おともだちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 丁寧表現辞書 > おともだちの意味・解説 

お友達

読み方:おともだち

名詞友達」に、接頭辞「お」がついたもの。

御友達

読み方:おともだち

名詞友達」に、接頭辞「御」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おともだち

作者小林正樹

収載図書“浅”見の明
出版社彩図社
刊行年月1999.10
シリーズ名ぶんりき文庫


おともだち

作者矢橋

収載図書あなたに贈る「安全運転」―交通安全ショートショート
出版社モビリティ文化出版
刊行年月2005.10

収載図書Give way交通安全ショート・ショート
出版社中日出版社
刊行年月2008.10


御友達

読み方:おともだち

  1. 現金ノミノ窃盗犯。〔第三類 犯罪行為
  2. 現金専門窃盗犯
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おともだち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/06 14:49 UTC 版)

おともだち講談社が発行している幼児向け雑誌1972年8月に創刊[1]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 変身ヒーロー大全集 1995, p. 178, 「変身ブーム博物館II 雑誌」
  2. ^ 東映アニメーション製作、朝日放送日曜朝8時30分枠のアニメの一つで、2017年度は第14作目かつ12代目にあたる『キラキラ☆プリキュアアラモード』。
  3. ^ ただし、豪華な付録が付いた分、雑誌の価格に転嫁され、通常よりだいぶ高い600~700円台となった。ちなみに『たのしい幼稚園』ではその1年後の2009年12月号で初めて付録にDVDが付けられた。
  4. ^ 幼児向け雑誌『おともだち』の付録、"プリキュアの音声付き自販機"がすごい,マイナビニュース,2017年7月31日
  5. ^ 大きいお友達も大興奮! 女児雑誌のプリキュア付録が「豪華すぎる」,J-CASTトレンド,2017年8月1日
  6. ^ 逆に『たのしい幼稚園』の場合は同誌の対象年齢と『プリキュア』の年齢層がほぼ一致しているため、部数面で『(小学館の)幼稚園』をリードしている。
  7. ^ アニメ版放送時(2005年5月号 - 2009年4月号)はアニメ版を中心に掲載。
  8. ^ 2002年から2008年3月までの間は、小学館系の雑誌が取り上げていた。
  9. ^ 一度掲載休止していたが、2年目開始時に復帰。
  10. ^ 2011年5月号以降は小学館系の雑誌にて掲載。
  11. ^ “また講談社の幼児誌から刃 中国工場で製造、取引中止「何者かが入れた」”. 産経ニュース (MSN). (2012年12月7日). オリジナル2012年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121209030342/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121207/crm12120711100004-n1.htm 2012年12月9日閲覧。 


「おともだち」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「おともだち」の関連用語

おともだちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series SH-05B

SH001

高林 正宏

重機搬送車

片添ヶ浜海水浴場

Benjamin Harrison

ガットナイフ

液化天然ガス





おともだちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおともだち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS