アバターとは? わかりやすく解説

アバター

英語:avatar

アバター(英: avatar)とは、ゲームやネットの中で登場する自分自身の「分身」を表すキャラクターの名称。ユーザーは、画面上仮想空間で、自分設定した(または指定されたキャラクター外観選んで意思表示や行動を行うことができる。現実世界と同じように仮想空間出会う人にアバターが物を渡したり会話をしたりといったことが行える。

【アバターの語源
文学宗教哲学などで用いられサンスクリット語の「avataara」が語源英語化したものが「avatar(アバター)」で、「化身という意味を持つ。


【アバターの特徴サービス提供する企業側がアバターを設定し動物キャラクターなど人以外のキャラ扮してコミュニケーション発信を行うと、クレーム減ったり購買率が高まったりするというメリットがあると言える。アバターの活用は、チャットサービスやショッピングサイトオンラインゲームSNSなど様々な場面で採用されている。

アバター【avatar】


アバター

【英】avatar

アバターとは、SNSブログチャット、オンラインゲームサイトなどのコミュニティサイトで、自分の分身として表示されるキャラクターのことである。

アバターの初期状態は、一般的に白いズボンシャツだけといったシンプルなものである場合が多い。利用者は、着せ替え人形感覚で、衣装アクセサリ、靴、顔のタイプなどのアイテムコーディネートしてオリジナルのアバターを作る。アバターのアイテムは、あらかじめいくつか用意されており、利用者は、これらを無料で使用することができる。また、コミュニティサイトイベント参加したり、ゲームクリアしたりしてアイテム入手できるような仕組み採用しているコミュニティサイトもある。

アバターは、コミュニティサイト自己紹介ページに、自己紹介とともに配置されることが多い。利用者中には、アバターを作りこんで、自己紹介文の代わりにしている人もいる。

なお、アバター(avatar)の語は、サンスクリット語アヴァターラ(avataara、神の仮の姿)に由来しているといわれている。


アバター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 03:31 UTC 版)

アバターアヴァター (avatar) は、自分(ユーザー)の分身となるキャラクターのこと。


  1. ^ IT用語辞典e-wordsより
  2. ^ gooリサーチ 第8回ブロードバンドコンテンツに関する調査、「(4)アバターの利用経験は約4分の1-年齢別にみると、10代によるアバター利用率が高くなっており、半数近くがすでに何らかのアバターを利用したことがあるという結果になっている。(2007年10月4日報道発表資料) 2012年2月5日 閲覧
  3. ^ ITmedia ニュース「"モバゲーの手本"ハンゲームに聞く、アバター仮想世界の作り方」「ハンゲームで積極的にアバターを利用しているユーザーは、10代が中心。」(2007年8月13日 12時10分更新) 2012年2月5日 閲覧
  4. ^ Apple、アバターで買い物できるバーチャルストアの特許取得


「アバター」の続きの解説一覧

アバター (2009)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 13:01 UTC 版)

アバター (フランチャイズ)」の記事における「アバター (2009)」の解説

詳細は「アバター (2009年の映画)を参照 物語は、ケンタウルス星Aの周り周回する3つのガス巨人1つであるポリュペムスの地球サイズ有人パンドラ舞台にした壮大な紛争焦点当てている。パンドラでは、人間入植者パンドラの原住民であるナヴィが、地球資源ナヴィ存続をめぐって戦争繰り広げる。この映画タイトルは、映画の登場人物たちが原住民交流するために使用した遠隔操作遺伝子操作されたナヴィ身体指している。

※この「アバター (2009)」の解説は、「アバター (フランチャイズ)」の解説の一部です。
「アバター (2009)」を含む「アバター (フランチャイズ)」の記事については、「アバター (フランチャイズ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アバター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アバター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アバターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アバターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアバターの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアバター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアバター (フランチャイズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS