ジェミニ計画とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙用語 > ジェミニ計画の意味・解説 

ジェミニ計画 Gemini

1960年代アメリカが行った二人乗り有人宇宙船計画アポロによる月着陸前段階として、有人宇宙飛行技術開発を行った重要な計画であった。この計画から多く宇宙飛行士が後のアポロ計画参加した。

ジェミニ計画

宇宙空間での共同作業をめざして実施された計画

1961年マーキュリー計画での有人宇宙飛行成功自信をつけた当時ケネディ大統領は、10年以内人類を月に送り出すという声明出しました。これが、のちのアポロ計画へとつながります。その実現には宇宙での共同作業をおこなう必要があり、その訓練のために生まれたのがジェミニ計画でした。2人宇宙飛行士同時に宇宙送り出すという意味で、ふたご座をさす「ジェミニ」の名前が使われました。

ジェミニ6・7号のランデブーシーン
ジェミニ6・7号のランデブーシーン

改良された宇宙船で、2人の宇宙飛行士を宇宙へ

1965年3月23日バージル・グリソムジョン・W・ヤング
の乗ったジェミニ3号打ち上げられました。宇宙船重量これまでの2倍近くの3.2tになり、ロケットには水素酸素使用して発電する燃料電池がはじめて使われました。2人用のスペース確保するために宇宙船改良おこなわれましたが、これまでの1.5倍のスペースしか確保できず、かなりせまいものでした。



ジェミニ4号のエドワード・ホワイトが、アメリカ初の宇宙遊泳

1965年6月3日打ち上げられたジェミニ4号搭乗したエドワード・ホワイト飛行士は、アメリカ人としてはじめ宇宙遊泳成功しました。21分間宇宙遊泳がおわり、帰還指示を受けたとき、「私の生涯でもっとも悲しい瞬間だ」と言ったそうです彼の宇宙遊泳データは、のちのアポロ計画長時間月面活動に耐えられるような宇宙服設計などに役立てられました。

アメリカ初の宇宙遊泳をおこなったホワイト宇宙飛行士
アメリカ初の宇宙遊泳をおこなったホワイト宇宙飛行士

ジェミニ6号、ジェミニ7号が、世界初のランデブーに成功

2台の宇宙船ランデブー技術確立することが、ジェミニ計画の目的1つでした。そのためジェミニ宇宙船には、自力軌道変えるための制御ロケット備え付けられました。これらは今まで宇宙船区別するために「第2世代宇宙船」と呼ばれ、旧ソ連ソユーズ宇宙船もこれにあたります。ジェミニ6号と7号は、1965年12月地球軌道上で世界初ランデブー実験成功しました。

ジェミニ6・7号のランデブー。約30cmの距離まで接近しました。
ジェミニ6・7号のランデブー。約30cmの距離まで接近しました。


ジェミニ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/28 03:22 UTC 版)

ジェミニ計画(ジェミニけいかく、英語: Project Gemini)は、アメリカ合衆国航空宇宙局(NASA)の二度目の有人宇宙飛行計画である。1961年から1966年にかけ、マーキュリー計画アポロ計画の間に行われた。ジェミニ宇宙船は2名の宇宙飛行士を宇宙に送る能力があり、1965年から1966年までの間に10名の宇宙飛行士地球周回低軌道を飛行した。この計画により、アメリカは東西冷戦時代にソビエト連邦との間でくり広げられた宇宙開発競争において優位に立つこととなった。




注記

  1. ^ 1966年に有人軌道実験室の試験飛行のためにジェミニ2号を再発射させた際には、唯一タイタンIIではなくタイタンIIIC が使用された
  2. ^ ジェミニ3号までは新しい管制センターはまだ試験段階であったため、ケープ・ケネディにあるマーキュリー管制室が使用された。ヒューストンが使用されたのはジェミニ4号からで、このときはマーキュリー管制室はバックアップに使われた。ジェミニ5号から現在に至るまでは、宇宙船の管制はすべてヒューストンで行われている
  3. ^ パラグライダーを使用して着地させる要求は、1964年に却下された。
  4. ^ ジェミニが10回の飛行をしている間、ソ連は一度も有人宇宙飛行を行わなかった。また史上初の宇宙遊泳を達成したにも関わらず、1969年1月まで船外活動が行われることはなかった。

引用

  1. ^ a b c d Gainor (2001), pp. 93, 97–99.
  2. ^ a b Hacker & Grimwood (1977), pp. XV, 75.
  3. ^ Schwartz, John (2018年10月17日). “Why Does ‘First Man’ Say Gemini as ‘Geminee’? NASA Explains. Sorta.”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/10/17/movies/first-man-gemini-nasa.html 2018年11月6日閲覧。 
  4. ^ Loff (2013).
  5. ^ a b Murray & Cox (1989), pp. 33–34.
  6. ^ Reguly (1965), p. 7.
  7. ^ Agle (1998).
  8. ^ Farmer & Hamblin (2004), pp. 51–54.
  9. ^ Gatland (1976), p. 42.
  10. ^ a b Dryden (1964), p. 362.
  11. ^ Tomayko (1988), pp. 10-19.
  12. ^ a b Dumoulin, Jim (August 25, 2000), NASA Project Gemini-XI, retrieved April 12, 2010
  13. ^ "Orbital Rendezvous". Buzz Aldrin. Retrieved 2011-10-09.
  14. ^ "NASA, Project Gemini". NASA. Archived from the original on 2004-11-07. Retrieved 2011-10-14.
  15. ^ Wilford, John Noble (July 1969). We Reach the Moon. New York: Bantam Books. p. 67.
  16. ^ Lafleur, Claude (2010-03-08). "Costs of US piloted programs". The Space Review. Retrieved February 18, 2012.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェミニ計画」の関連用語

ジェミニ計画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジェミニ計画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェミニ計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS