動画共有サービスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 動画共有サービスの意味・解説 

動画共有サービス

読み方どうがきょうゆうサービス
別名:動画共有サイト動画投稿サイトビデオシェアリングサービス
【英】video sharing, video sharing service

動画共有サービスとは、インターネット通じて提供されるサービスのうち、ユーザー動画映像)を投稿して他のユーザー共有シェア)するサービス総称である。

動画共有サイト主なコンテンツとなる動画ユーザーによって投稿アップロード)され、視聴者リクエストに応じて再生される。Webブラウザ通じてストリーミング方式再生視聴される場合が多い。また、スマートフォン向けのアプリ多く登場している。

なお、映画テレビドラマなどの映像コンテンツ有料配信するサービスは「動画配信サービス」などと呼ばれ、CGM型の動画共有サービスとは基本的に区別して扱われる。

2005年登場した「YouTube」は、動画共有サイト先駆的存在といえるYouTube登場以降動画共有サイトは急速に人気サービスとして成長普及した。2007年頃には国内外数十単位動画共有サイト登場している。後に「Ustream」に代表される、ライブストリーミング専門とする動画教諭サービスや、「Twitch」に代表されるゲームプレイ専門の動画共有サービス(プレイ動画共有サービス)も多く登場している。

WWWのほかの用語一覧
Webサイト:  タグクラウド  電子掲示板  チャット  動画共有サービス
Webデザイン:  CSSスプライト  KISS  クリッカブルマップ

動画共有サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 23:46 UTC 版)

動画共有サービス(どうがきょうゆうサービス、英語:video hosting service)は、インターネット上のサーバに不特定多数の利用者が投稿した動画を、不特定多数の利用者で共有して視聴できるサービスである。




  1. ^ “First Video Sharing Site Paved the Way for YouTube — ShareYourWorld.com Was There First to Launch Ten Years Back – Beet.TV” (英語). Beet.TV - The Root to the Media Revolution. (2007年7月7日). http://www.beet.tv/2007/07/first-video-sha.html 2018年11月26日閲覧。 
  2. ^ a b インターネットマガジン2001年3月号 (pdf)”. インプレスR&D. 2018年11月26日閲覧。
  3. ^ kamisama.orgなど
  4. ^ 陛下の「お言葉」動画、まさかのWMP形式にTwitterユーザーびっくり 「Windows Media Player」がトレンドに
  5. ^ 後藤大地 (2006年8月31日). “動画共有サービスの潮流、YouTube、GUBAからDivX Stage6まで”. マイコミジャーナル. 2010年2月17日閲覧。
  6. ^ a b 増田覚 (2008年1月21日). “2007年に動画共有サイトを訪問した人は2,431万人、2006年から倍増”. INTERNET Watch. 2010年2月18日閲覧。
  7. ^ 「ネットはもうからないという幻想、壊したい」 川上会長が語る、ニコ動のこれまでと今 (1/2)」『ITmedia NEWS』。2018年11月26日閲覧。
  8. ^ 「新しい価値を作った」ニコニコ動画(β)監修の西村博之氏インタビュー”. internet.watch.impress.co.jp. 2018年11月26日閲覧。
  9. ^ 永沢茂 (2006年4月27日). “「YouTube」日本から212万人が訪問、平均利用時間は米ユーザーを上回る”. INTERNET Watch. 2010年2月17日閲覧。
  10. ^ 田村奈央 (2006年12月13日). “米ディビックスがDivXの現状を説明、「Stage6のアクセスは半分が日本から」”. IT Pro. 2010年2月17日閲覧。
  11. ^ a b ネット社会 急成長の舞台裏(2)投稿サイト ヒット生む”. 読売新聞 (2008年8月7日). 2010年2月22日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ 我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算”. 総務省 (2007年8月22日). 2010年2月18日閲覧。
  13. ^ 宋恩實(ソング・ウンシル) (2008年9月30日). “日本と韓国の動画サイト比較1―現状”. インターネットコム. 2010年2月22日閲覧。
  14. ^ 動画共有サイトの視聴率ランキング”. ニールセン デジタル株式会社. 2019年1月9日閲覧。
  15. ^ “YouTubeテレビ”続々 Wiiでネットとテレビが融合”. ITmedia NEWS. 2019年1月9日閲覧。
  16. ^ Rimoだけじゃない、YouTubeマッシュアップサービスを比較”. ASCII.jp. 2019年1月9日閲覧。
  17. ^ ニコニコ動画の一時休止で、「字幕.in」が1日200万PVに”. RBB TODAY. 2019年1月9日閲覧。
  18. ^ ニコニコ動画、YouTubeからアクセス規制されて閉鎖”. GIGAZINE. 2019年1月9日閲覧。
  19. ^ 「ニコニコ動画」再開、動画投稿サイト「SMILEVIDEO」も同時オープン”. impress.co.jp. 2019年1月9日閲覧。
  20. ^ 青木大我 (2007年6月15日). “CNNとYouTubeが米大統領選で提携、候補者討論会への質問を動画で受付”. INTERNET Watch. 2010年2月17日閲覧。
  21. ^ 野津誠 (2008年3月26日). “中国の動画共有サイト「優酷網」の利用者が日本でも増加”. INTERNET Watch. 2010年2月22日閲覧。
  22. ^ 動画共有サイト 接触状況 時系列推移”. ビデオリサーチ インタラクティブ (2008年). 2010年2月22日閲覧。
  23. ^ ブロードバンドサービスの契約数等(平成20年6月末)”. 総務省 (2008年9月17日). 2010年2月27日閲覧。
  24. ^ 永井美智子(編集部) (2008年10月23日). “YouTube、ついにJASRACと音楽著作権の包括利用許諾契約を締結”. CNET Japan. 2010年2月22日閲覧。
  25. ^ Michael Arrington (2009年6月10日). “YouTubeビデオの再生回数、1日10億回を超える”. TechCrunch. 2010年2月26日閲覧。
  26. ^ Katherine Haddon (2009年5月28日). “世界の注目集めるスーザン・ボイルさん、いよいよ決勝”. AFPBB News. 2010年3月25日閲覧。
  27. ^ 【6周年】ニコニコ建国記念日ちょっと昔話‐ニコニコインフォ”. blog.nicovideo.jp. 2018年11月26日閲覧。
  28. ^ Pandora.tv Traffic, Demographics and Competitors - Alexa”. www.alexa.com. 2019年1月30日閲覧。
  29. ^ 連合型動画SNS PeerTubeを音ゲ丼が導入」『ITmedia NEWS』。2018年11月29日閲覧。
  30. ^ “ネットフリックス脅かすか ブロックチェーン動画配信” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26462270S8A200C1000000/ 2018年11月27日閲覧。 
  31. ^ Haus, DG Lab「ブロックチェーンのSNS「Steemit」が分散型アプリ開発のプラットフォーム提供へ | DG Lab Haus」『DG Lab Haus』、2018年5月20日。2018年11月29日閲覧。
  32. ^ ソフトバンク、「マイスペースジャパン」日本版でSNS市場に参入”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年1月26日閲覧。
  33. ^ How JW Player became the largest video player behind YouTube and Facebook” (英語). The Drum. 2019年1月28日閲覧。
  34. ^ J-Stream Equipmedia | 動画配信プラットフォーム”. Jストリーム. 2019年1月29日閲覧。
  35. ^ ネット動画の利用実態、20〜40代は「投稿」「音楽系」、50歳以上は「映画・テレビ番組」”. IT Plus (2008年3月24日). 2010年2月27日閲覧。
  36. ^ 歌田明弘 (2008年5月16日). “動画視聴の実態・アメリカ編――動画広告の発展(2)”. WIRED VISION. 2010年2月27日閲覧。
  37. ^ インターネットコム編集部 (2009年10月21日). “半数以上が、1年前に比べて動画共有サイトの利用「増えた」―動画共有サイトに関する定期リサーチ(2)”. インターネットコム. 2010年2月27日閲覧。
  38. ^ 第9回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査”. gooリサーチ (2008年4月8日). 2010年2月27日閲覧。
  39. ^ a b 神田敏晶『YouTube革命』
  40. ^ Greg Sandoval (2006年10月23日). “あくまでも「法令遵守」を貫くユーチューブ--そして、この事実に気付かないユーザーたち”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  41. ^ 坂和敏 (2006年9月19日). “あのYouTubeがついに?!--ワーナーと提携、音楽を無料・合法配信へ”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  42. ^ Greg Sandoval (2006年7月19日). “「デジタルミレニアム著作権法を遵守している」--YouTube、著作権侵害訴訟でコメント”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  43. ^ a b Greg Sandoval (2007年3月14日). “バイアコム、YouTubeとグーグルを提訴--著作権侵害行為で10億ドル要求”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  44. ^ Dawn Kawamoto (2008年8月29日). “Veoh、動画配信をめぐる著作権侵害訴訟で勝訴--グーグルに与える影響は?”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  45. ^ Steven Musil (2008年7月3日). “グーグル対Viacom訴訟、ソースコード公開は不要との判定”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  46. ^ ユリ・ゲラー氏、「著作権法を曲げた」と訴えられる”. ITMedia (2007年5月9日). 2010年3月5日閲覧。
  47. ^ YouTube動画の「不適切な削除依頼」めぐる訴訟、レーベルが敗北”. ITMedia (2010年3月2日). 2010年3月5日閲覧。
  48. ^ JASRAC、YouTubeに削除要請 ACCSも「対策を検討」”. ITMedia (2006年7月25日). 2010年3月5日閲覧。
  49. ^ YouTubeが動画3万件を削除 日本のテレビ局やJASRACが要請”. ITMedia (2006年10月20日). 2010年3月5日閲覧。
  50. ^ a b 石田哲也 (2008年8月21日). “デジタルコンテンツ流通促進には新たな法的枠組み必要 - 自民党・牧原議員”. マイコミジャーナル. 2010年3月5日閲覧。
  51. ^ 池田信夫『電波利権』 P168
  52. ^ 滝沢泰盛 (2006年6月12日). “IP放送は有線放送と同じか?--- 著作権見直し方針に見える文化庁の深謀遠慮”. IT Pro. 2010年3月5日閲覧。
  53. ^ 改正著作権法が成立 「ダウンロード違法化」「検索キャッシュ合法化」へ”. ITMedia (2009年6月12日). 2010年3月5日閲覧。
  54. ^ a b 野澤哲生 (2009年3月10日). “改正著作権法が閣議決定,YouTubeの閲覧は…”. Tech-On!. 2010年3月5日閲覧。
  55. ^ Emi KAMINO (2010年1月22日). ““日本版フェアユース”導入の結論は先送り--文化庁法制問題小委でWTが報告書”. CNET Japan. 2010年3月5日閲覧。
  56. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374322.html
  57. ^ 平成30年12月30日施行 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11協定)の発効に伴う著作権法改正の施行について | 文化庁” (日本語). www.bunka.go.jp. 2018年11月8日閲覧。
  58. ^ “違法動画8百万回以上閲覧される ブログ通じアクセス促す”. 47NEWS. (2010年6月14日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000626.html 2011年4月10日閲覧。 。これは日本におけるYouTubeの著作権侵害で初の摘発である“ユーチューブに漫画違法投稿容疑 名古屋市の中学生逮捕”. 47NEWS. (2010年6月14日) 
  59. ^ YouTubeへの動画違法アップロードで初摘発 「嵐」のライブ映像投稿の会社員逮捕
  60. ^ ニコ動に映画投稿、容疑の男を全国初の摘発「みんなでコメント共有したかった」 警視庁 - MSN産経ニュース
  61. ^ 海外動画配信サイトに特撮作品を違法アップロード、男性を逮捕 | 著作権侵害事件 | ACCS
  62. ^ つまようじ混入少年逮捕 建造物侵入容疑 滋賀県の電車内で確保 - 産経新聞、2015年1月18日閲覧。
  63. ^ 「爪楊枝投稿バカ少年」どんな罪に問われるのか?混入や万引きは偽装映像 - J-CASTテレビウォッチ、2015年1月19日閲覧。
  64. ^ ようじ動画の少年「発言力増すため」万引き否定 - 読売新聞、2015年1月19日閲覧。
  65. ^ ビル屋上で自撮りの中国人男性転落死 母親への賠償、配信サイトに命令”. スプートニク通信社 (2019年5月23日). 2019年10月28日閲覧。
  66. ^ 知的財産戦略本部会合(第21回)”. 知的財産戦略本部 (2008年12月24日). 2010年3月15日閲覧。
  67. ^ 角川歴彦 (2008年12月24日). “日本コンテンツ産業の海外戦略と動画配信ビジネスの現状”. 知的財産戦略本部. 2010年3月15日閲覧。
  68. ^ 2009年度音楽メディアユーザー実態調査報告書”. 日本レコード協会 (2010年2月25日). 2010年3月15日閲覧。
  69. ^ 事業仕分けネット生中継、数千人接続もパンク回避”. 読売新聞 (2009年11月11日). 2010年3月25日閲覧。
  70. ^ そらの (2010年2月28日). “第一回朝ダダ『どうなるこれからのジャーナリズム!』【3】”. ケツダンポトフ. 2010年3月15日閲覧。 21分50秒頃から25分頃まで。
  71. ^ メディア・パブ (2009年4月6日). “YouTube、膨れ上がる赤字”. 2010年2月26日閲覧。
  72. ^ Ryan Singel (2009年10月19日). “「YouTubeの帯域利用料はゼロ」:ネットワーク構造の変化で”. WIRED VISION. 2010年2月26日閲覧。
  73. ^ Michael Arrington (2008年12月18日). “JoostはP2Pを全面放棄”. TechCrunch. 2010年3月16日閲覧。
  74. ^ 増田覚 (2008年2月26日). “KDDIやGoogleなどが日米間の光海底ケーブルを敷設、YouTubeの転送量増大の影響も”. Gigazine. 2010年3月26日閲覧。
  75. ^ 株式会社リクルート キーマンズネット (2008年5月7日). “「著作権侵害コンテンツ検出技術」ってなんだ?!”. J-Net21. 2010年3月9日閲覧。
  76. ^ ニコ動、著作権侵害動画を自動で検出 フィンガープリント技術をテスト”. ITmedia (2009年10月1日). 2010年3月10日閲覧。


「動画共有サービス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動画共有サービス」の関連用語

動画共有サービスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



動画共有サービスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ動画共有サービスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動画共有サービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS