富士通とは? わかりやすく解説

富士通

読み方ふじつう
別名:富士通株式会社FUJITSU
【英】FUJITSU LIMITED

富士通とは、コンピュータ機器通信システム情報処理システムなどを主な事業とする日本の電機メーカーの名称である。情報システムだけでなく、電子デバイス製造・販売および、それらに関連するサービスなども幅広く手がけている。

富士通は、1935年に、富士電機製造の話部所業務分離して富士通信機製造として設立された。1967年に、現在の社名変更している。国産コンピュータメーカーとして、1954年に、日本初リレー自動計算機を完成しまた、1958年には、パラメトロン素子とする電子計算機試作するなど、独自の開発進めた

1960年代後半に、IBMメインフレーム市場席巻する。富士通は通商産業省指導の下、日立製作所提携してIBM互換機であるMシリーズ(富士通はFACOM Mシリーズ日立HITAC Mシリーズ)を開発し1970年代以降コンピュータ大手メーカーとして名を馳せた

1980年、富士通は日本語ワープロ専用機OASYS」を発表したOASYSは、親指シフトキーボード呼ばれる独自配列キーボード採用し日本語入力高速化実現したプロオペレーター中心に高い評価得たまた、日本語ワープロ専用機低価格化にも意欲的に取り組み日本語ワープロ専用機家庭普及させる動力となったPC普及するに伴い日本語ワープロ専用機市場から姿を消したが、OASYSPC用のワープロソフトとして発売され2008年8月現在も存続している。

富士通が最初に開発したPCは、1981年発表された8ビットの「FM-8」である。メインフレーム開発で培われた当時最先端の機能搭載されていた。1980年代後半には、ビジネス向けのFMRシリーズや、独自アーキテクチャFM TOWNSといったユニークなPC開発し独自の位置築いていたが、1990年代には、いわゆるIBM PC互換機であるFMVシリーズへの移行進めた

2008年8月現在、個人向けPCとしては、デスクトップ型FMV-DESKPOWERシリーズと、MV-TEOシリーズノート型FMV-BIBLOシリーズなど、同じく企業向けPCとしてはデスクトップ型のFMV-ESPRIMOシリーズノート型FMV-LIFEBOOKシリーズなどのラインナップ展開している。

また、PC他にもNTTドコモ主な供給先とする携帯電話端末をはじめサーバー液晶ディスプレイパネル、HDDフラッシュメモリ電話交換機などの開発事業システムインテグレーション導入支援コンサルティングIDC情報システム関連の運用工事なども手がけている。

なお、ISP中心にポータルサイト@nifty」やブログホスティングサービスココログ」などを提供しているニフティ株式会社は、富士通の連結子会社である。


参照リンク
富士通

富士通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 16:47 UTC 版)

富士通株式会社(ふじつう、: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカー、総合ITベンダー。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄の一つ[1][2]


注釈

  1. ^ 1972年頃から使用していた。
  2. ^ 2013年5月中旬から2017年までは、ブランドプロミスの字幕が2010年6月に制定されていた吹き出し状のロゴを使用していた。
  3. ^ 富士通マーケティングを存続会社として、富士通エフ・アイ・ピーを吸収合併。
  4. ^ 株式会社富士通ビー・エス・シー、株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ、株式会社富士通アドバンストエンジニアリング、株式会社富士通パブリックソリューションズ、富士通アプリケーションズ株式会社、株式会社富士通システムズウェブテクノロジー、株式会社富士通九州システムズ、株式会社富士通北陸システムズ、株式会社富士通システムズアプリケーション&サポート及び株式会社沖縄富士通システムエンジニアリング。
  5. ^ 厳密には退職給付信託としてみずほ信託銀行に信託されているが、議決権は富士通の指図により行使される[PR 12]

出典

  1. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  2. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  3. ^ ITサービスを提供する世界の企業の収益(revenue)順位、1位「IBM」、2位「HP」、3位「アクセンチュア」、4位「富士通」「The 2015 HfS Global IT Services Top Ten」HfS Research 2015
  4. ^ http://www.computerworld.com/s/article/359173/The_top_Green_IT_organizations_Hard_wired_to_be_green
  5. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120709/408017/
  6. ^ http://www.nikki.ne.jp/event/20100329/#02
  7. ^ 「『富士通』の社名の由来にも 日本に息づくシーメンス」『週刊ダイヤモンド』2012年7月12日号、p.114
  8. ^ 富士通、前社長の野副相談役を解任[リンク切れ]
  9. ^ 富士通と東芝、携帯電話事業を統合
  10. ^ iPhone国内累計230万台出荷
  11. ^ “富士通がPC/携帯電話事業を分社化するのはなぜか?”. (2015年11月16日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/20151116_730742.html 2015年12月5日閲覧。 
  12. ^ “Lenovoが富士通のPC事業を支配下に。FMVブランドはNECに加え継続”. PC Watch. (2017年11月2日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089708.html 2017年11月3日閲覧。 
  13. ^ “レノボ傘下にはなるけれど、富士通がAIパソコン来年投入”. 日刊工業新聞. (2017年12月1日). https://newswitch.jp/p/11216 2017年12月15日閲覧。 
  14. ^ a b “富士通、携帯事業を投資ファンドに売却 正式発表”. ITmedia. (2018年1月31日). http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1801/31/news094.html 2018年2月9日閲覧。 
  15. ^ “富士通が半導体事業を分社化、先端開発は三重工場に一本化”. Reuters. (2008年1月21日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-29863520080121 2022年1月21日閲覧。 
  16. ^ 富士通、半導体生産から撤退”. 日本経済新聞 (2014年7月18日). 2022年1月21日閲覧。
  17. ^ a b 「日の丸半導体」が凋落したこれだけの根本原因”. 東洋経済オンライン (2021年9月22日). 2022年1月21日閲覧。
  18. ^ あきる野テクノロジセンターの閉鎖および機能移転について”. 富士通株式会社 (2016年5月30日). 2020年4月5日閲覧。


「富士通」の続きの解説一覧

「富士通」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類

港区 (東京都)の企業 久電舎  レッドシューズ  富士通  ジェイズファーイースト  住友軽金属工業
日本の電気機器メーカー パナソニック ヘルスケア  ミネベア  富士通  JVC・ケンウッド・ホールディングス  マイコンソフト
半導体企業 フェアチャイルドセミコンダクター  テキサス・インスツルメンツ  富士通  サイリックス  UMC
川崎市の企業 三菱ふそうトラック・バス  味の素ファインテクノ  富士通  不二サッシ  トイザらス
コンピュータ企業 セリオ東洋グループ  ASUS  富士通  コンパル・エレクトロニクス  ストラタステクノロジー
古河グループ シーアイ化成  四国電線  富士通  澁澤倉庫  古河コマース
日本の軍需産業 興研  ミネベア  富士通  昭和シェル石油  日本飛行機

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「富士通」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

富士通のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



富士通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ富士通の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富士通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS