ツーカーとは? わかりやすく解説

つう‐かあ

《「つうと言えばかあ答える」から》互いに気心通じ合って、ちょっと言っただけで相手言おうとしていることがわかること。「彼とは―だ」「―の仲」


ツーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/26 00:20 UTC 版)

ツーカー (Tu-Ka) は、かつて存在した日本の移動体通信事業者であるツーカーセルラー2社とツーカーホン関西およびそれらを承継したKDDIが提供していた第2世代移動通信システム (2G) サービスである。東京東海関西三大都市圏を中心に、デジタルホングループやNTTドコモシティフォンと共に、1.5GHz帯PDC方式を採用した移動体通信を提供していた。


  1. ^ TCA 事業者別契約数 2001年6月末現在
  2. ^ TU-KAサイバートークQ&A
  3. ^ 資本撤退後もツーカーのステッカーが店内に貼られている販売店もごく一部に存在するが、携帯電話の販売事業は撤退している。
  4. ^ 関東・甲信・東海・関西地方以外では、交換機がツーカー仕様(NEC製)だった東北(新潟県含む)・中国・四国地方のみ使用できた。北海道・北陸・九州地方は交換機がデジタルホン仕様(エリクソン製)のため使用できなかった。
  5. ^ 1999/08/06 日経産業新聞
  6. ^ 当初は「株式会社ディーディーアイ」の通称。2001年4月より正式社名となる。
  7. ^ 『ツーカー東京、新料金プラン「ツーカーコンボ」導入』(2001年5月1日付記事)/第3段落文中にツーカーホン関西「ツーカーV3」について言及有り”. インプレス・『ケータイWatch』編集部. 2019年6月19日閲覧。
  8. ^ その後、ツーカーセルラー東京では、ほぼ同様の料金プランを「ツーカーコンボ」という名称で2001年6月に導入。ツーカーセルラー東海は更に遅れて2002年6月に「BEST」の名称で導入したが、東京・関西とは料金体系が異なる。次の脚注のリンク先を参照されたし。
  9. ^ 『ツーカー(東海)、低料金プラン「BEST」導入』(ITmediaMobile・2002年5月22日付記事)”. ITmedia・ITmediaMobile. 2019年6月19日閲覧。
  10. ^ 2004年9月に同じ1.5GHz帯で関東・東海・関西のシンプルユーザー向けのシティフォンの新規加入受付を終了していた。
  11. ^ 2009年5月をもって販売終了。事実上の後継機種はパンテック社製のPT001となるものの、こちらも2013年3月をもって販売終了となっている。
  12. ^ ケータイWatch KDDI 2008年3月31日 ツーカー終了に伴う乗換施策を延長
  13. ^ 携帯電話等周波数有効利用方策委員会(第23回)
  14. ^ 「ホームページ広場」サービス開始について」 ツーカー東海2002年6月24日付プレスリリース
  15. ^ なお、この項では、CASIO社の携帯電話データ通信カード(A-51V/A-51/A-50版)対応機種表のページの『ツーカーグループ』の項を参考にした


「ツーカー」の続きの解説一覧

「ツーカー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ツーカー」の関連用語

ツーカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ツーカーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS