YouTubeとは?

YouTube

読み方ユーチューブ
別名:ようつべ

YouTubeとは、2005年12月に提供が開始された動画共有サイトの名称である。オンライン動画配信サービス先駆として知られている。

YouTubeでは、ユーザー自分撮影した動画Web上にアップロードし、他のユーザー共有することができる。アップロードされたムービーファイルはFlash形式FLVファイル)に変換され、PC環境を選ばずにWebブラウザ閲覧できるようになっている

YouTubeでは各動画に付けられたタグ呼ばれるメタデータによって、キーワード検索が可能になっているまた、ユーザー動画対す評価コメント追加できるようになっている他、動画ブログWebサイトなどで再生するためのAPIなども、早期から提供されている。これらの特徴により、YouTubeはWeb2.0的な動画配信サービス代表的存在として認識されるに至っている。

YouTubeは米国のYouTube, Inc.によって2005年開始され、登場直後爆発的人気を得た。公開から一年あまりで、1日当たりのPV数が1億突破したとも言われている。2006年11月には、YouTube, Inc.Googleによって買収され、大きな話題となった。2007年現在、YouTubeは「YouTube」ブランドのままGoogleによって提供されている。なお、2007年6月にはYouTubeの日本語サービスが正式に開始された。

ちなみに、YouTubeのような動画共有サイトとしては、MetacafeGoogle VideoYahoo! Videoなどがある。


参照リンク
YouTube - (英語)
YouTube - (日本語
Press Releases - YouTube Uploads $8M in Funding - (英語)

YouTube

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 02:18 UTC 版)

YouTubeユーチューブは、 Google LLCが提供する[3]世界最大の動画共有サービス。Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管テレビ)」という意味である[4]




注釈

  1. ^ ちなみに、YouTubeは買収前にGoogle AdSenseの広告を利用していた
  2. ^ 一部のスポンサーはCMを一定時間映してからスキップして本編を見ることができる
  3. ^ 詳細は談志・陳平の言いたい放だいを参照

出典

  1. ^ youtube.com Site Overview”. 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ https://plus.google.com/+YouTube/posts/jo2GaaVwNKJ?pid=6137317270459420610&oid=115229808208707341778
  3. ^ a b Terms of Service - YouTube”. www.youtube.com. 2020年3月11日閲覧。
  4. ^ 鳥羽賢 (2006年11月25日). “知らないと困るYouTubeの歩き方”. All About. 2011年4月10日閲覧。
  5. ^ Graham, Jefferson (2005年11月21日). “Video websites pop up, invite postings”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/techinnovations/2005-11-21-video-websites_x.htm 2006年7月28日閲覧。 
  6. ^ YouTube: Sharing Digital Camera Videos”. University of Illinois at Urbana-Champaign. 2009年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月29日閲覧。
  7. ^ a b Cloud, John (2006年12月25日). “The YouTube Gurus”. Time. 2017年3月26日閲覧。
  8. ^ Hopkins, Jim (2006年10月11日). “Surprise! There's a third YouTube co-founder”. USA Today. Gannett Company. 2017年3月26日閲覧。
  9. ^ Venture Firm Shares a YouTube Jackpot”. The New York Times (2006年10月10日). 2017年3月26日閲覧。
  10. ^ Kehaulani Goo, Sara (2006年10月7日). “Ready for Its Close-Up”. The Washington Post. Nash Holdings LLC. 2017年3月26日閲覧。
  11. ^ Whois Record for www.youtube.com”. DomainTools. 2009年4月1日閲覧。
  12. ^ Earliest surviving version of the YouTube website Wayback Machine, April 28, 2005. Retrieved June 19, 2013.
  13. ^ Alleyne, Richard (2008年7月31日). “YouTube: Overnight success has sparked a backlash”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. 2017年3月26日閲覧。
  14. ^ Me at the zoo”. YouTube (2005年4月23日). 2009年8月3日閲覧。
  15. ^ Ronaldinho: Touch of Gold – YouTube”. Wayback Machine (2005年11月25日). 2017年1月1日閲覧。
  16. ^ Most Viewed – YouTube”. Wayback Machine (2005年11月2日). 2017年1月1日閲覧。
  17. ^ Business Search - Business Entities - Business Programs(YOUTUBE, INC.)”. California Secretary of State. 2020年3月11日閲覧。
  18. ^ YouTube Inc”. www.bloomberg.com. 2020年3月11日閲覧。
  19. ^ YouTube: a history”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group (2010年4月17日). 2017年3月26日閲覧。
  20. ^ Dickey, Megan Rose (2013年2月15日). “The 22 Key Turning Points in the History of YouTube”. Business Insider. Axel Springer SE. 2017年3月25日閲覧。
  21. ^ YouTube serves up 100 million videos a day online”. USA Today. Gannett Company (2006年7月16日). 2017年3月26日閲覧。
  22. ^ Google、YouTube買収で合意 - 総額16億5000万ドル、MYCOMジャーナル、2006年10月10日
  23. ^ 「YouTube」日本から212万人が訪問、平均利用時間は米ユーザーを上回る”. internet.watch.impress.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  24. ^ Marketers are into YouTube、USATODAY.com、2006年4月17日
  25. ^ The revolution wasn't televised: The early days of YouTube”. Mashable (2015年2月15日). 2018年7月4日閲覧。
  26. ^ Zappone, Christian (2006年10月12日). “Help! YouTube is killing my business!”. CNN. http://money.cnn.com/2006/10/12/news/companies/utube/index.htm 2008年11月29日閲覧。 
  27. ^ Blakely, Rhys (2006年11月2日). “Utube sues YouTube”. The Times (London). http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/media/article623050.ece 2008年11月29日閲覧。 
  28. ^ Your Tube, Whose Dime?、Forbes.com、2006年4月28日
  29. ^ GoogleYouTubeを16億5000万ドルで買収」ITmedia、2006年10月10日
  30. ^ Arrington, Michael (2006年11月13日). “Google Closes YouTube Acquisition”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  31. ^ Google closes $A2b YouTube deal”. The Age. Fairfax Media (2006年11月14日). 2007年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月26日閲覧。
  32. ^ Business Search - Business Entities - Business Programs(YOUTUBE, LLC)”. California Secretary of State. 2020年3月11日閲覧。
  33. ^ YouTube LLC”. www.bloomberg.com. 2020年3月11日閲覧。
  34. ^ A Message From Chad and Steve - YouTube(Google買収に対するチャド・ハーリーCEOとスティーブのコメント)
  35. ^ YouTubeTime誌の「Invention of the Year」にITmedia、2006年11月6日
  36. ^ YouTube、"史上最速"で利用者 1000 万人に到達”. ニールセン デジタル株式会社. 2020年2月24日閲覧。
  37. ^ YouTube co-founders among Webby winners、MSNBC.com、2007年5月1日
  38. ^ Carter, Lewis (2008年4月7日). “Web could collapse as video demand soars”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. 2017年3月26日閲覧。
  39. ^ youtube.com Traffic Statistics”. Alexa Internet. Amazon.com (2017年7月9日). 2018年1月20日閲覧。
  40. ^ Youtube.com Analytics”. SimilarWeb. 2015年6月29日閲覧。
  41. ^ Top 50 sites in the world for Arts And Entertainment > TV And Video”. SimilarWeb. 2015年6月29日閲覧。
  42. ^ comScore Releases May 2010 U.S. Online Video Rankings”. comScore. 2010年6月27日閲覧。
  43. ^ a b c Oreskovic, Alexei (2012年1月23日). “Exclusive: YouTube hits 4 billion daily video views”. Reuters. Thomson Reuters. 2017年3月26日閲覧。
  44. ^ Welch, Chris (2013年5月19日). “YouTube users now upload 100 hours of video every minute”. The Verge. Vox Media. 2017年3月26日閲覧。
  45. ^ Russell, Jon (2013年5月19日). “YouTube reveals users now upload more than 100 hours of video per minute, as the site turns eight”. The Next Web. 2017年3月26日閲覧。
  46. ^ E. Solsman, Joan (2014年11月12日). “YouTube's Music Key: Can paid streaming finally hook the masses?”. CNET. CBS Interactive. 2017年3月25日閲覧。
  47. ^ Hamedy, Saba (2017年2月28日). “People now spend 1 billion hours watching YouTube every day”. Mashable. 2017年3月26日閲覧。
  48. ^ Bates, Daniel (2017年3月1日). “YouTube users watch more than a BILLION hours of footage every day … and is set to overtake TV viewing”. The Sun. News UK. 2017年3月26日閲覧。
  49. ^ Seabrook, John (2012年1月16日). “Streaming Dreams”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/reporting/2012/01/16/120116fa_fact_seabrook?currentPage=all 2012年1月6日閲覧。 
  50. ^ Sweney, Mark (2010年1月20日). “Cricket: IPL goes global with live online deal”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/media/2010/jan/20/youtube-live-indian-premier-league Feburary 6, 2010閲覧。 
  51. ^ Parr, Ben (2010年5月17日). “YouTube Surpasses Two Billion Video Views Daily”. Mashable. 2017年3月26日閲覧。
  52. ^ Kincaid, Jason (2010年5月16日). “Five Years In, YouTube Is Now Streaming Two Billion Views Per Day”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  53. ^ Barnett, Emma (2010年5月17日). “YouTube hits two billion views a day”. The Guardian. Guardian Media Group. 2017年3月26日閲覧。
  54. ^ O'Neill, Megan (2011年5月25日). “YouTube Celebrates Its 6th Birthday With 3 Billion Daily Views”. Adweek. Beringer Capital. 2017年3月26日閲覧。
  55. ^ Bryant, Martin (2011年5月25日). “YouTube hits 3 Billion views per day, 2 DAYS worth of video uploaded every minute”. The Next Web. 2017年3月26日閲覧。
  56. ^ YouTube moves past 3 billion views a day”. CNET. CBS Interactive (2011年5月25日). 2017年3月26日閲覧。
  57. ^ Perez, Sarah (2012年1月23日). “YouTube Reaches 4 Billion Views Per Day”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  58. ^ McCormick, Rich (2017年2月27日). “Humans watch a billion hours of YouTube every single day”. The Verge. Vox Media. 2017年3月26日閲覧。
  59. ^ Lumb, David (2017年2月27日). “One billion hours of YouTube are watched every day”. Engadget. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  60. ^ Broussard, Mitchel (2017年2月28日). “YouTube Users Watch More Than 1 Billion Hours of Video a Day, Will Soon Outpace U.S. TV”. MacRumors. 2017年3月26日閲覧。
  61. ^ “Hurley stepping down as YouTube chief executive”. AFP. (2010年10月29日). https://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5ggtnJSISuXoPHgxu6HwPJJqVTT6g?docId=CNG.f7ff59e3829714d23524d35ed1afdd63.921 2010年10月30日閲覧。 
  62. ^ Whitelaw, Ben (2011年4月20日). “Almost all YouTube views come from just 30% of films”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. 2017年3月26日閲覧。
  63. ^ “YouTubeがユーザーインターフェイスを一新 -トップページデザインやSNS連携など”. AV Watch. (2011年12月2日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/495528.html 2018年7月4日閲覧。 
  64. ^ “YouTube's website redesign puts the focus on channels”. BBC. (2011年12月2日). http://www.bbc.co.uk/news/technology-16006524 2011年12月2日閲覧。 
  65. ^ Cashmore, Pete (2006年10月26日). “YouTube Gets New Logo, Facelift and Trackbacks – Growing Fast!”. 2011年12月2日閲覧。
  66. ^ “YouTube launches pay-to-watch subscription channels”. BBC News. (2013年5月9日). http://www.bbc.co.uk/news/business-22474715 2013年5月11日閲覧。 
  67. ^ Nakaso, Dan (2013年5月7日). “YouTube providers could begin charging fees this week”. Mercury News. http://www.mercurynews.com/business/ci_23184159/youtube-providers-could-begin-charging-fees-this-week 2013年5月10日閲覧。 
  68. ^ Google taps longtime executive Wojcicki to head YouTube” (英語). Reuters. 2017年9月16日閲覧。
  69. ^ “YouTube announces plans for a subscription music service”. The Verge. https://www.theverge.com/2014/11/12/7201969/youtube-music-key-new-subscription-service 2018年5月17日閲覧。 
  70. ^ Perez, Sarah (2015年2月23日). “Hands on With "YouTube Kids," Google's Newly Launched, Child-Friendly YouTube App”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  71. ^ Dredge, Stuart (2015年8月26日). “Google launches YouTube Gaming to challenge Amazon-owned Twitch”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2015/aug/26/youtube-gaming-live-website-apps 2015年9月5日閲覧。 
  72. ^ Google wants you to pay $9.99 per month for ad-free YouTube”. Venturebeat. 2015年10月22日閲覧。
  73. ^ “Exclusive: An inside look at the new ad-free YouTube Red” (英語). The Verge. https://www.theverge.com/2015/10/21/9566973/youtube-red-ad-free-offline-paid-subscription-service 2018年5月17日閲覧。 
  74. ^ YouTube Music isn't perfect, but it's still heaven for music nerds”. Engadget. 2016年11月7日閲覧。
  75. ^ Avalos, George (2016年1月20日). “YouTube expansion in San Bruno signals big push by video site”. San Jose Mercury News. http://www.mercurynews.com/business/ci_29405413/youtube-expansion-san-bruno-signals-big-push-by 2016年2月3日閲覧。 
  76. ^ “YouTube has a new look and, for the first time, a new logo”. The Verge. https://www.theverge.com/2017/8/29/16216868/new-youtube-logo-redesign-font-color-app-design 2018年5月7日閲覧。 
  77. ^ AV Watchによる報道 [1]
  78. ^ “YouTube shooting: Suspect visited shooting range before attack”. BBC News. (2018年4月4日). http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-43645812 2018年4月9日閲覧。 
  79. ^ ライブドアニュース - YouTube本社銃乱射事件は3人負傷も命に別状なし。容疑者は自身のYouTube視聴者数減少を気にしていたとの報 2018年4月4日 12時0分
  80. ^ IT media NEWS - YouTube本社で銃乱射事件 自殺した襲撃者は39歳の女性YouTuber 2018年04月04日 07時05分
  81. ^ IT media NEWS - YouTube本社襲撃犯はYouTuber 2018年04月04日 17時32分
  82. ^ “Google announces YouTube Music and YouTube Premium”. The Verge. https://www.theverge.com/2018/5/17/17364056/youtube-music-premium-google-launch 2018年5月17日閲覧。 
  83. ^ 広告なしで再生できる「YouTube Premium」日本上陸--音楽特化の「YouTube Music」も”. CNET Japan (2018年11月14日). 2018年11月15日閲覧。
  84. ^ YouTube now defaults to HTML5 <video> - Engineering and Developers Blog - 2016年8月14日閲覧
  85. ^ YouTubeに“吹き出し”書き込み機能、ベータテストを開始”. internet.watch.impress.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  86. ^ YouTubeに字幕がつけられるようになりました” (日本語). MarkeZine. 2020年2月24日閲覧。
  87. ^ YouTubeに字幕自動翻訳機能”. CNET Japan (2008年11月4日). 2020年2月24日閲覧。
  88. ^ WiiPS3から利用できる「テレビ用YouTube」スタート」。AV watch、2009年1月16日
  89. ^ 大画面テレビ向けの「YouTube XL」公開、連続再生も可能”. internet.watch.impress.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  90. ^ YouTubeの「Leanback」、まもなくサポート終了” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  91. ^ YouTube Go is finally here, kind of” (英語). Mashable. 2020年2月24日閲覧。
  92. ^ データ通信量に優しい「YouTube Go」、130カ国以上で利用可能に” (日本語). CNET Japan (2018年2月2日). 2020年2月24日閲覧。
  93. ^ 軽量版Googleアプリ「Google Go」、日本を含む世界で公開 音声読み上げ機能も” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  94. ^ 「YouTube TV」はテレビの未来を変えるのか|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2020年2月24日閲覧。
  95. ^ Macall, Fred (2010年). “YTCrack v0.24b”. 2013年8月25日閲覧。
  96. ^ McFarland, Patrick (2010年5月24日). “Approximate YouTube Bitrates”. 2010年8月12日閲覧。
  97. ^ Bigger and Better: Encoding for YouTube 720p HD” (2008年12月). 2010年8月12日閲覧。
  98. ^ Greenfield, Trevor (2009年11月22日). “YouTube's 1080p – Failure Depends on How You Look At It”. 2010年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月12日閲覧。
  99. ^ Biggs, Billy (2009年11月12日). “1080p HD Is Coming to YouTube”. 2010年8月12日閲覧。
  100. ^ YouTube in 3D - YouTube
  101. ^ Ghost Towns in 8K - YouTube
  102. ^ Google、YouTube LiveストリーミングにAkamaiを利用―視聴者は70万”. TechCrunch Japan. 2020年2月24日閲覧。
  103. ^ U2のYouTubeコンサート、ライブストリーミングで1千万ユーザーに楽々配信成功”. TechCrunch Japan. 2020年2月24日閲覧。
  104. ^ オバマ米大統領、ユーチューブに生出演 ユーザーの質問に回答” (日本語). AFPBB News. 2020年2月24日閲覧。
  105. ^ YouTube、ライブストリーミングの限定テストを2日間実施”. 日経クロステック(xTECH). 2020年2月24日閲覧。
  106. ^ YouTube生放送が始まるらしい:海外速報部ログ:オルタナティブ・ブログ”. オルタナティブ・ブログ. 2020年2月24日閲覧。
  107. ^ YouTube、ライブ動画サービス「YouTube Live」をスタート” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  108. ^ Plunkett, John (2012年10月15日). “Felix Baumgartner jump: record 8m watch live on YouTube” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/media/2012/oct/15/felix-baumgartner-skydive-youtube 2020年2月24日閲覧。 
  109. ^ Millions Watch as Felix Baumgartner Makes Record-Breaking Space Jump” (英語). The Hollywood Reporter. 2020年2月24日閲覧。
  110. ^ YouTube opens live streaming for all verified accounts”. MacNN (2013年12月13日). 2017年9月22日閲覧。
  111. ^ ライブ配信に関する制限
  112. ^ ライブ配信に関する制限
  113. ^ YouTube、クリエーターに投げ銭できるステッカー「Super Stickers」を提供開始” (日本語). CNET Japan (2019年11月6日). 2020年2月24日閲覧。
  114. ^ “YouTubeビデオの過激化をあおる「スパチャ」、“投げ銭”が差別主義者の資金源に”. Buzz Feed News. (2018年6月3日). https://www.buzzfeed.com/jp/ishmaeldaro/youtube-comments-hate-speech-racist-white-nationalists 2020年3月4日閲覧。 
  115. ^ ASCII. “YouTubeは収益多様化で違反コンテンツを抑止できるのか? (3/4)” (日本語). ASCII.jp. 2020年2月24日閲覧。
  116. ^ YouTube、クリエイター向け収益化ツール改善 「チャンネルメンバーシップ」のレベル設定など” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  117. ^ [2]
  118. ^ マルチカメラ イベントの設定 - YouTube ヘルプ”. support.google.com. 2020年2月24日閲覧。
  119. ^ YouTube がマルチアングル動画を実験中。マディリン・ベイリー1曲のみ[3]
  120. ^ マルチアングル動画のサンプル[4]
  121. ^ YouTube、360度動画のアップロード/再生に対応” (日本語). PHILE WEB. 2020年2月24日閲覧。
  122. ^ YouTube now supports 4K live-streaming for both 360-degree and standard video” (英語). The Verge (2016年11月30日). 2020年2月24日閲覧。
  123. ^ Alphabet Inc.年次報告書2019年12月期”. 証券取引委員会. 2020年2月24日閲覧。
  124. ^ YouTube PremiumおよびMusic加入者数が2000万人に到達。YouTube TVは200万人に”. Engadget 日本版. 2020年2月24日閲覧。
  125. ^ http://services.google.com/fh/files/emails/yt_500_milestone.gif
  126. ^ https://services.google.com/fh/files/emails/1k_bananas_en_uk_us.gif
  127. ^ Google、YouTubeの著作権保護ツールについて報告” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  128. ^ YouTube、新しい著作権保護ツールをβ公開” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  129. ^ Content ID の仕組み - YouTube ヘルプ”. support.google.com. 2020年2月24日閲覧。
  130. ^ ASCII. “YouTube「Content ID」 非権利者の動画投稿を裏で支える技術とは (2/4)” (日本語). ASCII.jp. 2020年2月24日閲覧。
  131. ^ YouTube Launches Revenue Sharing Partners Program, but no Pre-Rolls” (英語). TechCrunch. 2020年2月24日閲覧。
  132. ^ a b c YouTuber向けに3つの収益化ツール 月額490円のサブスクリプションなど”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  133. ^ YouTube、クリエイター向け収益化ツール改善 「チャンネルメンバーシップ」のレベル設定など”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  134. ^ 佐藤由紀子 (2017年3月20日). “YouTubeからの大手メディア広告引き上げを受け、Googleが自動システム改善を約束”. ITmedia. 2017年4月15日閲覧。
  135. ^ 佐藤由紀子 (2017年3月22日). “Google、不適切なコンテンツへの広告表示対策について説明”. ITmedia. 2017年4月15日閲覧。
  136. ^ 佐藤由紀子 (2017年4月7日). “YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに”. ITmedia. 2017年4月15日閲覧。
  137. ^ 証拠は「ユーチューブ」 FBIが捜査始める、イザ!、2006年11月11日
  138. ^ YouTubeが殺人犯逮捕に貢献、カナダ警察が容疑者のビデオを投稿、ITpro、2006年12月22日
  139. ^ YouTubeが大統領選特集コーナー「You Choose」、ヒラリーも活用、INTERNET Watch、2007年3月2日
  140. ^ 自民、ユーチューブに公式チャンネル開設、asahi.com、2007年12月18日
  141. ^ 社民党も「YouTube」に公式チャンネル、Internet Watch、2007年12月20日
  142. ^ Silenced Venezuelan TV station moves to YouTube、CNN.com、2007年6月3日
  143. ^ 豪カトリック司祭、ユーチューブの映像が原因で解任CNN
  144. ^ 青木大我 (2006年3月28日). “米動画サイトYouTubeが「10分間制限」、海賊行為撲滅の切り札になるか”. Impress Watch. 2011年4月10日閲覧。
  145. ^ “読者が選ぶ2006年インターネット10大ニュース”. INTERNET Watch. (2006年12月27日). http://internet.watch.impress.co.jp/static/enquete/vote2006/result.htm 2011年4月10日閲覧。 
  146. ^ 永沢茂 (2006年4月11日). “YouTube、動画の“10分間制限”がかからないアカウントの登録受付開始”. INTERNET Watch. http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/04/11/11600.html 2011年4月10日閲覧。 
  147. ^ YouTube、JASRACから音楽著作権の利用許諾:ITpro
  148. ^ 角川グループ、YouTube活用へ 著作権保護ツール検証に協力ITmedia、2007年7月26日
  149. ^ 「ユーザー投稿角川アニメ」の公式認定も YouTubeに角川参加ITmedia、2008年1月25日
  150. ^ 例:NHK日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京MBSテレビABCテレビ関西テレビよみうりテレビ東海テレビメ~テレなど。
  151. ^ YouTubeのCEOらが来日、違法動画対策を約束 技術面でGoogleが協力ITmedia、2007年2月6日
  152. ^ Anderson, Nate (2006年9月18日). “Warner Music coming to YouTube (HTML)” (英語). Ars Technica. Ars Technica, LLC. 2007年6月5日閲覧。
  153. ^ Lombardi, Candace (2006年10月10日). “ユーチューブ、メディア企業3社とコンテンツ契約を締結 (HTML)” (日本語). CNET Japan. 2007年6月4日閲覧。
  154. ^ Google and Warner Music Group Announce Agreement to Offer Google Video Users WMG's Music Video Content (HTML)” (英語). Google (2006年10月9日). 2007年6月4日閲覧。
  155. ^ Google Signs Agreement with SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT to Give Users Access to Expansive Catalog of Music Videos (HTML)” (英語). Google (2006年10月9日). 2007年6月4日閲覧。
  156. ^ EMI Music, Google and YouTube strike milestone partnership (HTML)” (英語). EMI Group plc (2007年5月31日). 2007年6月4日閲覧。
  157. ^ Ross Sorkin, Andrew,; Jeff Leads (2006年10月19日). “Music Companies Grab a Share of the YouTube Sale (HTML)” (英語). The New York Times. The New York Times Company. 2007年6月4日閲覧。
  158. ^ 著作権侵害でViacomがYouTubeを提訴 - 10億ドル以上の賠償請求、MYCOMジャーナル、2007年3月14日
  159. ^ EFF、Viacomを「言論の自由侵害」で提訴、ITmedia、2007年3月24日
  160. ^ EFF、バイアコムへの訴訟取り下げ--YouTube掲載のパロディ映像問題、CNET Japan、2007年4月24日
  161. ^ 文化審議会 著作権分科会 私的録音録画小委員会(第13回)の開催について-文部科学省 (HTML)” (日本語). 文部科学省 (2007年9月26日). 2007年9月26日閲覧。
  162. ^ 「法改正後はYouTube見るだけで違法」は誤解、文化庁が見解示す (HTML)” (日本語). インプレス (2007年9月26日). 2008年5月12日閲覧。
  163. ^ ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ”. NEWS. ITmedia (2007年10月30日). 2008年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月7日閲覧。
  164. ^ YouTubeの視聴は「ストリーミング」ではなく「ダウンロード」です (HTML)” (日本語). GIGAZINE (2007年9月27日). 2008年5月12日閲覧。
  165. ^ 「ダウンロード違法」の動き、反対の声を届けるには(2/4) (HTML)” (日本語). ITmedia (2007年10月12日). 2007年10月15日閲覧。
  166. ^ 著作権分科会、「ダウンロード違法化」などについて16日から意見募集 (HTML)” (日本語). INTERNET Watch (2007年10月16日). 2008年5月12日閲覧。
  167. ^ MIAU 公式サイト (HTML)” (日本語). MIAU (2007年10月18日). 2007年10月18日閲覧。
  168. ^ ユーチューブに閉鎖命令…スーパーモデル盗撮映像掲載、ZAKZAK、2007年1月5日
  169. ^ Turkey pulls plug on YouTube over Ataturk 'insults'、Guardian Unlimited、2007年3月7日
  170. ^ Turkey revokes YouTube ban、theage.com.au、2007年3月10日
  171. ^ Thailand blocks access to YouTube、BBS NEWS、2007年4月4日
  172. ^ YouTube clip out, but Thai ban continues、MSNBC.com、2007年4月5日





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「YouTube」の関連用語

YouTubeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



YouTubeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリYouTubeの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのYouTube (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS