小笠原諸島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 小笠原諸島の意味・解説 

おがさわら‐しょとう〔をがさはらシヨタウ〕【小笠原諸島】


小笠原諸島


小笠原諸島


小笠原諸島

読み方:オガサワラショトウ(ogasawarashotou)

太平洋島群

所在 東京都小笠原支庁小笠原村

位置・形状 東京の南1、000km。火山群島で海岸屈曲に富む

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

小笠原諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 08:19 UTC 版)

小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京都小笠原村の行政区域を指す。東京都特別区の南南東約1,000キロメートル太平洋上にある30余の島々からなる[2]。総面積は104平方キロメートル南鳥島沖ノ鳥島を除いて伊豆・小笠原・マリアナ島弧(伊豆・小笠原弧)の一部をなす。小笠原諸島は別名をボニン諸島 (Bonin Islands)という[3]


注釈

  1. ^ 10,536ha (105.36km2)や104.41km2とする文献も存在する[1]
  2. ^ 父島に海上自衛隊横須賀地方隊父島基地分遣隊が常駐。硫黄島には、海上自衛隊の硫黄島航空基地隊等と、航空自衛隊の硫黄島基地隊が所在している。南鳥島には、海上自衛隊硫黄島航空基地隊の南鳥島航空派遣隊が常駐し、国土交通省気象庁及び関東地方整備局なども常駐している。
  3. ^ 最初の入植者である25人の出身地は、欧米人はアメリカ人2名、イギリス人2名、デンマーク人1名で、太平洋諸島出身者はハワイ諸島出身者7名をはじめ、マリアナ諸島カロリン諸島ポンペイ島ギルバート諸島マルキーズ諸島タヒチなど、ポリネシアミクロネシア各地からの出身者で構成されていた。 田中 pp41-42, p62
  4. ^ 父島中継局・母島中継局とも、ラジオ第1・ラジオ第2はFM波に変換して、FM放送はそのまま放送。
  5. ^ 地上デジタル放送の送信チャンネルは八丈中継局と同じ。
  6. ^ 2006年3月まではメジャー局(既存ラジオ局)の運営するBSラジオ放送局、2006年10月まではBSラジオ局のWINJが聴取可能だった。

出典

  1. ^ a b c d 小笠原諸島(おがさわらしょとう)とは”. コトバンク. 2018年4月8日閲覧。
  2. ^ a b 概要 | 小笠原村公式サイト” (日本語). 2022年3月11日閲覧。
  3. ^ 東京都環境局 東京の自然公園
  4. ^ 利用案内・情報 ≫ ホットニュース ≫ 2014-01-22 :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo”. www.kahaku.go.jp. 2022年3月11日閲覧。
  5. ^ 歴史 | 小笠原村公式サイト” (日本語). 2022年3月11日閲覧。
  6. ^ 世界遺産条約暫定リスト 環境省、林野庁
  7. ^ “小笠原諸島、世界自然遺産に決定 固有の生態系評価”. 日本経済新聞. (2011年6月24日). オリジナルの2020年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200407040658/https://r.nikkei.com/article/DGXNASDG23059_U1A620C1CR8000?s=5 2020年4月7日閲覧。 
  8. ^ お天気Q&A Archived 2009年8月8日, at the Wayback Machine.
  9. ^ 気象レーダー観測の概要について|気象庁 - 2010年10月16日閲覧
  10. ^ 気象庁・報道発表
  11. ^ 気象庁・地方海上予報区
  12. ^ 東京都・土地分類基本調査「父島・母島」1992
  13. ^ 小田静夫・水山昭宏編集『発掘された小笠原の歴史 (Ogasawara Archaeology and History)』小笠原村教育委員会発行、2002年)
  14. ^ a b 歴史:硫黄島 « 小笠原村 公式サイト
  15. ^ 田中 p17
  16. ^ 田中 pp10-12
  17. ^ 田中 pp17-18
  18. ^ 田中 pp2-7
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m ダニエル・ロング『小笠原学ことはじめ』 南方新社、2002年 ISBN 9784-9313-76762
  20. ^ 田中 pp7-9
  21. ^ 田中 p9
  22. ^ a b 田中 pp9-10
  23. ^ 田中 p15
  24. ^ 田中 pp12-13
  25. ^ 田中 p68
  26. ^ 松尾[2014:220]
  27. ^ 田中 p35
  28. ^ 田中 p26
  29. ^ 松尾[2014:220]
  30. ^ 田中 p29
  31. ^ 田中 p26
  32. ^ a b c d e 田中 p57
  33. ^ 松尾[2014:221]
  34. ^ a b 田中 pp61-65
  35. ^ 田中 pp85-87
  36. ^ 松尾[2014:221]
  37. ^ 石川榮吉、「接触と変容の諸相 : 江戸時代漂流民によるオセアニア関係史料」『国立民族学博物館研究報告別冊』 1998年 006巻 p.429-456, doi:10.15021/00003744, 国立民族学博物館
  38. ^ 田中 pp74-75
  39. ^ 田中 pp49-50
  40. ^ a b 田中 pp94-95
  41. ^ a b 15.「咸臨丸風波ノ図」 - 外務省
  42. ^ 田中 pp205-206
  43. ^ a b c d 歴史:南鳥島 « 小笠原村公式サイト
  44. ^ 明治13年太政官布告第44号 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  45. ^ NHKのウェブサイトには掲載していないが、小笠原村の広報誌「小笠原村民だより 平成25年3月1日付(小笠原村総務課発行)[1]」に開局情報を掲載している。
  46. ^ 田中弘之『幕末の小笠原』中央公論社、1997年。ISBN 4121013883
  47. ^ Jonas Rüegg, "Mapping the Forgotten Colony: The Ogasawara Islands and the Tokugawa Pivot to the Pacific," in: Cross-Currents, vol. 6(2), pp. 440-490. URL=https://cross-currents.berkeley.edu/e-journal/issue-23/ruegg (英語)
  48. ^ ダニエル・ロング「小笠原諸島における言語接触の歴史」『日本語研究センター報告』6号、1998年[2]
  49. ^ 読売新聞 2019年3月12日 37面掲載
  50. ^ 「わたしたちの小笠原」(小笠原村教育委員会発行・小学生用副読本)
  51. ^ 第2章 島の生活>7 インフラ - 小笠原暮らし(窪田悦子、TactPlanning)
  52. ^ 最寄店検索でセンターが検索されず、既に撤退していることが確認できる。
  53. ^ auサービスエリアマップ
  54. ^ 小笠原村観光協会トピックス
  55. ^ ソフトバンクピンポイント検索
  56. ^ “超高速インターネット衛星「きずな」 (WINDS) による初のブロードバンド・インターネット実利用に向けた実証実験について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年11月2日), https://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091102_kizuna_j.html 2011年7月3日閲覧。 
  57. ^ 「小笠原地域におけるブロードバンド化促進に関する検討会」報告書 1-2-5 (PDF) よりスカパー!は小笠原の地上波で使用している衛星と同じ衛星 (JCSAT-3A)を使用して放送を行っている。スカパー!のサービスエリアはJCSAT-3Aの衛星カバーエリア(Kuバンド)を参照。
  58. ^ 東京都建設局・小笠原の情報基盤整備について
  59. ^ 日刊建設工業新聞 2009年7月17日報道 - 2009年8月1日閲覧
  60. ^ 総務省関東総合通信局・東京都小笠原村への海底光ファイバーケーブル敷設に補助金交付決定≪医療画像伝送や超高速インターネットの利用及び地デジ視聴が可能に≫ - 2010年2月5日閲覧
  61. ^ NHKワールド・ラジオ日本は、短波のほかNHKワールドのテレビ放送で使用している衛星を用いたデジタルラジオ放送も行われているが、こちらは国外衛星放送受信装置とCバンドのLNB、パラボラアンテナ(国内衛星放送より大きいサイズ)を用意すれば終日、安定した電波、テレビ・FMラジオ並みの高音質で聴取可能である。
  62. ^ 小笠原100の素顔〜もうひとつのガイドブック〜 東京農業大学出版会
  63. ^ 共勝丸 ホームページ”. 2017年11月4日閲覧。
  64. ^ 小笠原空港問題 小笠原新聞
  65. ^ 第71航空隊 US-1A 90号除籍記念式典
  66. ^ 2008年7月5日付 東京新聞夕刊
  67. ^ a b c 小笠原空港、いよいよ実現か 航空会社はどこでどんな飛行機が飛ぶのか”. 乗りものニュース. 2018年1月18日閲覧。
  68. ^ “小笠原・父島に空港検討 超高速船代替で石原都知事”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2005年10月28日). オリジナルの2011年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111025165751/http://www.47news.jp/CN/200510/CN2005102801003217.html 
  69. ^ “小笠原空港は父島・洲崎に 石原都知事”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2006年3月15日). オリジナルの2013年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130512170503/http://www.47news.jp/CN/200603/CN2006031501004714.html 
  70. ^ 東京都 行政部振興企画課 小笠原航空路協議会
  71. ^ 小池百合子知事、小笠原空港建設「千メートル以下で調査指示」 想定より短く、環境に配慮(1/2ページ) - 産経ニュース
  72. ^ 第7回小笠原航空路協議会 次第
  73. ^ 第9回小笠原航空路協議会 次第
  74. ^ 地方税法第294条の規定による。
  75. ^ プレミアムカフェ 選(1)東京・小笠原(2018年)(2)楽園(2003年)”. NHK (2021年7月30日). 2021年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧。



小笠原諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:02 UTC 版)

梅雨」の記事における「小笠原諸島」の解説

小笠原諸島が春から夏へ遷移期にあたる5月には、気団同士中心離れているため前線形成されず、長続きしない。そして初夏迎え6月頃より太平洋高気圧圏内に入ってその後ずっと覆われるため、こちらも梅雨がない。

※この「小笠原諸島」の解説は、「梅雨」の解説の一部です。
「小笠原諸島」を含む「梅雨」の記事については、「梅雨」の概要を参照ください。


小笠原諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 18:16 UTC 版)

人間ども集まれ!」の記事における「小笠原諸島」の解説

昭和43年1968年日本返還された。日本政府自衛隊基地作ろうとしたが、革新勢力反対運動遭ったため、観光地として売り出すことにし、その開発宣伝兼ねて木座神明提案した戦争ショー父島で行うことにした小笠原返還連載中出来事であり、一種の時事ネタである。なお、父島空港あることになっているが、実際には連載当時2018年現在空港存在しない

※この「小笠原諸島」の解説は、「人間ども集まれ!」の解説の一部です。
「小笠原諸島」を含む「人間ども集まれ!」の記事については、「人間ども集まれ!」の概要を参照ください。


小笠原諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 08:25 UTC 版)

アンツィオ (護衛空母)」の記事における「小笠原諸島」の解説

アンツィオ2月16日から戦闘任務再開3日後、硫黄島への上作戦と同じ2月19日には父島に対して空襲行った以降3月4日までの間、アンツィオ日没前最初の哨戒機出動させ、夜明け前最後の任務終えるというスケジュール繰り返した作戦を通じて一つ事故もなく106回の夜間哨戒出動成し遂げた。 その最中25日硫黄島北西沖で駆逐艦ベニオン英語版)(USS Bennion, DD-662)が潜航中の潜水艦ソナー探知そのため、アンツィオからTBM アヴェンジャー1機が発進した26日アンツィオアヴェンジャーをもう1機発進させ、潜水艦捜索する。0220、アヴェンジャーレーダー目標探知味方護衛駆逐艦とも思われたが、上空通過すると丁度急速潜航する潜水艦だった。そのため、ソノブイMk24電池式音響探知魚雷投下ソノブイ着水直後に水中から大轟音聴取した後、後には何も聞こえてこなかった。その位置北緯2507東経14019分 / 北緯25.117度 東経140.317度 / 25.117; 140.317とされた。翌27日夜明けごろ、この海域大きな重油の帯が漂っていた。この時撃沈したのは呂43であった26日0304、硫黄島西方35地点付近で、異な区域捜索中だったアンツィオ所属の別アヴェンジャーレーダー目標探知しその方向に急行した。やがて、浮上して停止中潜水艦確認アヴェンジャー潜航する潜水艦発炎筒ソノブイMk24電池式音響探知魚雷投下した。0338、司令塔破損して浮上する潜水艦攻撃仕掛け再度潜航する潜水艦アヴェンジャーソノブイMk24電池式音響探知魚雷再度投下間もなくソノブイを通じて海中から爆発音聞こえ同時に海面上に30メートルほどの水柱立った攻撃位置北緯2443東経14037分 / 北緯24.717度 東経140.617度 / 24.717; 140.617と記録されたこの時撃沈した潜水艦伊368であった日本海軍硫黄島上陸したアメリカ軍に対して回天特別攻撃隊(千早隊)を編成して投入したが、伊368伊370失い同時期硫黄島方面で作戦行っていた呂43帰らなかった。アンツィオ航空機1日伊368呂43の2隻の潜水艦撃沈したアンツィオ3月8日硫黄島近海離れ3月12日レイテ島サンペドロ湾 (フィリピン)帰投10日間の停泊の後、アンツィオ沖縄戦戦場に向けて出撃ていった

※この「小笠原諸島」の解説は、「アンツィオ (護衛空母)」の解説の一部です。
「小笠原諸島」を含む「アンツィオ (護衛空母)」の記事については、「アンツィオ (護衛空母)」の概要を参照ください。


小笠原諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:19 UTC 版)

本土復帰」の記事における「小笠原諸島」の解説

詳細は「アメリカ施政権下の小笠原諸島を参照 1968年昭和43年6月26日復帰サンフランシスコ講和条約第3条により、アメリカ施政権下に置かれた。なお、欧米系の島民129名のみ1946年昭和21年)に帰島許されていた。 米軍政時代にはアメリカ海軍基地設置され物資輸送1ヶ月1回グアム島からの軍用船によって行われた欧米系島民戦前の土地区画関係なく決められた区画集められ、その多く米軍施設働いた島民自治組織として五人委員会設けられた。島の子供たちは、軍の子弟のために1956年昭和31年)に設立されラドフォード提督初等学校で軍の子弟と一緒に学び高等教育グアム島行われた米軍によって戦前の土地区画関係なく決められた区画集められたことは、日本返還後効率的な開発都合から踏襲され、戦前の土地所有者との補償交渉揉めることとなった後に日本政府意向無視して父島核兵器貯蔵施設作られていたことが、アメリカ情報公開によって知れ渡った軍政時代に数基の核弾頭保管されていたという。1968年昭和43年4月日米間で小笠原復帰協定締結され復帰決定された。 発行物 1968年昭和43年6月26日、小笠原諸島復帰記念額面15円の切手発行された

※この「小笠原諸島」の解説は、「本土復帰」の解説の一部です。
「小笠原諸島」を含む「本土復帰」の記事については、「本土復帰」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小笠原諸島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「小笠原諸島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小笠原諸島と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小笠原諸島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小笠原諸島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小笠原諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの梅雨 (改訂履歴)、人間ども集まれ! (改訂履歴)、アンツィオ (護衛空母) (改訂履歴)、本土復帰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS