triとは? わかりやすく解説

tri

別表記:トライ

「tri」の意味・「tri」とは

「tri」は、ラテン語由来接頭辞で、その意味は「三」である。これは、三つの要素部分を持つものを指す際に用いられる例えば、「triangle」は三角形、「tricycle」は三輪車、「trilogy」は三部作という意味になる。

「tri」の発音・読み方

「tri」の発音は、IPA表記では /traɪ/ となる。これをカタカナにすると「トライ」となる。日本人発音する際は「トライ」となることが一般的である。ただし、「tri」が接頭辞として他の単語組み合わさるとき、発音はその組み合わせにより多少変化することがある

「tri」の定義を英語で解説

「tri」は、英語の辞書では"a prefix meaning 'three', used in the formation of compound words"と定義されている。これは、「三」という意味を持つ接頭辞で、複合語形成する際に用いられるという意味である。

「tri」の類語

「tri」の類語としては、「triple」や「tertiary」がある。「triple」は「三倍の」、「tertiary」は「第三の」という意味である。これらも「三」を表す言葉であるが、「tri」が接頭辞として用いられるのに対し、「triple」や「tertiary」は形容詞として用いられる

「tri」に関連する用語・表現

「tri」に関連する用語としては、「trident」(三叉の)、「tricolor」(三色の)、「triplet」(三つ子)などがある。これらの単語も「tri」を接頭辞として用いており、「三」を表す言葉として使われる

「tri」の例文

以下に「tri」を含む例文10個示す。 1. A triangle has three sides.(三角形三つの辺を持つ)
2. I ride a tricycle.(私は三輪車乗る
3. The trilogy was a huge success.(その三部作は大成功だった)
4. The flag is tricolor.(その旗は三色だ)
5. The trident is a symbol of power.(三叉は力の象徴だ)
6. She gave birth to triplets.(彼女は三つ子産んだ
7. The company tripled its profits.(その会社利益三倍にした)
8. The tertiary sector is growing.(第三部門が成長している)
9. The triceratops is a dinosaur with three horns.(トリケラトプス三本の角を持つ恐竜だ)
10. The triathlon consists of swimming, cycling, and running.(トライアスロン水泳自転車、走るの三つから成る

トリ【(ラテン)tri】

読み方:とり

数の3。「—クロロエチレン


トリクロロエチレン

分子式C2HCl3
その他の名称トリトリマー、アルギレン、クロリレン、トリエレン、トレチレン、ゲマルゲン、トリ-クレン、トリクロラン、トリクロレン、ゲルマルゲン、ウェストロソール、トリクロロエテン、トリレン【農薬】、トリクロロエチレン、エチニルトリクロライド、Tri、Trimar、Algylene、Trielene、Chlorylen、Gemalgene、Tri-Clene、Westrosol、Germalgene、Threthylen、Trethylene、Trichloran、Trichloren、Trichloroethene、Trichloroethylene、Trilene【Pesticide】、Ethinyl trichloride、1,1,2-Trichloroethene、トリクレン、Trichlene三塩エチレン、トリエリン、Trieline、トリクロルエチレン
体系名:1,1,2-トリクロロエテン


Tri

名前 チ; チートゥリ

TR-Iロケット

(tri から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/11 14:38 UTC 版)

TR-Iロケット(ティーアールワン)は、宇宙開発事業団(NASDA、現宇宙航空研究開発機構JAXA)がH-IIロケットの開発のために開発・運用した単段式の固体燃料ロケットである。検討時の名称はTR-1100




「TR-Iロケット」の続きの解説一覧

TRI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 06:40 UTC 版)

TRI, Tri




「TRI」の続きの解説一覧

デジモンアドベンチャー tri.

(tri から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/27 02:08 UTC 版)

デジモンアドベンチャー tri.』(デジモンアドベンチャー トライ、DIGIMON ADVENTURE tri.)は、デジモンシリーズ劇場版作品[6]デジモンアドベンチャーシリーズの続編。通称『デジアドtri.[7]デジモンtri.[8]。全6章で、2015年から2018年まで、3週間限定劇場上映・劇場限定版Blu-ray発売・有料配信の同時展開が行われていた。


  1. ^ a b 2015.12.07『デジモンアドベンチャー tri.』第2章「決意」2016年3月12日(土)より上映開始! | デジモンアドベンチャー tri.
  2. ^ “東映アニメ第3Q 海外好調で売上げ過去最高、利益は前年約2倍もSNSゲーム不調”. animeanime.biz. https://www.animeanime.biz/archives/22302 
  3. ^ a b キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.70
  4. ^ a b キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.50
  5. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.52
  6. ^ デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」”. 東映アニメーション. 2016年12月29日閲覧。
  7. ^ 「デジアド tri. 第3章」田村と榎木がパートナーとの思い出を回想 入場者特典も初公開”. アニメ!アニメ!. 2022年2月16日閲覧。
  8. ^ a b “「デジモン tri.」8月に舞台化決定!映画版のサイドストーリーが展開”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年5月12日). https://natalie.mu/stage/news/232328 2021年12月30日閲覧。 
  9. ^ “―デジモンアドベンチャー15th Anniversary Project―8月1日お台場イベントで新ニュースを続々発表!「デジモンアドベンチャー新シリーズ」製作決定!!!”. 東映アニメーション株式会社. http://corp.toei-anim.co.jp/press/2014/08/15th_anniversary_project81.php 
  10. ^ デジモンパートナーズ【公式】より、初代プロデューサー・関弘美より藤田淑子さんへ送る言葉- X(旧Twitter)
  11. ^ a b c d “デジモン:新作劇場版のキャラビジュアル公開 “選ばれし子どもたち”が大人に”. まんたんウエブ. (2018年12月22日). https://mantan-web.jp/article/20181222dog00m200001000c.html 2018年12月31日閲覧。 
  12. ^ a b c d e “「デジモン」新たな劇場版が製作決定 シリーズ初代プロデューサーの関弘美氏がスーパーバイザー”. アニメハック. (2018年7月31日). https://anime.eiga.com/news/106824/ 2018年12月31日閲覧。 
  13. ^ アルマジモン役の浦和めぐみは『02』では伊織と2役だったが、『LAST EVOLUTION 絆』ではアルマジモンのみとなった。
  14. ^ 株式会社プレックスとの吸収合併に関するお知らせ -”. 株式会社ウィズ (2019年4月1日). 2019年11月2日閲覧。
  15. ^ 西島大吾役だった浪川大輔はヤマトを演じることになる。
  16. ^ 泉光子郎役だった田村睦心は後に『デジモンゴーストゲーム』の天ノ河宙を演じることになる。
  17. ^ ニャロモンに退化したのは今作が初。
  18. ^ デジモンアドベンチャー tri. SPECIAL:第二章「決意」キャストコメント
  19. ^ 第3章で初めて声付きで登場。
  20. ^ 本編では空役の水谷優子が担当していたが、レギュラー声優陣の交代によって重松が担当した。
  21. ^ 体調不良のため、2009年リリースの「Butter-fly 〜Strong Version〜」に収録されている「Seven 〜10th MEMORIAL Version〜」のものを再使用。
  22. ^ 東映アニメーション創立60周年特集栄光の60年!勝利の方程式は、アニメ専門チャンネルアニマックスで2016年7月30日(土曜日)18:00 - 31日(日曜日)23:00にかけて放送された超長時間特別番組。


「デジモンアドベンチャー tri.」の続きの解説一覧

tri

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 08:50 UTC 版)

トライ」の記事における「tri」の解説

3を意味するラテン語ギリシャ語接頭辞 tri‐ の英語読み

※この「tri」の解説は、「トライ」の解説の一部です。
「tri」を含む「トライ」の記事については、「トライ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「tri」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「tri」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「tri」の関連用語

triのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



triのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTR-Iロケット (改訂履歴)、TRI (改訂履歴)、デジモンアドベンチャー tri. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトライ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS