顔文字とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 顔文字の意味・解説 

かお‐もじ〔かほ‐〕【顔文字】


顔文字

読み方かおもじ
別名:フェイスマークエモーティコン
【英】emoticon

顔文字とは、人の顔表情)を文字記号表したものである笑顔 (^_^) や泣き顔 (T_T) 、冷や汗 (^^;)、といった表現代表的である。

顔文字は、インターネット電子メールのように、もっぱら文字のみによって通信意思伝達するにおいて、感情伝えくい気分のニュアンス表現するための表現として用いられる。特に文末に付け足して用いられることが多い。画一的印象与えがちな電子文書において、顔文字は、語調和らげたり微妙なニュアンス表したりといった効果与えることができる。顔文字は数多くパターン考案され思い思いの表現応用されている。

ただ、顔文字も多用しすぎれば文面をうるさくするだけのもになってしまう。あまり親しくないに対して顔文字を使えば馴れ馴れしい印象与えがちである仕事の場では、原則的に顔文字は用いないのが礼儀で、相手先とメール交換するといったことは失敬にあたるが、場合誤らなければ顔文字を用いることで親しみのある空気演出するともできる。顔文字を用い際には、何かと注意心配り必要である

ちなみに欧米では、顔文字は「 :-) 」のように横倒し表現一般に用いられるemotion感情)とicon絵記号)とを掛け合わせた造語エモーティコンemoticon)の名で呼ばれる


顔文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 20:05 UTC 版)

顔文字(かおもじ)は、文などの文字の中で表情などを持った顔のように見える文字を使用することで表情の意味を絵文字のように表す表現である。フェイスマークともいう[1]。文字や記号を組み合わせて表情を表現したものと、記号ではなく絵として単独で表現された絵文字がある。文字や記号を組み合わせて複数の行で表現されたものはアスキーアート(AA)と区別して扱われる。


注釈

  1. ^ たとえば、『\(^o^)/』の顔文字は、「万歳」という成功を表す目的で使用する[2]場合と、「オワタ(終わった)」という失敗を表す目的で使用する場合とがある。このため、この顔文字を見た場合に間違った意味でとり判断を誤る例がある。日本テレビ第45回衆議院議員総選挙の開票速報番組のデータ放送で行われた選挙メッセンジャーなどの例がある[3]

出典

  1. ^ 顔文字を使って微妙な気持ちを伝えよう、『日経エンタテインメント!』1998年7月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  2. ^ 顔マークの歴史について
  3. ^ 【トレビアン】どうしてこうなった! 日テレの総選挙放送が2ちゃんねる化!
  4. ^ Joan Gajadhar and John Green (17 July 2003) (PDF). An Analysis of Nonverbal Communication in an Online Chat Group. The Open Polytechnic of New Zealand. オリジナルの2010年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100513154846/http://www.openpolytechnic.ac.nz/static/pdf/research/res_wp203gajadharj1.pdf. 
  5. ^ Joan Gajadhar and John Green (2005). “The Importance of Nonverbal Elements in Online Chat”. EDUCAUSE Quarterly 24 (4). オリジナルの2007年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070102194123/http://www.educause.edu/apps/eq/eqm05/eqm05411.asp?bhcp=1. 
  6. ^ “Is That an Emoticon in 1862?”. The New York Times. (2009年1月19日). http://cityroom.blogs.nytimes.com/2009/01/19/hfo-emoticon/ 
  7. ^ An Emoticon in Typewriter Era
  8. ^ Ambrose Bierce (1909–1912). “For Brevity and Clarity”. Collected Works (N.Y. and Washington). 
  9. ^ Gregory Benford, A Scientist's Notebook: net@fandom.com, The Magazine of Fantasy & Science Fiction, Vol. 90, No. 6 (June 1996), p. 90
  10. ^ ウラジーミル・ナボコフ (March 1990). Strong Opinions. Vintage Books. ISBN 0-679-72609-8. http://lib.ru/NABOKOW/Inter11.txt 2009年3月24日閲覧。 
  11. ^ PLATO emoticons
  12. ^ Scottのメッセージ
  13. ^ 顔文字の起源vector 作者:若林 泰志
  14. ^ en:Emoticon#cite_note-Le_Figaro-19
  15. ^ en:Emoticon#cite_note-22
  16. ^ en:Emoticon#cite_note-23
  17. ^ 米国特許商標庁
  18. ^ CULTURE AND RECOGNIZING EMOTIONS(PDF)
  19. ^ 世界の顔文字&ネットスラング事情(2012年4月23日時点のアーカイブ



顔文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 08:44 UTC 版)

擬古猫」の記事における「顔文字」の解説

1990年代パソコン通信において「ヽ(´ー`)ノ」の顔文字が流行していた。初出諸説あるが、この顔文字をはじめとしてさまざまな顔文字が主に草の根BBSインターネット上アングラ掲示板IRCなどで利用されていた。そのなかにはあやしいわーるど初出のものもあった。特に「ヽ(´ー`)ノ」系の顔文字は1999年平成11年当時あやしいわーるどでは「まったり」と呼ばれ、非常に多く使われていた。これら「ヽ(´ー`)ノ」系の顔文字は、主にアングラ上でかわれていた。

※この「顔文字」の解説は、「擬古猫」の解説の一部です。
「顔文字」を含む「擬古猫」の記事については、「擬古猫」の概要を参照ください。


顔文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 09:46 UTC 版)

アスキーアート」の記事における「顔文字」の解説

詳細は「顔文字」を参照 顔文字はフェイスマークともいい、シンプルなもので4-8文字程度からなる感情を表すためにメール本文チャット電子掲示板メーリングリストなど、さまざまな所で使用される携帯端末でも多用されるシフトJISの文字セット漢字欧文記号罫線など数万種類の文字をもつため、これらを組み合わせて微妙な感情表現可能になる反面、ほとんど使わないような文字を顔文字のために呼び出すことが必要になるこのため、よく使う顔文字をIME辞書機能登録して使用することも一般的である。例え携帯電話においてはiPhoneなど海外メーカーのものでも初期設定で顔文字がいくつも登録されている。欧米では、1バイト文字のみで構成されているものが日本のサブカルチャー興味を持つ人々の間で使用されているorz中国・台湾にも輸出され独自のアスキーアート作り出されている。 (例:圙rz 老人の顔)。 笑い (^▽^) (^ω^) (゜∀゜) (・∀・)ニヤニヤ(´ー`)ノ (●´艸`●) (*^_^*) v(^_^)v (*´∀`*) (´▽`〃)ヾ喜び キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! キタ━━(゜∀゜)━( ゜∀)━( ゜)━( )( )━(゜ )━(∀゜ )━(゜∀゜)━━!!!!! ヽ(゜▽、゜)ノ ヽ(´▽`)ノ♪ ヽ(*´∀`)ノ *+。('∀'*)*+。 (*^^)v (^^♪ (*^ー゚)b (*´`) ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾怒り (#`Д´) (*゜Д゜) (♯・∀・) ヽ(`Д´)(`・д・´) Σ(゜д゜ )カッ ( ゜Д゜)ハァ? (#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・:.。o (°〆°#) (`益′) (ะ`♔´ะ)泣き (>_<) (T_T) (T▽T) (ΩoΩ) (つд`) 。・゜・(ノД`)・゜・。 ゜(゜´Д`゜)゜。 (ぅω・) 。・゜(゜⊃ω⊂゜)゜・。 (´;ω;`) 。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。落胆 orz brz _| ̄|○ OTL Σ(´д`;) ('A`) ( ̄∧ ̄) (;´Д`) or2失敗 (/ε\) (ノ∀`) (´∀`;A ) ^^; /(^o^)\ (,,´д`)驚き Σ(゜Д゜;) Σ(@Д@) Σ(゜Д゜ノ)ノ (゜д゜) (ヽд) ゜゜ (;・`д・´) (ΦДΦ)!? \(゜ロ\)(/ロ゜)/ \(;゚Д゚)/怯え (>_<) ((((;゜Д゜))) ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル (ili゜Д゜) (:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ (;;゚;ё;゚;;)余裕 (*´σー`) ( ̄ー ̄) (・ー・) ( ´_ゝ`)フーン (´ー`)y-~~ (*´∀`) (゚ー゚*)挨拶/別れ (T_T)ノシ (・∀・)ノシ (*・ω・)ノ~~~ ヾ(。・ω・。) 謝罪/依頼 m(_ _)m (>人<) (●´・ω・)(●´_ _)ペコ <●>混乱 └(՞ةڼ◔)」

※この「顔文字」の解説は、「アスキーアート」の解説の一部です。
「顔文字」を含む「アスキーアート」の記事については、「アスキーアート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「顔文字」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

顔文字

出典:『Wiktionary』 (2021/12/10 14:22 UTC 版)

名詞

かおもじ

  1. 電子メールなどで用いる記号文字組み合わせて顔に見えるようにしたもの。主にその顔の表情によって書き手感情表すために用いる。「(^-^)」「(^^;」など。

発音(?)

か↗お↘もじ

関連語

翻訳


「顔文字」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



顔文字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

顔文字のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



顔文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ顔文字の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顔文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの擬古猫 (改訂履歴)、アスキーアート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの顔文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS