月刊少年マガジンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 雑誌 > 日本の漫画雑誌 > 月刊少年マガジンの意味・解説 

月刊少年マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 07:28 UTC 版)

月刊少年マガジン』(げっかんしょうねんマガジン)は、講談社が発行する日本月刊少年漫画雑誌。毎月6日発売[1]。略称は 「月マガ」など。




  1. ^ 基本的に毎月6日発売。ただし、6日が土曜日の際は5日、6日が日曜日の際は4日発売となる。
  2. ^ 「奥付」『月刊少年マガジン』第42巻第6号、講談社、2015年5月2日。
  3. ^ 「表紙を飾る」という意味では3か月に1度程度の割合だが、それ以外の月も丸囲みで川原作品が紹介されることが多い。
  4. ^ 講談社、全漫画雑誌を紙と同時に電子化へ 「ヤングマガジン」など3誌からスタート”. ITmedia NEWS (2015年1月5日). 2017年3月9日閲覧。
  5. ^ 『週刊少年マガジン』では森川ジョージも同様の方針を取っている。
  6. ^ 別館月マガ
  7. ^ 月刊少年マガジン&少年マガジンR「別館月マガ」オープン!‐ニコニコインフォ”. blog.nicovideo.jp. 2019年5月23日閲覧。
  8. ^ a b c d 「活気帯びる月刊少年誌 100万部台で両雄激突」『朝日新聞』1987年10月3日付東京夕刊、5頁。
  9. ^ a b c d e 一般社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。
  10. ^ 『海皇紀』各巻の奥付より。
  11. ^ 月刊少年マガジン コミックス最新刊情報”. 講談社コミックプラス. 講談社 (n.d.). 2009年3月18日閲覧。
  12. ^ “次号12/20発売の1号より、「マガジンR」は月刊化&電子雑誌としてリニューアルをいたします。”. (2019年10月23日). http://www.magazine-r.co/news/82.html 2020年4月12日閲覧。 


「月刊少年マガジン」の続きの解説一覧

月刊少年マガジン+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 07:36 UTC 版)

月刊少年マガジン+』(マガジンプラス)は、講談社が2011年から2014年まで刊行していた少年漫画誌。同社の少年漫画誌『月刊少年マガジン』の増刊誌であった。




  1. ^ マガジンイーノ休刊、サクラ大戦、Q.E.D.らは新増刊で継続コミックナタリー
  2. ^ 月刊少年マガジンプラス休刊、新マンガ誌が年内誕生
  3. ^ 『Q.E.D. 証明終了』は描き下ろしや「月刊少年マガジン」掲載分で対応しているため、隔月誌だった「イーノ」時代とほぼ同じペースで発売している。


「月刊少年マガジン+」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「月刊少年マガジン」の関連用語

月刊少年マガジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



月刊少年マガジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月刊少年マガジン (改訂履歴)、月刊少年マガジン+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS