辞書とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 書類 > 書物 > 辞書の意味・解説 

辞書

読み方:じしょ

辞書(じしょ)とは、ある分野語彙多数おおむね網羅的に)集め、その表記・読み方・意味・用法場合によっては語源補足解説なども併記した、書物、あるいはデータベースのこと。動詞「引く」と共起して「辞書を引く」「辞書で引く」といった言い方叙述されることが多い。「辞書を手繰る」「辞書を使う」「辞書で調べる」といった言い方もできる。

辞書は「辞典」ともいう。「辞書」と「辞典」に際立った違いはない。ほぼ同義語である(「典」の字に「書物」を意味する字義がある)。

ただし「辞書」と「辞典」どちらの語を用いるかは、辞書辞典種類によって傾向分かれる。「国語辞書」は「国語辞典」ともいう。「英和辞書」も「英和辞典」という。「類語辞書」や「英英辞書」の場合は、「辞書」の語を用いる例は少なく、むしろ「類語辞典」「英英辞典」という方が一般的である。「古語辞典」「季語辞典」「ことわざ辞典」「難読漢字辞典」「あいさつ表現辞典のような例に至ってはほぼ「辞典」に例が偏っている。

なお、日本語には「辞典」の他に事典」や「字典」といった語彙もあるが、これら辞典・事典字典それぞれ意味が微妙に異なる。そのため事典」を「ことてん」と読み、「字典」は「もじてん文字典)」、「辞典」は「ことばてん言葉典)」と読んで区別する習わしがある。

事典」は、言葉の意味に限らず幅広い物事について詳細に述べた書物を指す。「百科事典」が典型といえる

字典」は言葉というよりも「字」を対象とする辞書を特に指す。「漢字字典」「康熙字典」などが典型といえる

紙製書物としての辞書は、言葉五十音順アルファベット順というような順序に従って並べられている。日本語国語辞書の場合は漢字画数順に並べた索引別途用意されていることも多い。これにより読み方あるいは表記手がかりとして辞書を引き、その言葉の意味調べることができる。

紙製書籍の辞書だけでなく、同様に言葉の意味調べる」用途使えるデジタルデータ群も「辞書」と呼ばれる例としては「電子辞書」「辞書ソフト」「オンライン辞書」「辞書アプリ」などが挙げられる。紙でなくデジタルデータ提供される辞書は「索引から引く」よりも「キーワードを入力して検索する」という方法利用されることが多い。

電子辞書」は基本的に専用ハードウェア収録され端末を指す。「辞書ソフト」はデスクトップPCなどにデータ全体保存インストールとして用いタイプの辞書を指す。「オンライン辞書」は辞書データのあるサーバー都度アクセスするタイプの辞書。「辞書アプリ」には端末データ全体保存インストールして用いタイプと、辞書データのあるサーバー都度アクセスするタイプ両方がある。

辞書は英語では dictionaryディクショナリー)という。glossaryグロッサリー)は書籍の巻末に収録されているような「用語集」を指す語であるが、「辞書」と訳して差し支えないような場合ままある

じ‐しょ【辞書】

読み方:じしょ

多数の語を集録し一定の順序配列して一つ集合体として、個々の語の意味・用法、またはその示す内容について記したもの。語のほかに接辞連語・諺なども収めるまた、語の表記単位である文字、特に漢字登録したものも含めていう。辞書は辞典ことばてん)・事典ことてん)・字典もじてん)に分類されるが、現実に刊行されている辞書の書名では、これらが明確に使い分けられているとはいえない。辞典字書字引(じびき)。

パソコン日本語入力システムワープロソフトで、入力した仮名漢字変換するために登録されている語・熟語類語などのファイルまた、自動翻訳システムで、語の対応や文法など登録しておくファイル

先帝新帝から贈られる太上(だいじょう)天皇尊号辞退する意を述べた書状。御奉書。御辞書。

辞表。じそ。

このごろ大弐(だいに)―奉りたれば」〈栄花見果てぬ夢


辞書

ツール・ユーティリティのほかの用語一覧
日本語入力:  SKK  Sumibi  Simeji  辞書  辞書登録  2タッチ入力  単漢字変換

辞書 (線形計画における)

読み方:じしょ
【英】:dictionary (in linear programming)

参照:タブロー (線形計画における)

辞書

作者一哲

収載図書異常なお話
出版社文芸社
刊行年月2008.10


辞典

(辞書 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 03:54 UTC 版)

辞典(じてん)とは、言葉物事漢字などを集め、その品詞意味背景語源等)・使用法(用例)・派生語・等を解説した書籍辞書(じしょ)・字引(じびき)とも言う。


  1. ^ デジタル大辞泉の解説 コトバンク
  2. ^ 日葡辞書”. 岩波書店. 1997年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月24日閲覧。


「辞典」の続きの解説一覧

辞書

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:41 UTC 版)

名詞

じしょ

  1. ある一定の言語によって、同一の言語定義又は他の言語意味、その他、発音用例などを収録した。引きやすいように配列してある。
  2. コンピュータによる文書情報処理において、かな漢字変換システム機械翻訳(wp)システムなどの特定の文字列別の文字列などに変換するためのプログラム使用するデータベース及びそのデータベース収録したファイル

関連語

翻訳


「辞書」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



辞書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「辞書」の関連用語

辞書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



辞書のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ辞書の記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辞典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの辞書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS