人工衛星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 物体 > 人工衛星の意味・解説 

じんこう‐えいせい〔‐ヱイセイ〕【人工衛星】


【人工衛星】(じんこうえいせい)

ロケットなどで地球の大気圏外に打ち上げられた「人工天体」のうち、地球周囲の衛星軌道」上を公転しているもの。

NASAの定義では、宇宙船宇宙探査機および宇宙ステーションも人工衛星に含まれる

このうち赤道上高度約35,786kmの軌道上周回している人工衛星を特に「静止衛星」という。
現在、地球軌道上には約24002500個の人工衛星が周回している。

人工衛星略史

人類最初の人工衛星旧ソ連1957年打ち上げたスプートニク1号」である。
当時冷戦下において、ソ連先に宇宙に足をかけたことは西側陣営にとって甚大な衝撃となった
スプートニクショック」と呼ばれるこの事件きっかけとなって米ソ間の宇宙開発競争始まった

スプートニク1号自体に何か致命的な軍事的要素があったわけではない
問題の本質は、ソ連弾道ミサイル技術がほぼ実用可能レベル達したという事であった
また、それと同じくらいソ連アメリカよりも先進的である」という名声そのもの危険視された。

この流れを受け、アメリカ陸軍・海軍空軍それぞれ進められていたロケット開発計画統廃合
それらの計画は「国家航空諮問委員会NACA)」に統合され、これが後に航空宇宙局NASAとなった


人工衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 23:40 UTC 版)

人工衛星(じんこうえいせい、: artificial satellite)とは、惑星、主に地球軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h[注 1])に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる[1]。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。明らかに人工物と分かっている文脈では、単に「衛星」(satellite)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 高度が高くなれば重力の影響が小さくなるので、より低速(小さい遠心力)で周回できる。例えば高度約36,000 kmの静止軌道では約 3.1 km/sで人工衛星(静止衛星)となる。

出典

  1. ^ 第12回『秒速7.9Km』 北大リサーチ&ビジネスパーク
  2. ^ Rockets in Science Fiction (Late 19th Century)”. マーシャル宇宙飛行センター. 2008年11月21日閲覧。
  3. ^ Everett Franklin Bleiler; Richard Bleiler (1991). Science-fiction, the Early Years. ケント州立大学出版. pp. 325. ISBN 978-0873384162 
  4. ^ Richard Rhodes (2000). Visions of Technology. Simon & Schuster. pp. 160. ISBN 978-0684863115 
  5. ^ Preliminary Design of an Experimental World-Circling Spaceship”. ランド研究所. 2008年3月6日閲覧。
  6. ^ Alfred Rosenthal (1968). Venture Into Space: Early Years of Goddard Space Flight Center. NASA. pp. 15 
  7. ^ “Kerim Kerimov”, Encyclopædia Britannica, http://www.britannica.com/EBchecked/topic/914879/Kerim-Kerimov 2008年10月12日閲覧。 
  8. ^ David S. F. Portree; Joseph P. Loftus, Jr (1999年). “Orbital Debris: A Chronology”. ジョンソン宇宙センター. pp. 18. 2000年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月21日閲覧。
  9. ^ Orbital Debris Education Package”. ジョンソン宇宙センター. 2008年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年3月6日閲覧。
  10. ^ Grant, A.; Meadows, J. (2004). Communication Technology Update (ninth edition ed.). Focal Press. pp. 284. ISBN 0240806409 
  11. ^ Workshop on the Use of Microsatellite Technologies”. United Nations. pp. 6 (2008年). 2008年3月6日閲覧。
  12. ^ 小型宇宙衛星技術競争 ―NANO・PICOは国際標準技術化―(大型副次利用から最適小型利用へ)”. 2010年3月15日閲覧。
  13. ^ JAXA、“掃除衛星”の研究開発に着手-10年後小型機実用化”. 日刊工業新聞. 2010年3月17日閲覧。
  14. ^ 三菱電機 DSPACE/2009年4月コラムVol.2[自己増殖を続ける「宇宙ゴミ」を掃除せよ!:林公代]
  15. ^ 導電性テザー(EDT):研究開発部門 - JAXA
  16. ^ 環境事業 - 日東製網株式会社
  17. ^ James Oberg (1984年7月). “Pearl Harbor In Space”. Omni Magazine. pp. 42–44. 2008年3月6日閲覧。
  18. ^ 鈴木弘一『はじめての宇宙工学』森北出版株式会社、2007年。ISBN 978-4-627-69071-4
  19. ^ a b c d 岩崎信夫『図説 宇宙工学概論』丸善プラネット株式会社、1999年。ISBN 4-944024-64-9
  20. ^ Vanguard Approaches Half A Century In Space”. SpaceRef.com. 2010年3月17日閲覧。
  21. ^ Conventional Disposal Method: Rockets and Graveyard Orbits”. 2010年3月17日閲覧。
  22. ^ 「軌道上サービス」 宇宙ごみ問題の解決策となるか”. AFP (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  23. ^ 陸から最も離れた海、宇宙施設の墓場「ポイント・ネモ」”. AFP (2018年4月2日). 2018年4月7日閲覧。
  24. ^ a b Tariq Malik. “SpaceX Successfully Launches Falcon 1 Rocket Into Orbit”. Space.com. 2008年10月2日閲覧。
  25. ^ First time in History”. The Satellite Encyclopedia. 2008年3月6日閲覧。
  26. ^ 2013年1月17日(2011年12月2日)時点。SATCAT Boxscore”. celestrak.com. 2011年12月3日閲覧。
  27. ^ India launches Switzerland's first satellite
  28. ^ In a difference of first full Bulgarian Intercosmos Bulgaria 1300 satellite, Poland's near first satellite, Intercosmos Copernicus 500(インターコスモス・
    コペルニクス500
    ) in 1973, were constructed and owned in cooperation with Soviet Union under the same Interkosmos program.
  29. ^ Hungary launches its first satellite into orbit.
  30. ^ First Romanian satellite Goliat successfully launched
  31. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  32. ^ Daphne Burleson (2005). Space Programs Outside the United States. McFarland & Company. pp. 43. ISBN 978-0786418527 
  33. ^ Mike Gruntman (2004). Blazing the Trail. American Institute of Aeronautics and Astronautics. pp. 426. ISBN 978-1563477058 
  34. ^ Brian Harvey (2003). Europe's Space Programme. Springer Science+Business Media. pp. 114. ISBN 978-1852337223 
  35. ^ http://bddnews.com/post/20140916_806/
  36. ^ http://bangla-joho.com/culture/2015/12/17/703/
  37. ^ Vremenik”. 2010年3月17日閲覧。
  38. ^ https://sorae.info/030201/4906.html
  39. ^ Dan Morrill. “Hack a Satellite while it is in orbit”. ITtoolbox. 2008年3月25日閲覧。
  40. ^ AsiaSat accuses Falungong of hacking satellite signals”. Press Trust of India. 2008年3月25日閲覧。
  41. ^ a b William J. Broad; David E. Sanger (2007年). “China Tests Anti-Satellite Weapon, Unnerving U.S.”. ニューヨーク・タイムス. 2008年3月25日閲覧。
  42. ^ Navy Missile Successful as Spy Satellite Is Shot Down”. Popular Mechanics (2008年). 2008年3月25日閲覧。



人工衛星

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:58 UTC 版)

名詞

人工衛星じんこうえいせい

  1. 地球周りを回る軌道投入され人工天体気象観測科学研究通信放送測地軍事どの様々な目的使用される

発音(?)

じ↗んこーえ↘ーせー

関連語

翻訳


「人工衛星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人工衛星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

人工衛星のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人工衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人工衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS