きずな_(人工衛星)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > きずな_(人工衛星)の意味・解説 

きずな (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 04:48 UTC 版)

きずなWINDS : ウィンズWideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) と情報通信研究機構 (NICT) が共同で開発した超高速インターネット衛星2008年(平成20年)2月23日H-IIAロケットにて打ち上げられた。




  1. ^ a b ネット衛星「きずな」運用終了 震災など11年の活躍に幕”. ITmedia (2019年3月2日). 2019年3月2日閲覧。
  2. ^ a b 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の運用終了について”. JAXA (2019年3月1日). 2019年3月2日閲覧。
  3. ^ e-Japan重点計画 第2章 (3)項 - エ)- a) -i)
  4. ^ “「きずな」で世界最高速3.2Gbpsの衛星伝送に成功”. 情報通信研究機構(NICT). (2014年5月12日). http://www.nict.go.jp/press/2014/05/12-1.html 2014年5月17日閲覧。 
  5. ^ 超高速インターネット衛星の課題 (NTスペース) 18ページ [1]
  6. ^ H-IIAロケット14号機 による超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の打上げ延期について (JAXA / MHI)
  7. ^ 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を利用した155MbpsでのIP通信確認結果について (JAXA / NICT)
  8. ^ 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)による世界最高速1.2Gbpsの衛星データ通信の成功について (JAXA / NICT)
  9. ^ 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)搭載通信機器の自動電源オフについて (JAXA / NICT)
  10. ^ 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)広域電子走査アンテナによる622Mbps衛星データ通信に成功 (JAXA / NICT)
  11. ^ 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の定常段階移行について (JAXA / NICT)
  12. ^ 国立天文台・7.22皆既日食中継 国立天文台、2009年(平成21年)7月23日閲覧
  13. ^ 46年ぶりの皆既日食・硫黄島 - YouTubeNHKオンライン
  14. ^ JAXAによるかぐや打ち上げ延期の発表文
  15. ^ 文部科学省・宇宙開発委員会 2007年度第24回 議事録[2]
  16. ^ 読売新聞 2007年11月19日の報道
  17. ^ プロトフライトモデル (PFM) とは、プロトタイプモデル(試作機)と実際に打ち上げる実機(フライトモデル)の両方を兼ねるモデルのこと。部品の品質や機体の試験技術が向上したことにより、振動試験などの機械環境試験を行うプロトタイプモデル (PM) と、実際に打ち上げるフライトモデル (FM) とを分けて製作する必要性が低下した。これにより、衛星開発のコストダウンが図られる。アーカイブされたコピー”. 2007年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月20日閲覧。
  18. ^ きずなにおいては、NEC東芝スペースシステム(NTスペース)が全体システムを取りまとめていたが、2007年(平成19年)4月以降は実質的にNEC本体が事業責任を負う体制となっている。[3][リンク切れ]


「きずな (人工衛星)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きずな_(人工衛星)」の関連用語

きずな_(人工衛星)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きずな_(人工衛星)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきずな (人工衛星) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS