電子辞書とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > 家電機器 > 電子辞書の意味・解説 

電子辞書

読み方でんしじしょ
【英】electronic dictionary

電子辞書とは、デジタルデータ化され辞書収録した手帳サイズの、辞書機能専用電子機器のことである。国語辞典英和辞典など複数辞書データ収録している場合が多い。

電子辞書の基本機能は、キーボードから文字入力して検索し該当する目の味解説を液晶画面表示させるというものである半導体メモリ収録されデータすばやく検索することができる。

最近の電子辞書は、国語辞典のほかにも、英和辞典和英辞典漢字字典などのような複数辞典収録しているのが普通になってきている。挨拶文例集やビジネス用語辞典のような専門用語辞典や、フランス語中国語のような各国語辞典、あるいは百科事典までを収録した電子辞書もある。ふつうの辞書のように索引から単語調べることができるほか、キーワードによって単語検索したり、関連語対義語検索したりすることもできる英文読み上げ機能のようにさらに高性能化されたものもある。

なお、国内では主にシャープカシオソニーセイコーキャノンなどが電子辞書を開発・販売している。


参照リンク
電子辞書 エクスワード (CASIO)
ソニー電子辞書 (SonyDrive)
電子辞書パピルス (SHARP)
モバイル端末のほかの用語一覧
PDA:  PIM  Ruputer  サイオン  電子辞書  テザリング  Visor  Windows Mobile

電子辞書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/22 02:16 UTC 版)

電子辞書(でんしじしょ)とは、CD-ROMフラッシュメモリなどの記憶媒体ネットワーク上に保存されている辞書事典の内容を記録したデータを、コンピュータ携帯端末によって読み出し、検索・表示・再生する電子機器またはソフトウェアの総称[1]


  1. ^ 電子辞書 - ebookpedia”. 日本電子出版協会 (JEPA) (2015年7月27日). 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ a b 茂木俊伸 2011, p. 57
  3. ^ 関山健治 2007, p. 241
  4. ^ 茂木俊伸 2011, pp. 58, 65–66
  5. ^ 茂木俊伸 2011, p. 62
  6. ^ a b c d 日本電子出版協会レファレンス委員会 2016, §1.1
  7. ^ 茂木俊伸 2011, pp. 67–69
  8. ^ a b 茂木俊伸 2011, pp. 71–73
  9. ^ 茂木俊伸 2011, pp. 72, 76
  10. ^ 茂木俊伸 2011, pp. 62–64
  11. ^ 山口昌也 2007, pp. 20–24
  12. ^ a b 茂木俊伸 2011, pp. 74–75
  13. ^ 茂木俊伸 2011, pp. 66–67
  14. ^ EPWINGと電子ブック”. 2017年11月26日閲覧。
  15. ^ LeXML - ebookpedia”. 日本電子出版協会. 2017年11月28日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g 長谷川秀記 2016, pp. 588–591
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 日本電子出版協会レファレンス委員会 2016, §1.2
  18. ^ 会社案内”. 三修社. 2017年11月24日閲覧。
  19. ^ EPWING 今までに発表した製品 - 販売終了のお知らせ”. 富士通. 2017年11月25日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ). “電子ブック”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年6月25日閲覧。
  21. ^ a b c d e f 長谷川秀記 2016, p. 591
  22. ^ MBS - 電子辞書の歴史について”. MBS モバイルシステム部会. 2022年6月24日閲覧。
  23. ^ 阿部圭子 2007, p. 5下
  24. ^ 横山晶一 2007, p. 43下
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 電子辞書の歴史について”. 一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会モバイルシステム部会. 2022年6月24日閲覧。
  26. ^ a b 【新製品紹介】“手軽に持ち歩く辞書”の原点”. シャープ広報部 (2012年1月11日). 2022年6月24日閲覧。
  27. ^ 鷹野凌 (2013年9月12日). “懐かしの読書端末や電子辞書が大集合! 当時の関係者が思い出話&苦労話”. Impress Watch. https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/615194.html 2017年11月26日閲覧。 
  28. ^ 中山玲子 (2020年1月10日). “電子辞書で新製品のシャープ、国産1号機メーカーの意地”. 日経ビジネス. https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/011001015/ 2022年6月25日閲覧。 
  29. ^ a b 渡邊宏 (2004年11月15日). “ただ今、急成長中――カシオが語る、これからの電子辞書のあり方”. ITmedia. https://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/15/news013.html 2022年6月24日閲覧。 
  30. ^ 日本電子出版協会レファレンス委員会 2016.
  31. ^ 製品のあゆみ | CASIO”. 2022年6月24日閲覧。
  32. ^ a b [開発最前線]電子辞書 ロングセラーの軌跡 -- セイコーインスツルメンツ. ネイチャーインタフェイス. (2001-12-28). pp. 48-51. ISBN 4-901581-05-8. http://www.natureinterface.com/j/ni06/P48-51/ 2017年11月25日閲覧。. [リンク切れ]
  33. ^ 新商品 電子辞書で初めてジョグダイヤルを搭載して、快適な操作性を追求 国語・英和・和英・漢字辞書をまるごと収録したIC電子辞書 発売”. ソニー (2000年9月19日). 2022年6月24日閲覧。
  34. ^ 小林哲雄 (2016年7月25日). “カシオの電子辞書「EX-word」、20周年記念プレスイベントで語られた歴史”. マイナビ. https://news.mynavi.jp/article/20160725-a017/ 2022年6月24日閲覧。 
  35. ^ a b 日本電子出版協会レファレンス委員会 2016, §B 付録2
  36. ^ “シャープ、100種類のコンテンツを収録した電子辞書『PW-A8400』を発売――電子辞書のブランドを“Papyrus”に”. ASCII.jp. (2005年8月9日). https://ascii.jp/elem/000/000/349/349238/index.html 2022年6月24日閲覧。 
  37. ^ カラー電子辞書“Brain(ブレーン)”<PW-AC880/AC830>を発売”. シャープ (2008年7月28日). 2022年6月24日閲覧。
  38. ^ タッチ操作のカラー電子辞書「DAYFILER(デイファイラー)」を発売”. セイコーインスツル (2012年11月27日). 2017年11月26日閲覧。
  39. ^ 岡田有花 (2006年7月27日). “ソニー、電子辞書から撤退”. ITmedia. https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/27/news087.html 2022年6月24日閲覧。 
  40. ^ 電子辞書ビジネスからの撤退について”. セイコーインスツル株式会社 (2014年10月7日). 2022年6月24日閲覧。
  41. ^ 大学生向け・高校生向けの電子辞書アプリとコンテンツのダウンロード販売を開始”. セイコーソリューションズ (2016年4月5日). 2022年6月24日閲覧。
  42. ^ 電子辞書 | BCN AWARD・BCN IT ジュニア賞”. BCN AWARD. 2022年6月25日閲覧。
  43. ^ 辞書を「押す」時代到来、普及進む電子辞書、売れ筋ランキング”. BCN (2005年11月8日). 2017年11月26日閲覧。
  44. ^ 電子辞書の年別出荷実績推移 (PDF)” (2018年2月27日). 2018年7月6日閲覧。
  45. ^ “ネットで何でも検索できる時代 電子辞書は生き残れるのか”. J-CASTニュース. (2014年10月18日). https://www.j-cast.com/2014/10/18218505.html?p=all 2022年6月24日閲覧。 
  46. ^ スマホに押された電子辞書11年ぶり出荷増 小学校 英語教科化で[リンク切れ] - NHK
  47. ^ a b 日本電子出版協会レファレンス委員会 2016, §A.2
  48. ^ a b LDOCE6 Longman Dictionary of Contemporary English 6th Edition”. Pearson. 2017年11月29日閲覧。[リンク切れ]
  49. ^ a b c d e f g h 長谷川秀記 2016, pp. 591–592
  50. ^ iTunes プレビュー App Store > 辞書/辞典/その他”. Apple. 2017年11月29日閲覧。
  51. ^ Google Play アプリ > 書籍&参考書”. Google. 2017年11月29日閲覧。
  52. ^ Microsoft Store Windowsアプリ > 書籍”. Microsoft. 2017年11月29日閲覧。
  53. ^ Mac App Store プレビュー Mac App Store > 辞書/辞典/その他”. Apple. 2017年11月29日閲覧。



電子辞書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 22:25 UTC 版)

電子書籍リーダー」の記事における「電子辞書」の解説

電子書籍より一歩先印刷物から電子媒体へと変化して普及しつつあるのが電子辞書である。電子辞書も国語辞典英和和英辞書といった特定の辞書1冊だけを含んだものから、多数辞書情報含んだ上にクイズゲーム辞書拡張用の専用メモリカード対応など付加的機能備えた上級機種登場しており、メモリーカード外部からテキストファイル等を取り込んで読める機種では電子書籍に近い利用方法可能になっている

※この「電子辞書」の解説は、「電子書籍リーダー」の解説の一部です。
「電子辞書」を含む「電子書籍リーダー」の記事については、「電子書籍リーダー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電子辞書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電子辞書」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子辞書」の関連用語

電子辞書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子辞書のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子辞書の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子辞書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電子書籍リーダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS