シミュレーターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > シミュレーターの意味・解説 

シミュレーター【simulator】


シミュレーター

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

シミュレーション

(シミュレーター から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:52 UTC 版)

シミュレーション: simulation)は、何らかのシステムの挙動を、それとほぼ同じ法則に支配される他のシステムや計算によって模擬すること[1][2]。simulationには「模擬実験」や「模擬訓練」という意味もある[3]


注釈

  1. ^ 石綿敏雄は、日本語の(漢語由来の)拗音には歯音系のシュ・ジュが多く、唇音系のミュ・ヒュ・ビュが少ないことから、日本人にとって「シミュレーション」より「シュミレーション」のほうがずっと発音しやすく、このことが誤表記・誤発音の要因となっているのではと推測している[4]
  2. ^ 英語版のSimulationの記事がこれを「状態遷移表」としている。等価性としては多分それでもいいと思うが普通は、万能チューリングマシンの議論では、状態遷移表は万能機械を記述する遷移表とし、対象機械の記述はテープの初期状態として与える。
  3. ^ 完全には同じではないが、宇宙飛行士は、自分の身体が浮いてしまっている状況での作業の困難さを体験することができる。

出典

  1. ^ 広辞苑第6版
  2. ^ a b c d e f g 増田顕邦ほか『シミュレーション入門』日刊工業新聞社昭和36年9月23日発行)
  3. ^ simulationの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
  4. ^ 石山茂利夫『今様こくご辞書』読売新聞社、1998年、48-51頁。ISBN 4-643-98075-3
  5. ^ a b c d e f g Gould, H., Tobochnik, J., & Christian, W. (1988). An introduction to computer simulation methods (Vol. 1). New York: Addison-Wesley.
  6. ^ a b c ブリタニカ百科事典「シミュレーション」
  7. ^ a b Wilkins, M. L. (2013). Computer simulation of dynamic phenomena. Springer Science & Business Media.
  8. ^ a b Allen, M. P., & Tildesley, D. J. (2017). Computer simulation of liquids. Oxford University Press.
  9. ^ Pidd, M. (1998). Computer simulation in management science (Vol. 4). Chichester: Wiley.
  10. ^ シミュレータ』 - コトバンク
  11. ^ 杉原正顯, & 室田一雄. (1994). 数値計算法の数理. 岩波書店.
  12. ^ 森正武 (2002) 数値解析第2版, 共立出版.
  13. ^ エミュレーション』 - コトバンク
  14. ^ Lu, X., & Guan, H. (2017). Earthquake disaster simulation of civil infrastructures. Beijing: Springer and Science Press.
  15. ^ Imamura, F. (1996). Review of tsunami simulation with a finite difference method. Long-wave runup models, 25-42.
  16. ^ Goto, C., Ogawa, Y., Shuto, N., & Imamura, F. (1997). Numerical method of tsunami simulation with the leap-frog scheme. IUGG/IOC TIME Project Intergovernmental Oceanographic Commission of UNESCO, Manuals and Guides, 35, 126.
  17. ^ a b Allerton, D. (2009). Principles of flight simulation. John Wiley & Sons.
  18. ^ a b Rolfe, J. M., & Staples, K. J. (Eds.). (1988). Flight simulation (No. 1). Cambridge University Press.
  19. ^ a b Baarspul, M. (1990). A review of flight simulation techniques. Progress in Aerospace Sciences, 27(1), 1-120.
  20. ^ a b Miller, R., Hobday, M., Leroux-Demers, T., & Olleros, X. (1995). Innovation in complex systems industries: the case of flight simulation. Industrial and corporate change, 4(2), 363-400.
  21. ^ a b Allerton, D. J. (2010). The impact of flight simulation in aerospace. The Aeronautical Journal, 114(1162), 747-756.
  22. ^ a b Rosenkopf, L., & Tushman, M. L. (1998). The coevolution of community networks and technology: Lessons from the flight simulation industry. Industrial and corporate change, 7(2), 311-346.
  23. ^ Faria, A. J., & Nulsen, R. O. (1996, March). Business simulation games: current usage levels. A ten year update. In Developments in Business Simulation and Experiential Learning: Proceedings of the Annual ABSEL conference (Vol. 23).
  24. ^ Pando-Garcia, J., Periañez-Cañadillas, I., & Charterina, J. (2016). Business simulation games with and without supervision: An analysis based on the TAM model. Journal of Business Research, 69(5), 1731-1736.
  25. ^ Chang, J., Lee, M., Ng, K. L., & Moon, K. L. (2003). Business simulation games: the Hong Kong experience. Simulation & gaming, 34(3), 367-376.
  26. ^ Lacy, R. C. (1993). VORTEX: a computer simulation model for population viability analysis. Wildlife research, 20(1), 45-65.
  27. ^ Hampe, J., Wienker, T., Schreiber, S., & N√ ºrnberg, P. (1998). POPSIM: a general population simulation program. Bioinformatics (Oxford, England), 14(5), 458-464.
  28. ^ Yuan, X., Miller, D. J., Zhang, J., Herrington, D., & Wang, Y. (2012). An overview of population genetic data simulation. Journal of Computational Biology, 19(1), 42-54.
  29. ^ Dyke, B., & MacCluer, J. W. (Eds.). (2014). Computer simulation in human population studies. Academic Press.
  30. ^ 切らない二重術(二重埋没法) | 浦和駅から徒歩1分の美容医院 | OZI SKIN CLINIC”. www.ozi-skin.com. 2021年11月25日閲覧。
  31. ^ 磯田道史 『日本史の探偵手帳』 文春文庫 2019年 p.98.
  32. ^ 田畑孝一, & 大野豊. (1975). 対話型シミュレーション・システム. 情報処理学会研究報告知能と複雑系 (ICS), 1975(3 (1975-ICS-020)), 1-10.
  33. ^ 金野千里, 梅谷征雄, 太田忠, 深田肇, 山賀晋, & 池田美以子. (1992). 対話型数値シミュレーションシステム: ビジュアル DEQSOL. 情報処理学会論文誌, 33(7), 929-943.
  34. ^ Hockney, R. W., & Eastwood, J. W. (1988). Computer simulation using particles. CRC Press.
  35. ^ Birdsall, C. K., & Langdon, A. B. (2004). Plasma physics via computer simulation. CRC Press.
  36. ^ Van Gunsteren, W. F., & Berendsen, H. J. (1990). Computer simulation of molecular dynamics: methodology, applications, and perspectives in chemistry. Angewandte Chemie International Edition in English, 29(9), 992-1023.
  37. ^ Conte, R., Hegselmann, R., & Terna, P. (Eds.). (2013). Simulating social phenomena (Vol. 456). Springer Science & Business Media.
  38. ^ Gilbert, N., & Doran, J. (Eds.). (2018). Simulating societies: the computer simulation of social phenomena. Routledge.
  39. ^ Barceló, J. (2010). Fundamentals of traffic simulation. New York: Springer.
  40. ^ Raychaudhuri, S. (2008, December). Introduction to Monte Carlo simulation. In 2008 Winter simulation conference (pp. 91-100). IEEE.
  41. ^ Bonate, P. L. (2001). A brief introduction to Monte Carlo simulation. Clinical pharmacokinetics, 40(1), 15-22.
  42. ^ Binder, K. (Ed.). (1995). Monte Carlo and molecular dynamics simulations in polymer science. Oxford University Press.
  43. ^ Segala, R., & Lynch, N. (1995). Probabilistic simulations for probabilistic processes. Nordic Journal of Computing, 2(2), 250-273.
  44. ^ Rohrlich, F. (1990, January). Computer simulation in the physical sciences. In PSA: Proceedings of the biennial meeting of the philosophy of science association (Vol. 1990, No. 2, pp. 507-518). Philosophy of Science Association.
  45. ^ Lynch, P. (2008). The origins of computer weather prediction and climate modeling. Journal of computational physics, 227(7), 3431-3444.
  46. ^ Kimura, R. (2002). Numerical weather prediction. Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 90(12-15), 1403-1414.
  47. ^ a b c d Center for Computational Astrophysics
  48. ^ NS3 NSNAM Home Page
  49. ^ QualNet Home Page
  50. ^ 構造計画研究所QualNet Home Page
  51. ^ OPNET Modeler Home Page
  52. ^ 情報工房OPNET Modeler Home Page
  53. ^ Chaturvedi, D. K. (2017). Modeling and simulation of systems using MATLAB and Simulink. CRC Press.
  54. ^ Lu, Z., & Yang, H. (2012). Unlocking the power of OPNET modeler. Cambridge University Press.
  55. ^ Arrillaga, J. A., & Harker, B. J. (1983). Computer modelling of electrical power systems. John Wiley & Sons, Inc..
  56. ^ a b c 原岡 充「Radio Mobile を使った中山間地域の電波伝搬シミュレーション」『CQ ham radio』2009年1月号、CQ出版社東京都豊島区、2009年1月、 pp. 84-89。
  57. ^ NASA デジタル地形データダウンロード・サイト (FTP) - NxxEyyy.hgt.zip の xx は北緯、yyy は東経。注意:アクセスが集中していると接続拒否される。
  58. ^ Radio Mobile ダウンロード・サイト
  59. ^ Hill, R. R., & Miller, J. O. (2017, December). A history of United States military simulation. In 2017 Winter Simulation Conference (WSC) (pp. 346-364). IEEE.
  60. ^ Hill, R. R., & Tolk, A. (2017). A history of military computer simulation. In Advances in Modeling and Simulation (pp. 277-299). Springer, Cham.
  61. ^ JCSS History
  62. ^ JCSS User’s Manual7.0 Final (OPNET 2.6.4)
  63. ^ Winston, W. L., & Goldberg, J. B. (2004). Operations research: applications and algorithms (Vol. 3). Belmont^ eCalif Calif: Thomson/Brooks/Cole.
  64. ^ Taha, H. A. (2013). Operations research: an introduction. Pearson Education India.
  65. ^ Hillier, F. S. (2012). Introduction to operations research. Tata McGraw-Hill Education.
  66. ^ Lee, W. S., Grosh, D. L., Tillman, F. A., & Lie, C. H. (1985). Fault Tree Analysis, Methods, and Applications ߝ A Review. IEEE transactions on reliability, 34(3), 194-203.
  67. ^ Vesely, W. E., Goldberg, F. F., Roberts, N. H., & Haasl, D. F. (1981). Fault tree handbook (No. NUREG-0492). Nuclear Regulatory Commission Washington DC.
  68. ^ Ruijters, E., & Stoelinga, M. (2015). Fault tree analysis: A survey of the state-of-the-art in modeling, analysis and tools. Computer science review, 15, 29-62.
  69. ^ Bayarri, S., Fernandez, M., & Perez, M. (1996). Virtual reality for driving simulation. Communications of the ACM, 39(5), 72-76.
  70. ^ Cremer, J., Kearney, J., & Papelis, Y. (1996). Driving simulation: challenges for VR technology. IEEE Computer Graphics and Applications, 16(5), 16-20.
  71. ^ 稲石正明, 近藤逸人, & 川口明. (2004). 船舶群と船舶群の遭遇シミュレーション. 日本航海学会論文集, 110, 1-7.
  72. ^ 田中邦彦, 金湖富士夫, 宮崎恵子, & 桐谷伸夫. (1993). 船舶航行システムの安全評価用シミュレータ-I: リアリティのある景観情報. 日本航海学会論文集, 88, 129-136.
  73. ^ Aldrich, C. (2003). Learning by Doing : A Comprehensive Guide to Simulations, Computer Games, and Pedagogy in e-Learning and Other Educational Experiences. San Francisco: Pfeifer — John Wiley & Sons.
  74. ^ Aldrich, C. (2004). Simulations and the future of learning: an innovative (and perhaps revolutionary) approach to e-learning. San Francisco: Pfeifer — John Wiley & Sons.
  75. ^ Percival, F., Lodge, S., Saunders, D. (1993). The Simulation and Gaming Yearbook: Developing Transferable Skills in Education and Training. London: Kogan Page.
  76. ^ 普通科部隊戦闘射撃訓練シミュレーター - 陸上自衛隊
  77. ^ Kunkler, K. (2006). The role of medical simulation: an overview. The International Journal of Medical Robotics and Computer Assisted Surgery, 2(3), 203-210.
  78. ^ Rosen, K. R. (2008). The history of medical simulation. Journal of critical care, 23(2), 157-166.
  79. ^ Dawson, S. L., & Kaufman, J. A. (1998). The imperative for medical simulation. Proceedings of the IEEE, 86(3), 479-483.
  80. ^ Henderson, K. (1998). On line and on paper: Visual representations, visual culture, and computer graphics in design engineering. MIT Press.
  81. ^ Foley, J. D., Van, F. D., Van Dam, A., Feiner, S. K., Hughes, J. F., Angel, E., & Hughes, J. (1996). Computer graphics: principles and practice (Vol. 12110). Addison-Wesley Professional.
  82. ^ Waddell, P. (2002). UrbanSim: Modeling urban development for land use, transportation, and environmental planning. Journal of the American planning association, 68(3), 297-314.
  83. ^ Borning, A., Waddell, P., & Förster, R. (2008). UrbanSim: Using simulation to inform public deliberation and decision-making. In Digital government (pp. 439-464). Springer, Boston, MA.
  84. ^ Salvini, P., & Miller, E. J. (2005). ILUTE: An operational prototype of a comprehensive microsimulation model of urban systems. Networks and spatial economics, 5(2), 217-234.
  85. ^ distrimobs.fisicadellacitta.it
  86. ^ Griebel, M., Dornseifer, T., & Neunhoeffer, T. (1998). Numerical simulation in fluid dynamics: a practical introduction. Society for Industrial and Applied Mathematics.
  87. ^ James, J. C. (1989). Process modeling, simulation and control for chemical engineers. McGraw-Hill.
  88. ^ Dobre, T. G., & Marcano, J. G. S. (2007). Chemical engineering: Modeling, simulation and similitude. John Wiley & Sons.
  89. ^ Fishman, G. S. (2013). Discrete-event simulation: modeling, programming, and analysis. Springer Science & Business Media.
  90. ^ Zeigler, B. P., Muzy, A., & Kofman, E. (2018). Theory of modeling and simulation: discrete event & iterative system computational foundations. Academic press.
  91. ^ Campos, D., Dias, N., Dias, A., & Ferreira, H. (2010). INTRODUCING NUMERICAL ANALYSIS TOOLS IN ENGINEERING. A SCILAB USER CASE IN ELECTRONICS COURSE. Proceedings of ICERI, 5178-5184.
  92. ^ Bunks, C., Chancelier, J. P., Delebecque, F., Goursat, M., Nikoukhah, R., & Steer, S. (2012). Engineering and scientific computing with Scilab. Springer Science & Business Media.
  93. ^ Mora, Á., Galán, J. L., Aguilera, G., Fernández, Á., Mérida, E., & Rodríguez, P. (2010). Scilab and Maxima Environment: Towards Free Software in Numerical Analysis. International Journal for Technology in Mathematics Education, 17(2).
  94. ^ Liao, W., Dong, N., & Fan, T. (2009, September). Application of Scilab in teaching of engineering numerical computations. In 2009 IEEE International Workshop on Open-source Software for Scientific Computation (OSSC) (pp. 88-90). IEEE.
  95. ^ Hansen, J. S. (2011). GNU Octave: Beginner's Guide: Become a Proficient Octave User by Learning this High-level Scientific Numerical Tool from the Ground Up. Packt Publishing Ltd.
  96. ^ Eaton, J. W. (2012). GNU Octave and reproducible research. Journal of Process Control, 22(8), 1433-1438.
  97. ^ Eaton, J. W. (2001, March). Octave: Past, present and future. In Proceedings of the 2nd International Workshop on Distributed Statistical Computing.
  98. ^ Crawley, M. J. (2012). The R book. John Wiley & Sons.
  99. ^ Dalgaard, P. (2008). Introductory statistics with R. Springer.
  100. ^ Maronna, R. A., Martin, R. D., & Yohai, V. J. (2019). Robust statistics: theory and methods (with R). John Wiley & Sons.
  101. ^ Ugarte, M. D., Militino, A. F., & Arnholt, A. T. (2008). Probability and Statistics with R. CRC Press.



シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:40 UTC 版)

量子コンピュータアルゴリズムシミュレーションにより実行するためのシミュレーターが多数作られている。一覧については、List of QC simulatorsを参照

※この「シミュレーター」の解説は、「量子コンピュータ」の解説の一部です。» 「量子コンピュータ」の概要を見る


シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 15:41 UTC 版)

シナリオ進行関係なく自由にプレイ可能な戦闘マップ他のシリーズで言う闘技場にあたる

※この「シミュレーター」の解説は、「FRONT MISSION3」の解説の一部です。» 「FRONT MISSION3」の概要を見る


シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 15:03 UTC 版)

経験値500ポイント追加

※この「シミュレーター」の解説は、「第2次スーパーロボット大戦Z」の解説の一部です。» 「第2次スーパーロボット大戦Z」の概要を見る


シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 18:00 UTC 版)

特定条件満たすこと解放されるシナリオ主人公所属組織開発した高性能シミュレーターを使って実戦さながら訓練を行う。何回でもプレイでき、シミュレーターでありながら、敵を倒したきに入手できる素材パーツ資金通常シナリオと同様入手できる

※この「シミュレーター」の解説は、「スーパーロボット大戦Operation Extend」の解説の一部です。» 「スーパーロボット大戦Operation Extend」の概要を見る


シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:40 UTC 版)

量子コンピュータアルゴリズムシミュレーションにより実行するためのシミュレーターが多数作られている。一覧については、List of QC simulatorsを参照

※この「シミュレーター」の解説は、「量子コンピュータ」の解説の一部です。» 「量子コンピュータ」の概要を見る


シミュレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:40 UTC 版)

量子コンピュータアルゴリズムシミュレーションにより実行するためのシミュレーターが多数作られている。一覧については、List of QC simulatorsを参照

※この「シミュレーター」の解説は、「量子コンピュータ」の解説の一部です。» 「量子コンピュータ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シミュレーター」の例文・使い方・用例・文例




シミュレーターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「シミュレーター」に関係したコラム

  • 株365の取引をシミュレーションするには

    株365を取り扱う証券会社では2012年9月現在、株365用のデモ口座を用意していません。そのため、事前に株365の取引を体験することができません。しかし、東京金融取引所では株365のWebサイトで実...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

シミュレーターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シミュレーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシミュレーターの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシミュレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの量子コンピュータ (改訂履歴)、FRONT MISSION3 (改訂履歴)、第2次スーパーロボット大戦Z (改訂履歴)、スーパーロボット大戦Operation Extend (改訂履歴)、量子コンピュータ (改訂履歴)、量子コンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS