模型鉄とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 模型鉄の意味・解説 

模型鉄

読み方:もけいてつ

鉄道愛好する人のうち、特に鉄道模型鑑賞したり組み立てたりすることを主な趣味とする人のこと。「」はここでは鉄道ファン鉄道愛好家を指す語。

鉄道模型

(模型鉄 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 14:45 UTC 版)

鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺軌間による鉄道車両線路模型をいう。




  1. ^ 昌平坂学問所の河田八之助(河田興)が跨って乗車した記録がある。『昌平坂学問所日記』3、斯文会・橋本昭彦、斯文会・東洋書院 (発売)、2006年1月。ISBN 4885943825NCID BA3981881Xを参照
  2. ^ 江戸大博覧会
  3. ^ a b c 上田龍史「日本鉄道模型小史」『鉄道模型趣味』No.498
  4. ^ 田口武二郎「日本で最初に走った電車と模型電車」『鉄道ピクトリアル』No.377
  5. ^ 鉄道友の会60年のあゆみ編纂委員会, Railfan編集部 編.『鉄道友の会60年のあゆみ』、鉄道友の会、2014年、7頁
  6. ^ 田口達也『ヴィンテージ鉄道模型大全』誠文堂新光社、9頁
  7. ^ 子供が部屋中に線路を敷き詰め模型を走らせている写真が掲載されているが子供はのちの歌舞伎役者片岡仁左衛門 (13代目)でこの価格はライブスティーム並みとみられる。山崎喜陽「ミキスト」『鉄道模型趣味』No.437、57頁
  8. ^ 原信太郎が祖母にかってもらったライオネルの電気機関車と客車セットは濱口雄幸首相の月給450円より高い495円であった。原信太郎『原信太郎鉄道模型のすべて』誠文堂新光社、2008年、150頁
  9. ^ 田口達也『ヴィンテージ鉄道模型大全』誠文堂新光社、 90頁
  10. ^ 少年技師ハンドブックシリーズを執筆
  11. ^ 東京帝国大学工学部の助手であった『工作の時代『子供の科学』で大人になった』INAX出版、2007年、67頁
  12. ^ 「電気機関車の作り方」『模型製作ABC』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 芝浦製作所に勤務していた
  14. ^ 小川菊松 『出版興亡五十年』 誠文堂新光社、1953年8月5日、485-487頁。 
  15. ^ 本間は『我等の標準5cm』と呼び「軌間の幅は大きすぎず小さすぎず記憶しやすい数をさだめ」(本間清人『電気機関車と電車の作り方』新光社、1930年29-30頁)とし、また酒井喜房は日本でもメートル法を採用する機運があった時期でありラウンドナンバーでわかりやすいという単純な理由ではないかとみている(酒井喜房「モデルレールローダーの研究室」『模型と工作』1964年3月)
  16. ^ 上田龍史「日本鉄道模型小史」『鉄道模型趣味』No.499
  17. ^ 「座談会 模型鉄道昔々」『とれいん』No.19
  18. ^ カワイモデルが1936年に創刊した鉄道模型雑誌。同誌は月極読者を会員として青写真設計図の配布・見学会など行い最盛期には会員数500人を超えていた。
  19. ^ 1942年川崎車両に入社しC62の設計にもかかわる
  20. ^ この考えかたは16番につながる
  21. ^ 上田龍史「日本鉄道模型小史」『鉄道模型趣味』No.500
  22. ^ 35mmゲージ擁護派からは「日本人なら35mm・1/30という国鉄のスケールどおりのゲージをつかうべきで、32mm・1/45など外国のゲージを採用するファンは非国民である」等当時の模型に対する国粋的風潮をうしろだてに論陣をはっていた。山崎喜陽「ミキスト」『鉄道模型趣味』No.542
  23. ^ 松本謙一「山崎喜陽氏を偲んで」『とれいん (雑誌)』No.349
  24. ^ 田口達也『ヴィンテージ鉄道模型大全』誠文堂新光社、 149頁
  25. ^ 水野良太郎『鉄道模型入門』廣済堂、1977年、76-79頁
  26. ^ 『子供の科学』1963年1月号掲載の科学教材社の通販カタログよりOゲージ製品が消えた
  27. ^ TMS編集部「国鉄蒸気誌上展」『鉄道模型趣味』No.239-240
  28. ^ TMS編集部「市販国鉄電気誌上展」『鉄道模型趣味』No.212
  29. ^ 山崎喜陽「ミキスト」『鉄道模型趣味』No.175
  30. ^ 輸出品とくらべ日本型が見劣りするのは1962年大卒初任給17,815円の時代にカツミ模型店のOゲージビッグボーイは336ドル(日本円120,960円)もしたからである(なんこう「米国型Oゲージ図鑑」『とれいん』No.384、38頁)。
  31. ^ 『Tenshodo Book 1949-1999』天賞堂、2000年、21頁
  32. ^ 1983年頃の有力卸業者の鉄道模型の1年間の売上高は110-120億円でこのうちNゲージ関連が80-85%を占める。山崎喜陽「ミキスト」『鉄道模型趣味』 No.444
  33. ^ Electrically Driven Locomotives In 1/480th Scale”. 2015年9月9日閲覧。
  34. ^ NHK趣味悠々 ようこそ!鉄道模型の世界へ ~レイアウト制作入門~(日本放送出版協会)p10
  35. ^ 模型車両では列車重量に比して車軸軸受フランジ・レール間の摩擦抵抗が非常大きいため、スケールスピードで実物通りに何分間も惰行するようなことはもともと望めない。また、通常の電動式鉄道模型車両は制動装置を持たないため、惰行を許す設計を採った場合、下り勾配での速度制御や、勾配上での停止や留置に対する転動対策も必要となる。
  36. ^ それぞれの車両(動力車)のモーター特性(起動電流値、トルク特性、消費電力など)、歯車比、摺動抵抗、(特に勾配で差が顕著となる)重量が異なる場合は速度がシンクロすることは無い。


「鉄道模型」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「模型鉄」の関連用語

模型鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



模型鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄道模型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS