菊地亜美とは?

菊地 亜美

菊地亜美の画像 菊地亜美の画像
芸名菊地 亜美
芸名フリガナきくち あみ
性別女性
生年月日1990/9/5
星座おとめ座
干支午年
出身北海道
身長164 cm
URLhttp://www.lespros.co.jp/talent/artists/ami_kikuchi/
ブログURLhttp://yaplog.jp/lp-k-ami/
プロフィール2006年レプロガールズオーディション2006エントリー最終審査落選するも、審査員に声をかけられ、なぜか所属が決定2008年4月アイドリング!!!二期オーディションギリギリ合格以後アイドリング!!!16号として活躍中。通称あみみ。明るく元気なキャラクターと独特のハスキーボイス、頭に装着する個性的なミニハットで一躍注目集め、現在、しゃべれるアイドルとしてバラエティ番組ひっぱりだこ
代表作品1年2015
代表作品1TOKYO MX『菊地亜美の女子力向上委員会レギュラー
代表作品2年2014
代表作品2フジテレビおーい!ひろいき村
代表作品3年2016
代表作品3ラジオ日本『1ami9』
職種タレント俳優女優
好きなスポーツバレーボール
趣味・特技ショッピング/話す事/メイク/ネイル/バレーボール/ピアノ

» タレントデータバンクはこちら

菊地亜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/18 14:03 UTC 版)

菊地 亜美(きくち あみ、1990年9月5日 - )は、日本の女性バラエティタレントモデル、女性アイドルグループ・アイドリング!!!の元メンバー。北海道北見市出身[2]レプロエンタテインメント所属[3]




注釈

  1. ^ 北見柏陽高校では芸能活動が禁止されており、学校側と話し合うも芸能活動は学校の長期休暇中しか認められなかったため、1年生の2月に日出高校の編入試験を受け、4月から転校[要出典]
  2. ^ 雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)企画の「B.L.TRAVELファンイベントバスツアー」がきっかけで結成されたが、後に自然消滅した[要出典]
  3. ^ ファンクラブ内で菊地は「社長」という設定になっている[20]
  4. ^ パイセンとは業界用語で「先輩」の意[要出典]
  5. ^ 寮では松本夏空などと一緒に生活をしていた[要出典]
  6. ^ カップリング曲を含むと19枚[要出典]
  7. ^ ROSARIO+CROSSのイベント物販やイケヤ MARK IS 静岡店での1,000枚限定販売

出典

  1. ^ ダイエット企画で体重とウエストを暴露されたアイドリング!!!・菊地亜美”. メンズサイゾー. サイゾー (2013年2月18日). 2014年8月3日閲覧。
  2. ^ a b 菊池亜美 出身地、北海道が全国最高気温でビックリ”. アメーバニュース. CyberAgent (2014年6月4日). 2014年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 菊地亜美”. レプロエンタテインメント. レプロエンタテインメント (2015年12月22日). 2016年10月1日閲覧。
  4. ^ a b “ブレイク中のアイドリング!!!16号・菊地亜美が実は巨乳だったりする…”. リアルライブ (フェイツ). (2013年11月6日). http://npn.co.jp/article/detail/60381499/ 2016年11月6日閲覧。 
  5. ^ 真紀和泉 (2015年12月22日). “【エンタがビタミン♪】菊地亜美の“裸眼”姿がまるで別人「外には絶対出れない」”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2015/12/kikuchiami-ragan-betujin-21.html 2015年12月22日閲覧。 
  6. ^ DVD「月刊アイドリング!!!11月号」
  7. ^ “貞淑美女タレントの性白書 新井恵理那、宇垣美里、宮司愛海、北乃きい モーニング女子アナの“朝勃ち”エロス(3)”. 週刊実話 (ニフティ). (2016年7月18日). https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/jitsuwa-11255/ 2016年7月18日閲覧。 
  8. ^ “アイドリング!!!・菊地亜美、ブレイクの黒幕はアノ“消えた”芸能人!?”. サイゾーウーマン (サイゾー). (2013年12月2日). https://www.cyzowoman.com/2013/12/post_10622.html 2016年12月2日閲覧。 
  9. ^ a b “1stDVDを発売した『アイドリング!!!』16号・菊地亜美のデビューのきっかけは?”. ORICON STYLE (oricon ME). (2008年7月25日). http://www.oricon.co.jp/news/56698/full/ 2016年7月25日閲覧。 
  10. ^ “アイドリング!!!16号・菊地亜美、ヤバい料理シーンがDVDに「カットなし」で収録”. ORICON STYLE (oricon ME). (2009年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/69407/full/ 2016年9月28日閲覧。 
  11. ^ a b 菊地亜美の 1ami9”. AM1422kHz ラジオ日本. ラジオ日本 (2016年). 2016年1月6日閲覧。
  12. ^ 菊地亜美『菊地亜美です!!!』竹書房、2009年12月18日、DVD。ASIN B002UVJS2S
  13. ^ “アイドリング!!!16号・菊地亜美は新メンバーの加入に焦っている!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2010年3月24日). http://thetv.jp/news_detail/13553/ 2016年3月24日閲覧。 
  14. ^ a b “完全アドリブ収録で、菊地亜美がリアルにテンパった!!”. ASCII.jp (KADOKAWA). (2010年8月17日). https://ascii.jp/elem/000/000/547/547736/ 2016年8月17日閲覧。 
  15. ^ “バラエティタレントの新勢力“菊地亜美”って何者だ?”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2011年11月30日). http://getnews.jp/archives/154796 2016年1月30日閲覧。 
  16. ^ “アイドリング!!!あみみ初写真集でウエディングドレス姿披露”. ナタリー (ナターシャ). (2012年1月17日). http://natalie.mu/music/news/62800 2016年1月17日閲覧。 
  17. ^ アイドリング!!!菊地亜美、人気雑誌のメインモデルに起用”. モデルプレス (2012年11月24日). 2016年5月11日閲覧。
  18. ^ “アイドリング!!! 菊地亜美 故郷・北海道北見市の観光大使に就任! 地元愛見せた”. News Lounge (モバイルメディアプロダクション). (2014年10月19日). http://newslounge.net/archives/148403 2016年10月9日閲覧。 
  19. ^ “菊地亜美 女性タレント・バラエティ出演本数6位に感激”. アメーバニュース (CyberAgent). (2013年12月16日). http://news.ameba.jp/20131216-244/ 2015年12月16日閲覧。 
  20. ^ a b 会社概要”. 株式会社キクチ. LesPros Entertainment (2013年). 2016年1月11日閲覧。
  21. ^ “NHKでタイプいろいろコント番組 サンド富澤、バイきんぐ小峠らも参戦”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年5月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2024953/full/ 2013年5月25日閲覧。 
  22. ^ a b “【Kawaii girl Japan】『※写真はイメージです』。菊地亜美“ぶっちゃけ告白本”発売”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2013年9月27日). https://www.barks.jp/news/?id=1000094792 2014年5月19日閲覧。 
  23. ^ a b “菊地亜美、ファンとの「社員旅行」で意外な経歴をカミングアウト”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年5月19日). https://www.barks.jp/news/?id=1000103627 2014年5月19日閲覧。 
  24. ^ “アイドリング!!! 菊地亜美、ぶっちゃけ告白でテレビ出演がNGに?”. モデルプレス (モデルプレス). (2013年9月27日). https://mdpr.jp/news/detail/1282359 2013年9月27日閲覧。 
  25. ^ 深夜テレビ探検隊”. J-CASTニュース (2014年10月12日). 2016年5月11日閲覧。
  26. ^ 菊地亜美 念願叶いネット番組『芸人同棲』の新MCに抜擢”. GirlsNews (2013年12月31日). 2016年5月11日閲覧。
  27. ^ a b マックハウス公式ページ”. 2016年5月11日閲覧。[出典無効]
  28. ^ アイドリング!!!菊地亜美 新番組「キリウリ$アイドル」メインMCに”. ニュースラウンジ (2014年3月30日). 2016年5月11日閲覧。
  29. ^ 菊地亜美、初の冠番組4・19スタート”. スポニチアネックス (2014年3月19日). 2016年5月11日閲覧。
  30. ^ a b 菊地亜美、アイドリング!!!からの卒業を発表”. BARKS Kawaii (2014年8月3日). 2016年5月11日閲覧。
  31. ^ a b c 菊地亜美 故郷・北海道北見市の観光大使に就任! 地元愛見せた”. ニュースラウンジ (2014年12月19日). 2016年5月11日閲覧。
  32. ^ アイドリング!!! 菊地亜美卒業公演で「Yahoo!ニュースに載りたい」”. エンタメNEXT (2014年11月25日). 2016年5月11日閲覧。
  33. ^ a b 菊地亜美、スローダイエットで夏から約9キロ減量成功! 夢は大きく「モデルとかグラビアやりたい」”. ニュースラウンジ (2014年12月2日). 2016年5月11日閲覧。
  34. ^ a b 菊地亜美プロデュース1dayカラコン【Toujours】ついに発売!!1月16日販売スタート”. PR TIMES (2015年1月9日). 2016年5月11日閲覧。
  35. ^ 芹那・菊地亜美らシンクロに挑戦! 手島優は1年ぶりの水着姿でグラビアポーズ”. マイナビニュース (2014年12月9日). 2016年5月11日閲覧。
  36. ^ チーム競技 一般Bの部 (PDF)”. 東京辰巳国際水泳場 (2015年3月15日). 2016年5月11日閲覧。
  37. ^ 菊地亜美、新番組でMCに挑戦 前園真聖とタッグで“女子力”向上目指す”. モデルプレス (2015年4月1日). 2016年5月11日閲覧。
  38. ^ 菊地亜美、GEM伊山摩穂の卒業を大胆予測”. 日テレNEWS24 (2015年5月24日). 2016年5月11日閲覧。
  39. ^ 菊地亜美×ラジオ日本のアイドルイベント「1ami9LIVE!」がついにスタート”. GirlsNews (2015年5月26日). 2016年5月11日閲覧。
  40. ^ 菊地亜美が殺された?「事件を解決しに来て」初の試みに挑戦”. モデルプレス (2015年6月30日). 2016年5月11日閲覧。
  41. ^ a b 10月25日「後夜祭トークショー」の出演アーティストが「菊地亜美」さんに決定!”. 名古屋商科大学. 名古屋商科大学 (2016年10月5日). 2016年10月5日閲覧。
  42. ^ 輝裸女会”. AMO'S STYLE. 2016年5月11日閲覧。
  43. ^ a b 県人祭 “百聞は一県に如かず” 5/10(火)から4日間”. 亜細亜大学・亜細亜大学短期大学部. 亜細亜大学 (2016年5月6日). 2016年5月6日閲覧。
  44. ^ a b “菊地亜美が5歳年上の一般男性と結婚!かねて交際「何があっても夫婦で手を取り合い」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/01/kiji/20180201s00041000088000c.html 2018年2月1日閲覧。 
  45. ^ 北見観光大使”. Ami's garage (2014年10月19日). 2016年5月11日閲覧。
  46. ^ TEPPEN2013”. TVでた蔵. フジテレビ (2013年1月5日). 2016年5月11日閲覧。
  47. ^ 菊地亜美 (2008年12月26日). “長いよ?。もはやブログじゃないです日記です☆”. あみみ参上!! 菊地亜美オフィシャルブログ. yaplog!. 2016年9月26日閲覧。
  48. ^ 真紀和泉 (2016年1月24日). “【エンタがビタミン♪】菊地亜美、若槻千夏を絶賛「コメントとか凄い」”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2016/01/kikuchiami-wakatukichinatu-23.html 2016年1月24日閲覧。 
  49. ^ 『月刊アイドリング!!!10月号』。[要ページ番号]
  50. ^ 根岸奈央 (2015年5月15日). “山里亮太が菊地亜美のプロ根性を絶賛”. Tech insight. メディアプロダクツジャパン. 2016年5月11日閲覧。
  51. ^ 菊地亜美 2014年11月4日の発言2016年5月11日閲覧。
  52. ^ 菊地亜美 2015年3月12日の発言2016年5月11日閲覧。
  53. ^ “アイドリング!!!11号森田涼花が卒業ライブ「青春時代はアイドリング!!!で過ごしました”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年6月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2012408/full/ 2012年6月1日閲覧。 
  54. ^ 佐藤勇馬 (2014年1月21日). “ガチか、プロレスか? 『ジェネレーション天国』菊地亜美と泉ピン子のバトルで物議”. メンズサイゾー (サイゾー). http://www.menscyzo.com/2014/01/post_7139.html 2014年1月21日閲覧。 
  55. ^ “ベイビーレイズの傳谷英里香、待望の1st写真集が電子書籍で登場!” (プレスリリース), ValuePress!, (2014年6月24日), https://www.value-press.com/pressrelease/127423 2014年6月24日閲覧。 
  56. ^ “「菊地亜美の1ami9」が横浜マラソン前夜祭に登場! ゲストのベビレがマラソンに意欲!”. GirlsNews (レゾリューション). (2015年3月14日). https://girlsnews.tv/unit/209565 2016年10月1日閲覧。 
  57. ^ きたみ観光大使”. 北見市観光振興室観光振興課 (2014年10月9日). 2015年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月11日閲覧。
  58. ^ 家族”. Ami's garage (2014年12月1日). 2016年5月11日閲覧。
  59. ^ “菊地亜美には真似できない? 元アイドリング大川藍のお風呂シーンが放送事故レベル”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年9月19日). http://www.asagei.com/excerpt/66320 2016年9月19日閲覧。 
  60. ^ “菊地亜美、島田洋七からAKB横山由衣へのタブー質問に悲鳴”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160718-OHT1T50294.html 2016年7月18日閲覧。 
  61. ^ 『菊地亜美オフィシャルBOOK ※写真はイメージです』主婦の友社、2013年10月30日、38,77。ISBN 4072915467
  62. ^ アイドリング!!!地上波版♯98”. TVでた蔵. 2016年5月11日閲覧。
  63. ^ 菊地亜美、アイドリング!!!で初のセンター抜擢に歓喜”. RBBtoday (2013年11月13日). 2016年5月11日閲覧。
  64. ^ a b 菊地亜美 アイドリング!!!への愛が詰まった不眠不休の卒業ライブ”. GirlsNews (2014年11月29日). 2016年5月11日閲覧。
  65. ^ アイドリング!!! 菊地亜美 泣き笑いの卒業ライブ”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年11月25日). 2016年5月11日閲覧。
  66. ^ “卒業”菊地亜美、両立苦労を告白”. オリコンスタイル (2014年8月5日). 2016年5月11日閲覧。
  67. ^ Twitter - 長野せりなの発言”. 2014年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月5日閲覧。
  68. ^ あみみ”. Healing space. 2014年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月10日閲覧。
  69. ^ アイドリング!!! チームインタビュー 〜森ディレクター 編〜”. 2.5D. 2016年5月11日閲覧。
  70. ^ 菊地亜美の最後の1日に完全密着、フジテレビほかで30時間ドキュメント”. 音楽ナタリー (2014年11月9日). 2016年5月11日閲覧。
  71. ^ アイドリング!!!地上波版♯175”. TVでた蔵. 2016年5月11日閲覧。
  72. ^ 菊地亜美、涙でアイドリング!!! 卒業 バカリズムも急遽駆けつけ祝福”. モデルプレス. ネットネイティブ (2014年11月25日). 2016年5月11日閲覧。
  73. ^ “ベイビーレイズ TBS「ライブB♪」に出演決定!”. BIGLOBE (BIGLOBE). (2012年9月11日). http://news.music.biglobe.ne.jp/201209/article_24.html 2012年9月11日閲覧。 
  74. ^ “アンジャッシュ児嶋が菊地亜美らとバッキン隊結成、「ノリで」CDデビュー”. お笑いナタリー. (2017年11月26日). https://natalie.mu/owarai/news/258324 2018年2月13日閲覧。 
  75. ^ 『ホタルノヒカリ2』バップ、2010年11月26日、DVD-BOX。ASIN B003U6PNVC
  76. ^ 第9話”. 新・警視庁捜査一課9係. テレビ朝日 (2011年8月24日). 2016年8月24日閲覧。
  77. ^ 第6話「ニセ、アイドル道士現る!?”. 好好! キョンシーガール. テレビ東京 (2012年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  78. ^ “菊地亜美が黒髪議員に!「レンタル救世主」7話で“政界デビュー””. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年11月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161112/geo16111205020008-n1.html 2016年11月12日閲覧。 
  79. ^ アイドリング!!!・菊地亜美:アニメ「もやしもん リターンズ」で声優初挑戦”. MANTANWEB. MANTAN (2012年6月27日). 2012年6月27日閲覧。
  80. ^ 菊地亜美ちゃんがガールズケイリンコレクション2015京王閣ステージを応援します!、KEIRIN.JP、2015年3月20日。
  81. ^ “菊地亜美の最後の1日に完全密着、フジテレビほかで30時間ドキュメント”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月9日). http://natalie.mu/music/news/130824 2014年11月9日閲覧。 
  82. ^ “菊地亜美、新番組でMCに挑戦 前園真聖とタッグで“女子力”向上目指す”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年4月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1477968 2015年4月1日閲覧。 
  83. ^ 菊地亜美 (2010年2月19日). “News!371〜1年間終わり!!”. あみみ参上!! 菊地亜美オフィシャルブログ. yaplog!. 2010年2月19日閲覧。
  84. ^ “ファンと交流〜うきうき×そらあみアワーコラボ祭り”. GirlsNews (レゾリューション). (2010年5月31日). https://www.girlsnews.tv/dvd/2811 2010年5月31日閲覧。 
  85. ^ “バラエティタレントの新勢力“菊地亜美”って何者だ?”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2011年11月30日). http://getnews.jp/archives/154796 2011年11月30日閲覧。 
  86. ^ “「七人のコント侍」菊地亜美6人の芸人と初コントに挑戦”. ナタリー (ナターシャ). (2013年7月24日). http://natalie.mu/owarai/news/95528 2013年7月24日閲覧。 
  87. ^ “明日7期「コント侍」全員参加ネタでスタート”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月31日). http://natalie.mu/owarai/news/122488 2014年7月31日閲覧。 
  88. ^ “アイドリング!!!菊地亜美 新番組「キリウリ$アイドル」メインMCに!「自分らしく試行錯誤」”. News Lounge (モバイルメディアプロダクション). (2014年3月30日). http://newslounge.net/archives/121109 2014年3月30日閲覧。 
    “菊地亜美のとあるエピソードも明かされた!? 枕営業、元ヤン…アイドルが私生活を暴露する番組が最終回に”. おたぽる (サイゾー). (2014年9月25日). https://otapol.jp/2014/09/post-1648_entry.html 2014年9月25日閲覧。 
  89. ^ “「いい仕事できた」オリラジがしくじり先生に”. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月17日). http://natalie.mu/owarai/news/126306 2014年9月17日閲覧。 
  90. ^ “オリラジ中田が熱弁「なりたくてなる天狗はいない」 『しくじり先生』の、成功するための教科書”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2014年10月10日). http://www.cyzo.com/2014/10/post_19004_entry.html 2014年10月10日閲覧。 
  91. ^ “芹那・菊地亜美らシンクロに挑戦! 手島優は1年ぶりの水着姿でグラビアポーズ”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年12月9日). http://news.mynavi.jp/news/2014/12/09/091/ 2014年12月9日閲覧。 
  92. ^ “アンジャ児嶋の新番組が明日スタート、収録後も菊地亜美からイジられる”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月7日). http://natalie.mu/owarai/news/204659 2016年10月11日閲覧。 
  93. ^ “菊地亜美のぽっちゃりおなかに大反響”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2014年2月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0060338 2014年2月6日閲覧。 
  94. ^ オールナイトニッポンモバイル ─携帯電話で聴く新時代のオールナイトニッポン─”. オールナイトニッポン.com. ニッポン放送 (2011年8月12日). 2016年8月12日閲覧。
  95. ^ 平成28年5月の特集番組一覧”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2016年5月). 2016年5月20日閲覧。
  96. ^ あみみ (2015年7月4日). “auおとくちゃんシリーズ♡”. 菊地亜美オフィシャルブログ「Ami's garage」. CyberAgent. 2015年7月4日閲覧。
  97. ^ “赤裸々ガールズトーク番組『輝裸女会』(-キラジョカイ-)3人のオトナ女子、YOU・浅見れいな・菊地亜美出演!” (プレスリリース), PR TIMES, (2016年1月28日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000017334.html 2016年1月28日閲覧。 
  98. ^ 『あら-1グランプリ』初代王者にバターぬりえ”. ORCON NEWS (2013年8月31日). 2018年5月7日閲覧。
  99. ^ “ライセンスMC「芸人同棲」に番組ファン菊地亜美が加入”. ナタリー (ナターシャ). (2013年12月31日). http://natalie.mu/owarai/news/106780 2013年12月31日閲覧。 
  100. ^ ぶらり路上プロレス@rojoprowrestle”. twitter (2017年1月1日). 2017年2月16日閲覧。
  101. ^ 『あらびき団~四天王編~』第1回ですでに想像の斜め上をいく粗さが続出”. プラスパラビ (2018年5月3日). 2018年5月7日閲覧。
  102. ^ アベマ大縁日〜人気番組勢ぞろい!神宮花火大会生中継で豪華プレゼント大放出SP〜 | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年8月11日閲覧。
  103. ^ 菊地亜美、金爆・喜矢武豊とそっくりメイクに反響”. モデルプレス. ネットネイティブ (2015年5月14日). 2016年5月11日閲覧。
  104. ^ “菊地亜美、笑いと涙のアイドリング!!!卒業公演で“SMAP超えた”メドレーも”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月25日). http://natalie.mu/music/news/132121 2015年11月25日閲覧。 
  105. ^ 菊地亜美『Angel Kiss〜スマイルパラダイス〜』DVD発売記念イベント”. ソフマップ. ソフマップ (2008年). 2016年7月26日閲覧。
  106. ^ iFLYER: GIRLS×BEAT×SUMMER 2009 @ 新宿シアターサンモール, 東京都”. iFLYER. iFLYER (2009年). 2016年8月1日閲覧。
  107. ^ 【イベント】菊地亜美『Angel Kiss〜あみみのスマイルパーティー〜』DVD発売記念イベント”. ソフマップ. ソフマップ (2009年). 2016年9月27日閲覧。
  108. ^ “菊地亜美は黒とヒョウ柄のミニスカ姿で…”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2010年1月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100109-584135.html 2016年10月9日閲覧。 
  109. ^ a b “菊地亜美、ギャル風の派手な格好のカードがお気に入り”. アイトピックス! (アスカインターナショナル). (2010年1月30日). http://itopix.jp/2010_02/ami_kikuchi/ 2016年1月30日閲覧。 
  110. ^ 【イベント】菊地亜美『ami4you』DVD発売記念イベント”. ソフマップ. ソフマップ (2010年). 2016年3月20日閲覧。
  111. ^ “うきうき×そらあみコラボ祭りを大川藍がレポート!”. GirlsNews (レゾリューション). (2010年5月28日). https://www.girlsnews.tv/dvd/2790 2016年5月28日閲覧。 
  112. ^ 【イベント】菊地亜美『マジカル☆スイッチ』DVD発売記念イベント”. ソフマップ. ソフマップ (2010年). 2016年8月14日閲覧。
  113. ^ “菊地亜美、たわわな美乳惜しみなくみせます!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年2月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/120203/gnj1202030503007-n1.htm 2016年2月11日閲覧。 
  114. ^ 菊地亜美1st写真集「ami-ing」発売記念イベント詳細決定!”. B.L.T.net. 東京ニュース通信社 (2012年1月17日). 2016年1月17日閲覧。
  115. ^ 菊地亜美 (2012年9月27日). “仕事向かい中(*^^*)♥ 明日は上大岡の京急百貨店にて14時から、 大北海道展 北見市観光PRイベントのトークショーに出ます\(^o^)/!! Retweetお願いしまーす♡♥”. @lespros_ami. Twitter. 2016年9月27日閲覧。
  116. ^ 広報きたみ 2012年12月号 まちの話題 (PDF)”. 北見市. 北見市 (2012年12月). 2016年10月1日閲覧。
  117. ^ a b 真紀和泉 (2014年1月14日). “【エンタがビタミン♪】菊地亜美『第二回株主総会』に嗣永桃子からお花が届く。「おとももちの“ももち”より」”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2014/01/kikuchiami-kabunusisoukai2-momochi20140111.html 2016年1月14日閲覧。 
  118. ^ 菊地亜美が“ガチ”でお見合い 候補者3人も交際成立せず”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年4月4日). 2016年5月11日閲覧。
  119. ^ 【イベント】菊地亜美『かのじょ?』DVD発売記念イベント”. ソフマップ. ソフマップ (2013年). 2016年10月6日閲覧。
  120. ^ 広報室(最新情報)”. 株式会社キクチ. LesPros Entertainment (2013年10月17日). 2016年10月7日閲覧。
  121. ^ “菊地亜美、滑舌変わらず再手術検討「もう1回切りたい」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2035621/full/ 2016年3月26日閲覧。 
  122. ^ 菊地亜美 発売記念握手会イベント(8月24日開催)”. トレカ通販. www.tic.jp (2014年8月24日). 2016年8月24日閲覧。
  123. ^ a b 伊藤園がLive Idol Tokyo 2015を開催”. ASCII. KADOKAWA (2015年1月29日). 2016年5月11日閲覧。
  124. ^ a b “カナヅチ克服の菊地亜美、ハワイで「マリンスポーツしたい」 運動神経抜群の本田紗来に嫉妬?”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2052608/full/ 2016年5月11日閲覧。 
  125. ^ 菊地亜美、沖縄好きすぎて現地一般男性に交際迫るも断られ「みんなの前で弄ばれたよ!」”. ニュースラウンジ (2015年5月28日). 2016年5月11日閲覧。
  126. ^ ∞ホール女帝・横澤夏子の“売れ活”始動、菊地亜美がテレビに映る策伝授”. ナタリー. ナターシャ (2015年6月7日). 2016年5月11日閲覧。
  127. ^ “我が家が6年ぶりに単独ライブ開催「観に来ないなんて言わせね〜よ!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月4日). http://natalie.mu/owarai/news/149365 2015年6月4日閲覧。 
  128. ^ 菊地亜美 プライベートで夏を楽しみたい”. リアルライブ. フェイツ (2015年7月20日). 2016年5月11日閲覧。
  129. ^ “「TOKYO IDOL FESTIVAL」来年も絶対開催宣言!”. ドワンゴジェイピーnews (DWANGO). (2015年8月2日). http://news.dwango.jp/2015/08/02/24149/idol/ 2016年8月2日閲覧。 
  130. ^ HAPPY BRIDAL FESTA@千葉にゲスト出演!”. レプロエンタテインメント. レプロエンタテインメント (2015年8月9日). 2015年8月9日閲覧。
  131. ^ ひろしまライフスタイル博2015 出演情報”. レプロエンタテインメント. レプロエンタテインメント (2015年8月29日). 2015年8月29日閲覧。
  132. ^ “菊地亜美が殺害された!?……犯人を捜し出す体験型ファンイベント開催へ”. RBB TODAY (イード). (2015年6月30日). http://www.rbbtoday.com/article/2015/06/30/132804.html 2015年6月30日閲覧。 
  133. ^ 菊地亜美”. AGESTOCK実行委員会 団体公式サイト. AGESTOCK2016実行委員会 (2015年). 2016年10月1日閲覧。
  134. ^ 小林勝則 (2015年11月26日). “オンリーワン〜夢にむかって〜 (PDF)”. 北見市立高栄中学校だより 第62号. 北見市立高栄中学校. 2016年10月1日閲覧。
  135. ^ 電気通信大学 第65回調布祭ゲスト出演決定!”. レプロエンタテインメント. レプロエンタテインメント (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  136. ^ 第3回 東京理科大葛飾地区理大祭ゲスト出演決定☆”. レプロエンタテインメント. レプロエンタテインメント (2015年11月22日). 2015年11月22日閲覧。
  137. ^ 菊地亜美 (2016年1月10日). “実は…トレンディエンジェルさんの単独ライブ、ツルツル超会議4にゲストで呼んで頂きました☺️💕 トレンディエンジェルさんとは何気に10代の頃からお仕事させてもらったりしてたから嬉しいです🙋✨ 楽しかったーー🙋❤️”. @lespros_ami. Twitter. 2016年1月10日閲覧。
  138. ^ いっちゃんムチュー春まつり2016/日本海テレビ”. 日本海テレビ. 日本海テレビ (2016年). 2016年10月10日閲覧。
  139. ^ 菊地亜美『※写真はイメージです』主婦の友社、2013年10月30日、1-112頁。ISBN 978-4-07-291530-1
  140. ^ “アイドリング!!! 菊地亜美、人気雑誌のメインモデルに起用”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年11月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1212270 2012年11月24日閲覧。 
  141. ^ 菊地亜美 (2014年12月1日). “このたびベジーデルのイメージモデルになりました! 密かにダイエット成功しました! 😂✨ 今発売中の雑誌Rayでも特集して下さってます(≧∇≦) 詳しくはブログを見てください…♪”. @lespros_ami. Twitter. 2015年12月1日閲覧。
  142. ^ 菊地亜美『ami-ing』273号、小池伸一郎、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2012年2月9日。ISBN 978-4-86336-196-6
  143. ^ 女の子を撮ろう! よくわかるポートレートレッスン』玄光社〈玄光社MOOK〉、2010年5月19日。ISBN 978-4-7683-0309-2
  144. ^ “アイドリング!!! 菊地亜美 新作トレカは水着だけじゃなく社長っぽい衣装も!”. GirlsNews (レゾリューション). (2014年8月11日). https://girlsnews.tv/gravure/172757 2015年8月11日閲覧。 


「菊地亜美」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菊地亜美」の関連用語

菊地亜美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菊地亜美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菊地亜美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS