数千のミトコンドリアが存在して、エネルギー産生によって細胞の活発な活動支えている。

ミトコンドリアの構造

ミトコンドリアは襞を持つ内膜とそれを包む外膜、という二重の膜を持つ構造体である。2つの膜は特定の物質しか通過させることがないフィルターのような役割を果たしているため、ミトコンドリアの内部外部はほとんど隔絶されていると言える内膜によって包まれた空間マトリックスと言い、ここにミトコンドリア独自のDNAリボソームなどの細胞内の情報伝達物質や、エネルギー産生関わる酵素蓄えている。エネルギー産生において重要な構造であると言えるのが、このマトリックスである。

このミトコンドリアの構造細菌似ていると言われている。ミトコンドリアの構造関わる脂質構成そもそも細菌のそれと似ているだけでなく、ミトコンドリアは生物が持つDNAとは異なる独自のDNA持っていることでも知られている。この成り立ちとしては太古の昔真核細胞内に侵入した細菌細胞内での共生を行ったことでエネルギー産生関わる小器官に変化した、という説が支持されている。真核生物有性生殖によって増える場合には父母両方由来DNA半数ずつ持つことになるため、父母とは異なDNA型になるのだが、このミトコンドリアDNA母方ミトコンドリアDNAと完全に合致する。

ミトコンドリアの働き

ミトコンドリアの働きは、糖質などのエネルギー源細胞に運ばれてくる酸素反応させ、ATPというエネルギー生み出すことである。このエネルギー増殖運動などの細胞内のさまざまな活動に使われる。とは言え細胞にいきなり糖質酸素取り込んで反応させているわけではない。これらの物質はミトコンドリアの膜を通過することができないため、ミトコンドリア内に送り込むことができる形にしなくてはならないブドウ糖などのエネルギー源体内代謝ていった結果エネルギー源となる産物が、この膜の表面タンパク質によって輸送されることで膜を通過しミトコンドリアの内部であるマトリックス至り、そこでさらに加工されてATPという細胞使用できるエネルギーになる。

エネルギー産生はミトコンドリアが主に担っているため、細胞酸素糖質などのエネルギー源供給されない状態が続くと細胞活動するためのエネルギーを得ることができないそのため酸欠飢餓によって人体細胞機能不全見舞われ、生存難しい状態に陥ってしまう。ちなみに赤血球などの一部細胞は、このミトコンドリアを持たず、細胞膜にある小器官を用いてエネルギー産生するのだが、ミトコンドリアに比べエネルギー産生する効率は劣る。生物エネルギー産生する機構としては、ミトコンドリアが行好気的反応効率がいいとされている。

ミトコンドリアが何らかの原因破壊されて内容物漏出した場合細胞漏出した物質感知して自死を選ぶことも知られている。その原因としては毒物金属などの外的要因考えられるが、身体の機能として自らのミトコンドリアを破壊して細胞内に内容物漏出させる機構確認されている。これによって異常を来たし細胞自死するため、ウイルス感染するなどの異変見舞われた細胞周囲組織影響与えないよう自己を処理す機構にもミトコンドリアは深く関与している。


ミトコンドリア [5] 【mitochondria】

真核細胞内にあって,主に呼吸関与する,棒状または粒状細胞小器官ADP無機リン酸とから ATP合成する酸化的リン酸化を行なっている。また, DNARNA を含んで細胞質遺伝関与し,細胞内で分裂増殖する。糸粒体

ミトコンドリア

英訳・(英)同義/類義語:mitochondria, mitochondrion

真核細胞内に存在する細胞内小器官で、独自のゲノムDNAを持つことから原子真核細胞共生した由来すると考えられている。細胞における、ATP合成の場である。ミトコンドリアDNA母性遺伝をすることや細胞内のコピー数が多いことから、多様性や種間比較研究材料に使われる。

ミトコンドリア

読み方みとこんどりあ
【英】:mitochondrion

細胞内に存在する細胞内小器官ATP生成アポトーシス細胞死)において重要な働き担っている

 ミトコンドリアは、細胞内に存在する細胞内小器官であり、1細胞あたり100個から2000程度含まれます。その構造としては、外膜内膜二重の生体膜によって囲まれ、内部膜間部マトリクスという空間分けられています。マトリクス内には、ミトコンドリアDNA存在しています。
 このミトコンドリアDNAは、わずかではありますが、ミトコンドリアにおけるエネルギー生成に重要な遺伝情報を持っています。一方機能としては細胞内におけるエネルギーATP生成役割や、アポトーシス細胞死)に役割を担っています。また、運動を行う際、生体筋肉収縮させるための多くエネルギーを必要とします。このエネルギー大部分が、ミトコンドリアによる有酸素エネルギー代謝により作り出されます。継続的運動トレーニング)は、骨格筋心筋におけるミトコンドリアの適応をもたらし、更なるエネルギー供給疲労耐性を可能とします。


ミトコンドリア

Mitochondria

【概要】 糸状体体中全ての細胞細胞質数百個ずつある顆粒状の構造体ブドウ糖から細胞エネルギーであるATP(アデノシン三燐酸)を作る発電所である。1個のミトコンドリアには数個環状DNAがあり、エネルギー製造にかかわる37個の遺伝子をもっている。つまりATP合成酵素呼吸鎖複合体蛋白、そしてそれを作る遺伝子である。この遺伝子異常病気として、アルツハイマー病や、さまざまな神経筋肉病気が起こる。 

【詳しく】 受精時に精子精子のミトコンドリアを卵子中に持ち込まない。それでミトコンドリアの中にある遺伝子DNAは、精子卵子合体産物である細胞核には関係なく、母親卵細胞ミトコンドリアDNA受け継ぐという、変わった遺伝形式をとる。このミトコンドリアDNA複製する酵素DNAポリメラーゼγという。 

《参照》 核酸系逆転写酵素阻害剤DNAポリメラーゼ


ミトコンドリア

【仮名】みとこんどりあ
原文mitochondria

細胞内の細胞質細胞周囲満たす液体)に存在する微小構造体。ミトコンドリアは、細胞が使うエネルギーのほとんどを作り出しており、また、存在する遺伝物質とは別に独自の遺伝物質をもっている。ミトコンドリアのdnaにおける突然変異変化)が原因で起こる疾患数多く存在する。

ミトコンドリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 09:34 UTC 版)

ミトコンドリア(mitochondrion、複数形: mitochondria)は真核生物細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNAミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除[1] する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている[2]ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。




  1. ^ 林純一「ミトコンドリアDNAに突然変異をもつ細胞は自然免疫により排除されることを発見」筑波大学生命科学研究科発表 「Journal of Experimental Medicine」電子版 2011.Oct.12
  2. ^ ニック・レーン、斉藤隆央訳、2007年、「ミトコンドリアが進化を決めた」p1、P16、みすず書房、ISBN 978-4-622-07340-6
  3. ^ mitochondria”. Online Etymology Dictionary. 2018年11月27日閲覧。
  4. ^ Herrmann JM, Neupert W (2000 April). “Protein transport into mitochondria”. Curr Opin Microbiol 3 (2): 210–214. doi:10.1016/S1369-5274(00)00077-1. PMID 10744987. 
  5. ^ Hayashi T, Rizzuto R, Hajnoczky G, Su TP (February 2009). “MAM: more than just a housekeeper”. Trends Cell Biol. 19 (2): 81–8. doi:10.1016/j.tcb.2008.12.002. PMC: 2750097. PMID 19144519. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2750097/. 
  6. ^ Chipuk JE, Bouchier-Hayes L, Green DR (2006). “Mitochondrial outer membrane permeabilization during apoptosis: the innocent bystander scenario”. Cell Death and Differentiation. 13 (8): 1396–1402. doi:10.1038/sj.cdd.4401963. PMID 16710362. 
  7. ^ http://www10.showa-u.ac.jp/~biolchem/H20-P2cell-11.pdf
  8. ^ Mannella CA (2006). “Structure and dynamics of the mitochondrial inner membrane cristae”. Biochimica et biophysica acta 1763 (5–6): 542–548. doi:10.1016/j.bbamcr.2006.04.006. PMID 16730811. 
  9. ^ a b c d 黒岩常祥著 『ミトコンドリアはどこからきたか』 日本放送出版 2000年6月30日第1刷発行 ISBN 4140018879
  10. ^ Stoimenova M, Igamberdiev AU, Gupta KJ, Hill RD (July 2007). “Nitrite-driven anaerobic ATP synthesis in barley and rice root mitochondria”. Planta 226 (2): 465–74. doi:10.1007/s00425-007-0496-0. PMID 17333252. 
  11. ^ TCA回路 講義資料のページ
  12. ^ Monty Krieger; Matthew P Scott; Matsudaira, Paul T.; Lodish, Harvey F.; Darnell, James E.; Lawrence Zipursky; Kaiser, Chris; Arnold Berk. Molecular Cell Biology, Fifth Edition. San Francisco: W. H. Freeman. ISBN 0-7167-4366-3 
  13. ^ a b 真島 英司、寺田 弘、「ATPはいかにして膜を透過するか:ループの協調的スウィングによるミトコンドリアADP/ATPキャリアーの機能発現」、『生物物理』Vol. 38 (1998) No. 6、P 245-249
  14. ^ 第5回 5.エネルギーの生産-サイトゾールとミトコンドリア 更新日:2002/04/08 教養部生物学の資料[1]
  15. ^ Stryer, Lubert (1995). “Citric acid cycle.”. In: Biochemistry. (Fourth ed.). New York: W.H. Freeman and Company. pp. 509–527, 569–579, 614–616, 638–641, 732–735, 739–748, 770–773. ISBN 0 7167 2009 4 
  16. ^ Huang, K.; K. G. Manton (2004). “The role of oxidative damage in mitochondria during aging: A review”. Frontiers in Bioscience 9: 1100–1117. doi:10.2741/1298. PMID 14977532. 
  17. ^ KC S, Carcamo JM, Golde DW (2005). “Vitamin C enters mitochondria via facilitative glucose transporter 1 (Glut1) and confers mitochondrial protection against oxidative injury”. FASEB J 19 (12): 1657–67. doi:10.1096/fj.05-4107com. PMID 16195374. http://www.fasebj.org/cgi/content/full/19/12/1657. 
  18. ^ Mitchell P, Moyle J (1967-01-14). “Chemiosmotic hypothesis of oxidative phosphorylation”. Nature. 213 (5072): 137–9. doi:10.1038/213137a0. PMID 4291593. 
  19. ^ Mitchell P (1967-06-24). “Proton current flow in mitochondrial systems”. Nature. 25 (5095): 1327–8. doi:10.1038/2141327a0. PMID 6056845. 
  20. ^ Nobel Foundation. “Chemistry 1997”. 2007年12月16日閲覧。
  21. ^ 新たな乳酸の見方、八田 秀雄、学術の動向、Vol. 11 (2006) No. 10
  22. ^ Mozo J, Emre Y, Bouillaud F, Ricquier D, Criscuolo F (2005 November). “Thermoregulation: What Role for UCPs in Mammals and Birds?”. Bioscience Reports. 25 (3-4): 227–249. doi:10.1007/s10540-005-2887-4. PMID 16283555. 
  23. ^ アポトーシスの分子機構 太田成男、石橋佳朋「脳と発達」Vol.31(1999)No.2
  24. ^ a b Editor-in-chief, George J. Siegel; editors, Bernard W. Agranoff... [et al.]; illustrations by Lorie M. Gavulic (1999). Siegel GJ, Agranoff BW, Fisher SK, Albers RW, Uhler MD. ed. Basic Neurochemistry (6 ed.). Lippincott Williams & Wilkins. ISBN 0-397-51820-X 
  25. ^ Rossier MF (2006). “T channels and steroid biosynthesis: in search of a link with mitochondria”. Cell Calcium. 40 (2): 155–64. doi:10.1016/j.ceca.2006.04.020. PMID 16759697. 
  26. ^ Brighton, Carl T. and Robert M. Hunt (1974): "Mitochondrial calcium and its role in calcification", Clinical Orthopaedics and Related Research 100: 406-416
  27. ^ Brighton, Carl T. and Robert M. Hunt (1978): "The role of mitochondria in growth plate calcification as demonstrated in a rachitic model", Journal of Bone and Joint Surgery, 60-A: 630-639
  28. ^ Pizzo P, Pozzan T (2007 October). “Mitochondria–endoplasmic reticulum choreography: structure and signaling dynamics”. Trends Cell Bio. 17 (10): 511–517. doi:10.1016/j.tcb.2007.07.011. PMID 17851078. 
  29. ^ a b Miller RJ (1998). “Mitochondria – the kraken wakes!”. Trends in Neurosci. 21 (3): 95–97 doi=10.1016/S0166–2236(97)01206–X. doi:10.1016/S0166-2236(97)01206-X. 
  30. ^ Jukes TH, Osawa S (1990-12-01). “The genetic code in mitochondria and chloroplasts”. Experientia. 46 (11–12): 1117–26. doi:10.1007/BF01936921. PMID 2253709. 
  31. ^ Hiesel R, Wissinger B, Schuster W, Brennicke A (2006). “RNA editing in plant mitochondria”. Science. 246 (4937): 1632–4. doi:10.1126/science.2480644. PMID 2480644. 
  32. ^ 池田清彦、『不思議な生き物-生命38億年の歴史と謎』203p、2013年4月25日、角川学芸出版、ISBN 978-4-04-653275-6
  33. ^ Wiesner RJ, Ruegg JC, Morano I (1992). “Counting target molecules by exponential polymerase chain reaction, copy number of mitochondrial DNA in rat tissues”. Biochim Biophys Acta 183 (2): 553–559. PMID 1550563. 
  34. ^ John P, Whatley FR. (1975). “Paracoccus denitrificans and the evolutionary origin of the mitochondrion.”. Nature 254 (5500): 495-498. PMID 235742. 
  35. ^ a b Yang D, Oyaizu Y, Oyaizu H, Olsen GJ, Woese CR. (1985). “Mitochondrial origins”. Proc Natl Acad Sci 82 (13): 4443-4447. PMID 3892535. http://www.pnas.org/content/82/13/4443.full.pdf. 
  36. ^ a b Viale AM, Arakaki AK. (1994). “The chaperone connection to the origins of the eukaryotic organelles.”. FEBS Lett. 341 (2-3): 146-151. PMID 7907991. 
  37. ^ Andersson SG, Zomorodipour A, Andersson JO, Sicheritz-Pontén T, Alsmark UC, Podowski RM, Näslund AK, Eriksson AS, Winkler HH, Kurland CG. (1998). “The genome sequence of Rickettsia prowazekii and the origin of mitochondria.”. Nature 396 (6707): 133-140. PMID 9823893. 
  38. ^ Rappe et al. (2002). “Cultivation of the ubiquitous SAR11 marine bacterioplankton clade”. Nature 418 (6898): 630-633. PMID 12167859. 
  39. ^ Williams KP, Sobral BW, Dickerman AW. (2007). “A robust species tree for the alphaproteobacteria.”. J Bacteriol. 189 (13): 4578-4586. PMID 17483224. http://jb.asm.org/cgi/reprint/189/13/4578.pdf. 
  40. ^ 小野興作, 大島福造, 渡辺漸、「Warburgの「癌細胞の起原」に就いて」 『岡山医学会雑誌』 1958年 70巻 12supplement号 p.143-154, doi:10.4044/joma1947.70.12supplement_143
  41. ^ Hayashi, J., et. al. (2008). “ROS-generating mitochondrial DNA mutations can regulate tumor cell metastasis”. Science 320 (5876): 661-664. PMID 18388260. 
  42. ^ Nakamura, M., Ohsawa, S. & Igaki, T. (2014-10-17). “Mitochondrial defects trigger proliferation of neighbouring cells via a senescence-associated secretory phenotype in Drosophila (ショウジョウバエにおいて、ミトコンドリアの障害が、細胞老化関連分泌因子(SASP因子)を介して隣接細胞の増殖のトリガーになる)”. Nature Communications 5. doi:10.1038/ncomms6264. https://www.nature.com/articles/ncomms6264 2020年1月5日閲覧。. 
  43. ^ 井垣達吏教授らの研究成果が、英国科学誌「Nature Communications」に掲載されました。”. 京都大学大学院生命科学研究科 (2014年10月28日). 2020年1月5日閲覧。
  44. ^ 細胞間の相互作用で良性腫瘍ががん化する仕組みを解明”. 科学技術振興機構, 神戸大学 (2012年10月1日). 2020年1月5日閲覧。





ミトコンドリアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミトコンドリア」の関連用語

ミトコンドリアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミトコンドリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
厚生労働省厚生労働省
(C)2020 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2020, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミトコンドリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS