プラレールとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > プラレールの意味・解説 

プラレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 01:04 UTC 版)

プラレール英語: Pla-rail)は、タカラトミーが発売・販売している鉄道玩具である。姉妹品に、自動車玩具のトミカ、小型版プラレールのカプセルプラレール(発売はタカラトミーアーツ)がある。


注釈

  1. ^ いっぱいつなごう!セット等。
  2. ^ この、「3両編成の列車」という基本コンセプトは、同社の鉄道模型ブランドである「TOMIX」の基本セットの車両数でも一部用いられているが、TOMIXが3両の基本セットを始めたのは1990年代末になってからで、このスタイルを確立させたのはプラレールのほうが先行している。
  3. ^ 現在は廃盤となっているが、ファンの中ではタイにあるプラレール製造工場が台風による洪水によって被災、型やデータがダメになったため廃盤になったと言われている。
  4. ^ このような造形の鉄道模型車両をショーティーと呼ぶ。
  5. ^ 蒸気機関車モノレール、連接式の路面電車など。
  6. ^ 実際の鉄道車両はこれとは逆に、車輪に設けた傾斜と出っ張り(フランジ)で脱線を防ぐ。車輪を参照。
  7. ^ 多くは単3乾電池1本だが、単2乾電池を1本使用するものもある。
  8. ^ 「手ころがし」と呼ばれる。
  9. ^ 長さはレール幅と同じ。
  10. ^ 曲線半径は直線レール1.5本分。Y字レールの外側曲線として使用する。

出典

  1. ^ 「プラレールの40年」『プラレールのすべて』1999年5月、 60頁、 ISBN 4873661811
  2. ^ 『プラレールのすべて』P61。
  3. ^ 『プラレールのすべて』P63。
  4. ^ a b c d “プラレール 訓練オーライ”. 東京新聞 (中日新聞東京本社): p. 32. (2012年6月13日) 
  5. ^ 松倉佑輔、平地修 (2015年4月7日). “新商標:音や色の出願、1週間で500件”. 毎日新聞. 2015年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月25日閲覧。
  6. ^ 徹底解剖|基地に変形!! 超ビッグドクターイエローセット”. TAKARATOMY (2018年9月10日). 2018年10月5日閲覧。
  7. ^ 変形ドデカシンカンセンのぞみ|徹底解剖”. TAKARATOMY (2021年6月30日). 2021年9月2日閲覧。
  8. ^ 新技術採用!プラレールきかんしゃトーマス「蒸気がシュッシュッ!トーマスセット」3月30日(木)新発売のお知らせ (PDF)”. TAKARATOMY (2017年2月9日). 2017年2月9日閲覧。
  9. ^ -「ニチイチェーンよいこシリーズ」ってなんだ!?-D51きゅうこうセット”. 2014年1月3日閲覧。
  10. ^ a b プラレール「都営新宿線10-300形(4次車)」、「東京さくらトラム(都電荒川線)9000形(9001号車)」を販売します!”. 東京都交通局 (2020年3月31日). 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ プラレール「都営浅草線5300形」を販売します!”. 東京都交通局 (2019年5月14日). 2020年4月25日閲覧。
  12. ^ プラレール「都営浅草線5500形」を販売します!”. 東京都交通局 (2019年4月1日). 2020年4月25日閲覧。
  13. ^ (繁体字中国語)凱蒂迷哭哭!台鐵Hello Kitty彩繪列車 明年2月前卸妝”. 自由時報 (2018年8月9日). 2019年8月15日閲覧。
  14. ^ (繁体字中国語)首登場!桃園機場捷運100%打造模型車軌道”. EBC 東森電視 (2018年12月25日). 2019年8月15日閲覧。
  15. ^ タカラトミー. “プラレール 商品ラインナップ レールセット・大型情景”. プラレール公式ウェブサイト. 2018年1月15日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラレール」の関連用語

プラレールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プラレールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラレール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS