ATPとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 協会 > ATPの意味・解説 

ATP

読み方:アデノシンサンリンサン
別表記:アデノシン三リン酸

アデノシン三リン酸(ATP)とは、アデノシンadenosine)とリン酸phosphoric acidからなる化合物の名称です。リン酸分子3つあるため「3」を意味する接頭辞 tri- が加えられAdenosine TriPhosphate略して「ATP」とも呼ばれます生物体内エネルギー貯蔵した使用する際の媒体となる物質であり、その意味あらゆる生物あらゆる活動にとって必要不可欠物質です。

アデノシン三リン酸は分内にエネルギー蓄えておく役割と、必要に応じてエネルギー放出し消費可能にする役割あります体内アデノシン三リン酸加水分解により、3つあるリン酸分子のうち1つ切り離されてアデノシン二リン酸」(ADP)に変化します。この変化に伴い蓄えられていたエネルギー放出され活動必要なエネルギー筋肉などに供給されるというわけです。

アデノシン三リン酸には血管拡張する作用あります2010年代現在では眼精疲労胃炎などの症状抑える医薬品成分としても活用されています。

アデノシン三リン酸1920年代発見され、1930~1940年代にはアデノシン三リン酸筋肉収縮などに根幹的に関わっていることなどが解明されています。2017年には大阪大学大規模シミュレーションによりアデノシン三リン酸エネルギー構造分子メカニズム解明した発表してます。

ATP

分子式C10H16N5O13P3
その他の名称ATP、アジノール、アデトール、Triadenyl、Triphosaden、Triphosphaden、Striadyne、Myotriphos、Glucobasin、Atriphos、5'-ATP、ATP【nucleotide】、Atipi、Adynol、Adetol、ATP【ヌクレオチド】、トリホスファデン、トリホサデン、トリアデニル、ストリアジン、アトリホス、グルコバシン、ミオトリホス、Adenosinetriphosphoric acidアデノシン三りん酸Adenosine 5'-triphosphoric acid、アデニルピロりん酸、カルデノシン、ホスホビオン、Cardenosine、Adenylpyrophosphoric acid、Fosfobion、Adenosine-5'-triphosphoric acid、Triphosphoric acid α-(5'-adenosyl) esterアデノシン三リン酸
体系名:アデノシン-5'-三りん酸アデノシン5'-三りん酸三りん酸α-(5'-アデノシル)


ATP

アデノシン3リン酸(ATP)は、塩基としてアデニンを持っている核酸。発エルゴン的なADPへの加水分解反応によって、生体内での「エネルギー通貨」として重要な役割担っているまた、シグナル伝達因子として働いたりRNADNA原料となる。

名前ATP
ATP

ATPの加水分解

ATP
ATP → ADP + Pi
標準状態Δ' = -30.5 kJ/mol (-7.3 kcal/mol)
生理条件下ΔG ≈ -50 kJ/mol (-12 kcal/mol)

Δ'は標準状態かつ生理学的条件下(pH7.0)。 (単位のメモ

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ATP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 02:47 UTC 版)

ATP



ATP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 20:19 UTC 版)

運転士事情聴取に対し「ATPを切った」と述べたことを地検署は明らかにしている。 その後の調査によると、台鉄車両故障発生していたことは報告を受けていたがATPを切っていたことに関して交信記録にもなく、運転士独断切ったものと24日公表した。ATPについては2007年以降他形式への実装段階指令員使い勝手悪さ指摘され2010年運転士報告せずに切って指令にその通知が届くように通装置が全列車に取付けられていたが、台鉄当時入札中だった普悠瑪号のTEMU2000型には搭載しなかった。台鉄立法院交通委員会での時代力量立法委員黄国昌質疑応答事実認め普悠瑪編成への早期装着のため台湾ナブテスコ打診中とコメントしている。 11月1日車両製造した日本車輌製造は、別の通信事業者納入したATPの通信装置端末配線未接続のまま出荷されていたと発表したが、日本車輌製造台湾当局からの問い合わせ調べたところ、設計担当者ミスで配線接続仕様書一部異なり、ATPの通信装置働かなかったことが判明した通信装置がなくても事故前にATPを切ったことは事故前時点で指令所と運転士無線交信記録上から明らかになっているため直接的な原因とはいえない。日本車輌製造とともに受注関わった住友商事賠償拒否している。 ATPを切っていたことに起因する事故事例としては、2007年に同じ宜蘭線発生した2列車衝突事故挙げられる台鉄大里駅事故を参照)。 事故車両はまず、6号車8号車の2両が23日未明桃園市楊梅区にある自局の富岡車両基地搬送残り順次搬入され事故調査完了後廃車となる見通し

※この「ATP」の解説は、「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の解説の一部です。» 「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の概要を見る


ATP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 20:19 UTC 版)

事故後から運転士2人乗務制を暫定的に開始していたが、台鉄2019年8月よりそれを解除することを決定する交通部差し戻している。 この普悠瑪号に限らずATPをカットして最高速度運行できていたことに対しては、カット時に60km/h制限がかかり63km/hで自動的に強制制動発動する仕様が2019年6月完成同年内に太魯閣号普悠瑪号に、2023年までに保有するすべての車両818両に実装予定。(この時点では2018年現代ロテム発注され新型通勤車両520両および日立発注され新型自強号600両への言及はない。)

※この「ATP」の解説は、「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の解説の一部です。» 「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の概要を見る


AT-P(ロシア語: АТ-П(Объект 561)/(AT-P 45(АТ-П 45)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 07:29 UTC 版)

装甲牽引車型。

※この「AT-P(ロシア語: АТ-П(Объект 561)/(AT-P 45(АТ-П 45)」の解説は、「AT-P (装甲牽引車)」の解説の一部です。» 「AT-P (装甲牽引車)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ATP」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ATPと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ATPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ATPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのATP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宜蘭線普悠瑪号脱線事故 (改訂履歴)、宜蘭線普悠瑪号脱線事故 (改訂履歴)、AT-P (装甲牽引車) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS