ピジン言語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ピジン言語の意味・解説 

ピジン言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/05 21:28 UTC 版)

ピジン言語(ピジンげんご、Pidgin language、または単にPidgin)とは、現地人と貿易商人などの外国語を話す人々との間で異言語間の意思疎通のために互換性のある代替単語で自然に作られた接触言語


  1. ^ 金水敏「日本マンガにおける異人ことば」(伊藤公雄編『マンガのなかの<他者>』臨川書店 2008年pp.14-60)。
  2. ^ a b 放送大学「日本語からたどる文化 第12回」放送大学 2011年
  3. ^ ダニエル・ロング、1998年 小笠原諸島における言語接触の歴史」
  4. ^ Mio, Jeffrey Scott (January 1, 1999). Key Words in Multicultural Interventions: A Dictionary. Greenwood Publishing Group. p. 137. ISBN 0313295476. http://books.google.com/books?id=UQnUTLMeds0C&pg=PA137&lpg=PA137&dq=%22go+for+broke%22+pidgin&source=bl&ots=_WPOPv-KSt&sig=iTllGd3XloYMg2RiOqeX9RkE3-4&hl=en&sa=X&ei=S5RtUpX_LIKQiALC54Ew&ved=0CF4Q6AEwCA#v=onepage&q=%22go%20for%20broke%22%20pidgin&f=false 2013年10月27日閲覧。. 
  5. ^ 「日本語からたどる文化」第12章 言語接触 - ダニエル・ロング原著、大橋理枝/ダニエル・ロング共著 放送大学教材(2011年3月刊/2017年4月17日閲覧)
  6. ^ 朝日新聞社、昭和17年
  7. ^ 小野智香子、2007年 世界のピジン・クレオール諸語-実際の言語の例- (PDF)
  8. ^ 松岡正剛、2005年 松岡正剛の千夜千冊-第千八十五夜-今福龍太『クレオール主義』


「ピジン言語」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピジン言語」の関連用語

ピジン言語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピジン言語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピジン言語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS