機動戦士ガンダム00とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 き > 機動戦士ガンダム00の意味・解説 

機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 02:25 UTC 版)

機動戦士ガンダム00』(きどうせんしガンダムダブルオー)は、日本テレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。ハイビジョン制作。作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は「00(数字のゼロ2つ)」で「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。


注釈

  1. ^ SDガンダム関連作品を含める場合、『SDガンダム三国伝』が最後にあたる。なお、東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県宮城県岩手県の3県の場合、『機動戦士ガンダムAGE』が最後のアナログ放送となる(ただし、アナログ放送は2012年3月25日放送分の第24話までとなる)。
  2. ^ 宇宙世紀、未来世紀、アフターコロニー、コズミック・イラでは前史として西暦が設定されている。
  3. ^ SDガンダムフォース』も含む。
  4. ^ なお、作中で年代の区切りを設ける展開は2011年放送の『機動戦士ガンダムAGE』でも行われているが、こちらは従来の作品と同様に1年単位での放送である。
  5. ^ 本作で1992年開始の『新伍のワガママ大百科』から続いたMBS製作「土6」枠は終了となった。
  6. ^ マイスターはドイツ語で「親方」を意味しているが、「職人」や「名人」、「達人」としての意味合いが強い。英語では、Master(達人)にあたる
  7. ^ この呼称は本作独自のもので、脚本を担当した黒田洋介による造語であるという[13]
  8. ^ アレハンドロ、ラグナ以外の監視者の素性は定かではない。監督である水島精二が『1st』時期の書籍で語るところによれば、監視者は200年間にわたって一族代々引き継いできた人間達であることから事なかれ主義に陥っており、ソレスタルビーイングへのビジョンは失っている状態だという。また、その中にあって、明確な野心を持っていたのはアレハンドロだとしている[16]。一方で、『2nd』の際に黒田洋介はその時代の重要な人物から賛同者を無作為に監視者としていた、中には一族代々その地位にあった者も存在するとしている[17]
  9. ^ 監督である水島精二が語るところによれば、『2nd』のラストで誕生した新政権は武力放棄と引き換えにそれまでの活動を許す声明を出していたものの、ソレスタルビーイングはこれを振り切ったとしている[21]
  10. ^ 作品・資料によっては「似」と表記されており、同一資料内でも表記に揺れがある。
  11. ^ 『2nd』小説版1巻ではアロウズ所属の艦艇はすべてGNドライヴ搭載型であると語られている。
  12. ^ 監督である水島精二はインタビューに際し、疑似太陽炉から発せられるGN粒子が毒性を発揮するのはビームのために出力した場合のみであり、通常の推進用途等に放出される際は問題がないとしている[32]。一方で、シリーズ間ではアリー・アル・サーシェスが疑似太陽路炉の粒子を込めた弾丸が刹那に着弾し、毒性を発揮している描写がみられる[33]
  13. ^ 小説版や外伝作品などではGNドライヴ[T]を搭載している機体を「太陽炉搭載機」と呼称したり、単に「GNドライヴ」と表現されたりしている。
  14. ^ 『2nd』最終話ラストシーンで木星の周囲に輝いていたのはこの粒子加速器である。
  15. ^ ガンダムデュナメスの超高高度狙撃銃、レグナントの大型ビーム砲等。
  16. ^ ガンダムエクシア等の第三世代ガンダムでは出力向上を目的に2基の太陽炉を直結させるダブルドライヴも試されていた[50]
  17. ^ このツインドライヴは純正GNドライヴによるツインドライヴと同じ効果をすべて再現したものではなく、これはリボンズがオリジナルのGNドライヴに拘る理由となった[57]。一方で、リボンズはダブルオーライザーとの敗北がGNドライヴの差にあると考えていたが、リボーンズガンダムの時点で疑似太陽炉とオリジナルのGNドライヴとの性能差はほぼ解消されていたとする資料もみられる[58]
  18. ^ スタッフインタビューにおいては、バッテリーも内蔵しているため歩行による帰還も示唆されている[65]
  19. ^ 一方で、イノベイドの機体以降に導入されたトランザムでは、解除後にドライブが壊れる欠点が解決された可能性があるとした資料もみられる[68]。『劇場版』に登場するラファエルガンダムは、初登場と2回目の出撃でトランザムを行っている。
  20. ^ イノベイターの出現により人類の発する脳量子波が増大したため、ELSがそれを感知して来訪したという意味では必然ではある。
  21. ^ 『1st』第19話においては、石油の輸出規制は国連によって一方的に決議された事が語られている。
  22. ^ 『1st』24話以降の物語は、『破界篇』では対アレハンドロ、グラハム戦のみの再現に止まる。クリス、リヒティの死亡やナドレ、キュリオスの破壊など『1st』の結末再現は『再世篇』の冒頭に持ち越される。
  23. ^ ゲーム内では『00V』の枠として扱われている。

出典

  1. ^ a b 機動戦士ガンダム00 公式ホームページ”. サンライズ. 2009年2月11日閲覧。
  2. ^ 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のレビュー、最新情報 / ファミ通.comより。2008年8月2日閲覧。
  3. ^ 機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズのレビュー、最新情報 / ファミ通.comより。2008年10月18日閲覧。
  4. ^ 機動戦士ガンダム00 MBS公式サイト”. 毎日放送. 2011年10月5日閲覧。
  5. ^ 「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」放送決定”. 創通. 2012年7月25日閲覧。
  6. ^ 【10周年コメント】水島精二監督、宮野真守さん、三木眞一郎さん、吉野裕行さん、神谷浩史さん”. 機動戦士ガンダム00 公式サイト. 2017年3月24日閲覧。
  7. ^ 舞台「機動戦士ガンダム00」刹那・F・セイエイ役の橋本祥平らメインキャスト発表”. 映画.com (2018年9月9日). 2020年7月10日閲覧。
  8. ^ 『アニメディア』2007年9月号、学術研究社、12-19頁。
  9. ^ 『グレートメカニックG 2017 WINTER』双葉社、2017年12月、48-52頁、ISBN 978-4575465068
  10. ^ 『機動戦士ガンダム00 second seasonコンプリートミッションファンブック』学習研究社、2009年6月、94-97頁。ISBN 978-4-05-605553-5
  11. ^ 『機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-2312』ニュータイプ編、角川書店、2009年5月、149-151頁。ISBN 978-4-04-854345-3
  12. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-2312』角川グループパブリッシング、2009年5月、92-95頁。ISBN 978-4-04-854345-3
  13. ^ 日経エンタテインメント! 編「インタビュー 水島精二監督」 『新・大人のガンダム』日経BP〈日経BPムック〉、2008年12月24日、16-19頁頁。ISBN 978-4-8222-6328-7 
  14. ^ 『機動戦士ガンダム00P vol.1』アスキー・メディアワークス、2008年5月、16頁、28頁。(ISBN 978-4048670838)
  15. ^ 木村暢『機動戦士ガンダム00 3 フォーリンエンジェルス』角川書店、2008年11月、366頁。(ISBN 978-4044736033)
  16. ^ 『機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT』2008年4月、角川書店、29頁。ISBN 978-4-04-854182-4
  17. ^ 『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズンオフィシャルファイル vol.6』講談社、2009年5月、5頁。ISBN 978-4-06-370077-0
  18. ^ 『1st』第16話。
  19. ^ 『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズンオフィシャルファイル vol.6』講談社、2009年5月、15頁。ISBN 978-4-06-370077-0
  20. ^ ただしこちらはイノベイター勢力の所属。
  21. ^ 『アニメディア』2009年5月号、学術研究社、162-163頁。
  22. ^ 『機動戦士ガンダム00 300 YEARS LATER』講談社、2009年1月、46-47頁。ISBN 978-4061791657
  23. ^ a b 「機動戦士ガンダム00 Meister’s Mission」より。アメリカを中心とした世界経済連合。
  24. ^ GUNDAM.INFOのDVD一巻の紹介より。
  25. ^ 『1st』第6話のアバンにて。
  26. ^ 『機動戦士ガンダム00P vol.2』50頁
  27. ^ a b c d e f g h i j 『機動戦士ガンダム00 メカニック-1st』双葉社、2008年10月、38-39頁。(ISBN 978-4575464429)
  28. ^ a b 木村暢『機動戦士ガンダム00 2 ガンダム鹵獲作戦』角川書店、2008年8月、24-27頁。(ISBN 978-4044736026)
  29. ^ 電撃ホビーマガジン特集!第4回 『機動戦士ガンダム00P』ガンダムプルトーネ”. GUNDAM.INFO (2008年1月26日). 2009年1月28日閲覧。
  30. ^ 『00F』第3巻146Pより
  31. ^ a b 『機動戦士ガンダム00 メカニック-Final』双葉社、2011年5月、36頁。(ISBN 978-4575464573)
  32. ^ 『機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイルVol.6』講談社、2008年5月、19頁。ISBN 978-4063700572
  33. ^ a b 木村暢『機動戦士ガンダム00 4 アニュー・リターン』角川書店、2009年10月、46-47頁。(ISBN 978-4044736071)
  34. ^ a b 木村暢『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 散りゆく光の中で』角川書店、2009年8月、226頁。(ISBN 978-4044736064)
  35. ^ ニュータイプ編 編 『機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-2312』角川書店、2009年5月、94頁頁。ISBN 978-4-04-854345-3 
  36. ^ 『機動戦士ガンダム00 メカニック-2nd』双葉社〈双葉社Mook〉、2010年1月、26頁頁。ISBN 978-4-575-46448-1 
  37. ^ 『機動戦士ガンダム00 SECOND SEASON コンプリートミッションファンブック』学研パブリッシング〈Gakken Mook MOOKアニメディア〉、2009年6月。ISBN 978-4-05-605553-5 
  38. ^ 『HG 1/144 ガデッサ』バンダイ、2009年1月、組立説明書。
  39. ^ 『機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT』2008年4月、角川書店、60-64頁。ISBN 978-4-04-854182-4
  40. ^ a b 『GUNDAM WEAPONS 機動戦士ガンダム00編IV』ホビージャパン、2011年1月、136頁頁。ISBN 978-4-7986-0275-2 
  41. ^ 『HG 1/144 ダブルオーガンダム セブンソード/G』バンダイ、2010年2月、組立説明書。
  42. ^ 『機動戦士ガンダム00 メカニック-1st』双葉社、2008年10月、48頁。(ISBN 978-4575464429)
  43. ^ 『1/100 ガンダムアストレア』バンダイ、2008年4月、組立説明書。
  44. ^ 『HG 1/144 ガンダムヴァーチェ』バンダイ、2007年12月、組立説明書。
  45. ^ 木村暢『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 散りゆく光の中で』角川書店、2009年8月、354頁。(ISBN 978-4044736064)
  46. ^ 『機動戦士ガンダム00 second seasonコンプリートミッションファンブック』学習研究社、2009年6月、28頁。ISBN 978-4-05-605553-5
  47. ^ 『2nd』第2話、22話。
  48. ^ 『HG 1/144 ダブルオーガンダム』バンダイ、2008年9月、組立説明書。
  49. ^ 『機動戦士ガンダム00P vol.1』アスキー・メディアワークス、2008年5月、61頁。(ISBN 978-4048670838)
  50. ^ a b METAL BUILD ガンダムデヴァイズエクシア スペシャルページ”. 魂ウェブ. 2022年4月7日閲覧。
  51. ^ 『2nd』第2話。
  52. ^ 『HG 1/144 ダブルオーライザー』バンダイ、2009年2月、組立説明書。
  53. ^ 『HG 1/144 トランザムライザー』バンダイ、2009年4月、組立説明書。
  54. ^ 『2nd』第11~12話。
  55. ^ 『2nd』第24~25話。
  56. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム00 外伝』 アスキー・メディアワークス、2011年5月、30-32頁。ISBN ISBN 978-4-048-70650-6
  57. ^ 『機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-2312』ニュータイプ編、角川書店、2009年5月、94頁。ISBN 978-4-04-854345-3
  58. ^ 『HG 1/144 リボーンズガンダム』バンダイ、2009年9月、組立説明書。
  59. ^ a b 『HG 1/144 ガンダムエクシア トランザムモード』バンダイ、2009年1月、組立説明書。
  60. ^ 電撃ホビーマガジン』2009年7月号の質問コーナーより[要ページ番号]
  61. ^ a b 『パーフェクトグレード 1/60 ガンダムエクシア』バンダイ、2017年12月、説明書。
  62. ^ 『HG 1/144 セラヴィーガンダム&セラフィムガンダム トランザムモード』バンダイ、2009年11月、組立説明書。
  63. ^ 『2nd』第13話。
  64. ^ 『2nd』第23話
  65. ^ a b c 『グレートメカニックDX8』双葉社、2009年3月、21頁。ISBN 978-4575464443
  66. ^ 『HG 1/144 スサノオ(トランザムモード)グロスインジェクションVer』バンダイ、2010年1月、組立説明書。
  67. ^ 『HG 1/144 ガラッゾ ヒリング・ケア専用』バンダイ、2009年6月、組立説明書。
  68. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル 第42号』デアゴスティーニ・ジャパン、2012年7月24日、25頁。
  69. ^ 『機動戦士ガンダム00 メカニック-2nd』双葉社、2010年1月、112-113頁。ISBN 978-4-575-46448-1
  70. ^ 『公式ガイドブック 劇場版 機動戦士ガンダム00 ―A wakening of the Trailblazer― 2314』角川書店、2010年12月、42頁。ISBN 978-4-04-854529-7
  71. ^ 『機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイルVOL.4』講談社、2008年3月、4頁。(ISBN 978-4063700541)
  72. ^ 『グレートメカニックG 2017 WINTER』双葉社、2017年12月、53頁、ISBN 978-4575465068
  73. ^ 『HG 1/144 ガンダムナドレ』バンダイ、2008年4月、組立説明書。
  74. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』アスキー・メディアワークス、2009年12月、74-75頁。ISBN 978-4-04-868313-5
  75. ^ 機動戦士ガンダム00P[下巻](アスキー・メディアワークス)より[要ページ番号]
  76. ^ a b 鍛治信太郎 (2009年3月1日). “のぞきまど ガンダムの科学(1) 軌道エレベーター(上) カーボン素材発見で現実昧”. 朝日新聞日曜版 be on Sunday (朝日新聞社): p. s2面 
  77. ^ 『機動戦士ガンダム00 メカニック-Final』双葉社、2011年5月、62頁。ISBN 978-4-575-46457-3
  78. ^ 『機動戦士ガンダム00P』より。
  79. ^ a b 公式外伝『00F』より。
  80. ^ 「機動戦士ガンダム00 とりあえずTVシリーズ終了記念 俺は…僕は…私は…卒業します」『月刊アニメディア』第29巻第5号、学習研究社、2009年5月、 124-129頁、 JAN 4910015790598、雑誌01579-05。
  81. ^ 『機動戦士ガンダム00 コンプリートミッションファンブック』の黒田洋介インタビューより。
  82. ^ 劇場版・機動戦士ガンダム00コンプリートエディション封入特典による黒田洋介の解説
  83. ^ 機動戦士ガンダム00コンプリートミッションファンブックによる黒田洋介の解説
  84. ^ a b 機動戦士ガンダム00 コンプリートベスト 付属書き下ろし小説”GUNDAM MEISTER'S another story featuring TIERIA「Veda」”より
  85. ^ 月刊ニュータイプ2010年2月号、水島監督解説
  86. ^ 『機動戦士ガンダム00P vol.1』アスキー・メディアワークス、2008年5月、10-11頁。(ISBN 978-4048670838)
  87. ^ 『機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-2312』角川グループパブリッシング、2009年5月、82-83頁。(ISBN 978-4-04-854345-3)。
  88. ^ 『機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT』2008年4月、角川書店、54-55頁。ISBN 978-4-04-854182-4
  89. ^ 機動戦士ガンダム00外伝 スタッフ紹介”. 機動戦士ガンダム00 公式サイト. サンライズ. 2009年8月18日閲覧。
  90. ^ 機動戦士ガンダム00(1) ソレスタルビーイング”. webKADOKAWA. 角川書店. 2009年6月13日閲覧。
  91. ^ 公式HP(新着情報2009年7月1日)
  92. ^ 舞台 機動戦士ガンダム00”. 2018年8月27日閲覧。
  93. ^ 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による覚醒-Re:(in)novation」”. 機動戦士ガンダム00 公式サイト. 2020年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月23日閲覧。
  94. ^ 初日延期と一部開演時間変更のお知らせ (PDF)”. 2018年8月27日閲覧。



機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:17 UTC 版)

ガンダムシリーズの登場人物一覧」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

ここには、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』登場人物挙げる登場人物に関して機動戦士ガンダム00の登場人物を参照

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の記事については、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:34 UTC 版)

地球連邦軍」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

正式名称地球連邦平和維持軍作中では正規軍とも呼ばれる西暦2312年それまで三大国家ユニオン人類革新連盟AEUそれぞれ保有していた軍隊合同し発足同時期発足した独立治安維持部隊アロウズ専横を受けることが多く、それに反発した軍の一部クーデター起こしたために一時は法改正によりアロウズ指揮下に組み込まれたその後専横強め暴虐行為繰り返アロウズへの危惧から連邦アロウズから離反してそれまで敵対していた反政府勢力カタロン私設武装組織ソレスタルビーイングに協力する部隊現れアロウズ打倒流れ作った

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「地球連邦軍」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「地球連邦軍」の記事については、「地球連邦軍」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:03 UTC 版)

ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

ここでは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』登場兵器のうち名称・所属判明しているものを挙げる。 ソレスタルビーイング CBS-70 プトレマイオスMS母艦)CBS-74 プトレマイオス2(MS母艦輸送艦 VTOL機 GNR-001 GNアームズGNR-001E GNアームズTYPE-E GNR-001D GNアームズTYPE-D GNR-010 オーライザー GNR-101A GNアーチャー(ガンアーチャー) ソレスタルビーイング(チームトリニティ) トリニティ王商プライベートVTOL コーナーアレハンドロ宇宙船 ユニオン バージニア輸送艦ノーフォーク 海上空母 巡洋艦 揚陸艦 大型MS輸送機 小型輸送機 AEU 輸送機 人類革新連盟 EDI-402 ラオホゥ級輸送艦 輸送艦 大型輸送機 トレーラーベースMSキャリア 射撃管制車両 司令塔車両 地球連邦平和維持軍 / アロウズ バイカル級航宙巡洋艦 ウラル大型輸送艦 ギアナ級地戦艦 ベーリング海上空母 指揮官VTOL 連絡機 メメントモリ衛星兵器カタロン バージニア輸送艦武装強化型 EDI-402 ラオホゥ級輸送艦武装強化型 大型輸送機 PMCトラスト 輸送機 ラ・イデンラ リニアタンカー JNN 報道ヘリコプター アザディタン王国 装甲車 イノベイター勢力 コロニー外宇宙航行母艦「ソレスタルビーイング」 その他 民間旅客機 木星探査船「エウロパ

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の記事については、「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 17:16 UTC 版)

ROBOT魂」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

『機動戦士ガンダム00』とその関連作品登場する機体No.商品名発売時期備考001 ダブルオーガンダム 2008年01025日 002 アリオスガンダム 003 ユニオンフラッグカスタムIIGNフラッグ2008年01129日 004 ケルディムガンダム SP オーライザー 2008年012月27日 SP ダブルオーライザートランザムセット No.001とオーライザーの2体セット共にトランザムカラー 007 セラヴィーガンダム 2009年0131日 バックパックセラフィムガンダム変形 008 アヘッド 009 ジンクスIIIアロウズ型) 2009年027日 010 ブシドー専用アヘッドアヘッド近接戦闘型"サキガケ" 2009年0228日 012 GNアーチャー(ガンアーチャー) 2009年0321日 SP アリオスガンダム+GNアーチャーアーチャーアリオスセット 2009年0314日 No.002とNo.012の2体セット共に一部メタリックカラー 015 ガデッサ(リヴァイヴ機) 2009年0328日 016 ガラッゾ(ブリング機) 2009年0321日 - ダブルオーガンダムトランザムクリアバージョン 2009年03TAMASHII NATION2009会場及び魂ウェブ商店抽選販売 017 アヘッド量子波対応型"スマルトロン" 2009年0418日 018 ジンクスIII地球連邦型) 022 オーガンダム実戦配備型) 2009年05月30日 023 ガデッサ(ヒリング機) 2009年05月23日 025 ガラッゾ(ヒリング機) 2009年06月20日 028 マスラオ 2009年07月25日 初回生産分には「武士の箴言台座」が付属030 ガンダムエクシア 2009年08月8日 SP ガンダムエクシアリペアII 換装パーツ 2009年08月上旬発送第一次受注2009年012月発送第二次受注魂ウェブ商店限定販売No.030用のパーツのみ SP アドヴァンスドジンクス 2009年09月発送 魂ウェブ商店限定販売エイミーカラー 033 アルヴァアロン 2009年09月19日 SP アルヴァアロンDXthe core of アルヴァトーレ メタリックカラーのNo.033とアルヴァトーレの台座部分セット 038 ダブルオーガンダムセブンソード 2009年01024日 ダブルオーガンダムに換装可能 SP レグナント 2009年010月下発送 魂ウェブ商店限定販売 045 アルケーガンダム 2009年012月12日 SP ガッデス 2009年012月発送 魂ウェブ商店限定販売ブースターとの同梱発送品も発売 SP ガデッサ/ガラッゾ/ガッデスブースター 魂ウェブ商店限定販売3アイテム対応のブースター単品ガッデスとの同梱発送品も発売 SP ガンダムエクシア リペア 魂ウェブ商店限定販売 048 スサノオ 2010年0123日 SP アドヴァンスドジンクス(デボラ機) 2010年01発送 月刊ホビージャパン09月限定販売 SP オーガンダム 2010年01月 下発送 魂ウェブ商店限定販売オリジナルカラーSP ガガ 魂ウェブ商店限定販売 SP ガガ トランザムセット 魂ウェブ商店限定販売3体セット トランザムクリアーカラー仕様 - ガンダムエクシアトランザムクリアVer. 2010年026日(魂フィーチャーズ)2011年01発送魂ウェブ商店) 魂フィーチャーズVol.1限定販売及び魂ウェブ商店限定販売(魂フィーチャーズ」開催記念)No.030のトランザムクリアーカラー仕様 SP GNソードIII 2010年02月中旬発送 魂ウェブ商店限定販売No.001及びNo.038用武器のみ SP ダブルオーガンダムトランザムライザー 魂ウェブ商店限定販売ダブルオーガンダム(No.038仕様)とオーライザーとGNソードIIIのセットトランザムクリアーカラー仕様 SP スサノオトランザムVer.2010年05月下旬発送 魂ウェブ商店限定販売No.048のトランザムクリアーカラー仕様武士の箴言台座付属 062 リボーンズガンダムリボーンズキャノン 2010年06月12日形態変形可能 065 ケルディムガンダムサーガ 2010年06月26日 074 アリオスガンダムアスカロン 2010年09月25日 - ダブルオーライザー〔粒子貯蔵タンク型〕 2010年0101日 TAMASHII NATION 2010 SHINKA刻まれ魂の歴史会場にて限定販売及び、魂ウェブ商店にて抽選販売 076 ダブルオークアンタ 2010年01030日 SP ガンダムアストレア 2010年011発送 電撃ホビーマガジン及びムックROBOT魂 SIDE BOOK限定販売 SP ジンクス 2011年01発送 魂ウェブ商店限定販売 090 ブレイヴ指揮官試験機 2011年04月9092 ガンダムアヴァランチエクシア 2011年05月21日 SP ガンダムアストレア(タイプF2011年05月発送 魂ウェブ商店限定販売 SP ブレイヴ一般用試験機 2011年07月発送 SP ヤークトアルケーガンダム 2011年08月発送 SP ダブルオークアンタ(クアンタムバーストver.2011年09月発送 SP ダブルオークアンタ(クアンタムバーストver.ブラックライト台座セット 魂ウェブ商店限定販売『ダブルオークアンタ(クアンタムバーストver.)』と専用ブラックライト台座セット SP ジンクスIV指揮官機2011年012月発送 魂ウェブ商店限定販売 SP セラヴィーガンダムGNHW/3G(セラヴィー&セラフィムセット) 2012年03発送 魂ウェブ商店限定販売セラヴィーガンダムとセラフィムガンダムセット SP セラヴィーガンダムGNHW/3G(セムセット) 魂ウェブ商店限定販売セム2体のセット SP スペルビアジンクス 2012年05月発送 魂ウェブ商店限定販売 SP ジンクスIV量産機2012年06月発送 SP エルスクアンタ 2012年012月発送 SP ジンクスIVトランザムVer.2013年02発送 SP ダブルオークアンタ(トランザムVer.2013年010発送 214 フルアーマーOガンダム 2017年07月15日 ノーマルOガンダム実戦配備型)にも換装可能 216 ガンダムエクシアリペアII&リペアIIIパーツセット 2017年08月25日 ガンダムエクシアリペアIIIにも換装可能

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「ROBOT魂」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「ROBOT魂」の記事については、「ROBOT魂」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:12 UTC 版)

ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

ここには、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』登場兵器挙げる

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の記事については、「ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 05:17 UTC 版)

軌道エレベータ」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

3つの国家群それぞれ所有する軌道エレベータタワー」「ラ・トゥール(アフリカタワー)」「天柱」の3基が登場高軌道低軌道2つオービタルリングによって連結され低軌道オービタルリングには2基の巨大自由電子レーザー掃射装置メメントモリ」が建造された。人員物資輸送の他、太陽発電衛星得られ電力地上送電する機能を持つ劇中で「メメントモリ」による「ラ・トゥール」の低軌道ステーション狙って照射で、外壁破壊多数落下する人為的事故起こる。

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「軌道エレベータ」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「軌道エレベータ」の記事については、「軌道エレベータ」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:07 UTC 版)

コア・ファイター」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

『機動戦士ガンダム00』では、機体数は少ないもののいくつも陣営コアファイター採用されている。また、そのどれもが太陽炉搭載機であり、ソレスタルビーイング(以下CB)の技術・データ利用している点が共通の特徴である。 設定上は外伝作品『00P』に登場する第2世代ガンダム「ガンダムプルトーネ」で実装され、GNドライヴパイロットの回収目的として導入された。また、アルケーガンダムにもイノベイター専用機と同様設計思想を持つコアファイター導入されている。 『00V戦記』にて「ジンクスIV」への配備進んでいるELS戦を生き残ったジンクスIV全機配備され次世代機の「ジンクスV」では標準装備予定されるジンクス系統コックピット腰部あるためコアファイター腰部一部とスカートアーマーとなるよう設計されている。

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「コア・ファイター」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「コア・ファイター」の記事については、「コア・ファイター」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダム00

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 14:17 UTC 版)

METAL BUILD」の記事における「機動戦士ガンダム00」の解説

ダブルオーガンダム セブンソード2011年3月26日) オーライザー+GNソードIII2011年7月魂ウェブ商店) ダブルオーガンダム(トランザムライザー)(2011年11月25日) - 魂ネイション2011会場魂ウェブ商店限定販売。 ガンダムエクシア&エクシアリペアIII2013年3月23日) ダブルオーライザー(2013年8月魂ウェブ商店) ガンダムエクシアリペア(2013年9月14日) ガンダムエクシア トランザムVer.2014年5月魂ウェブ商店) ダブルオーガンダムセブンソード/G(2017年7月15日) ダブルオークアンタ(2017年12月GNソードブラスターII2018年1月魂ウェブ商店) ガンダムエクシア 10th ANNIVERSARY EDITION2018年3月魂ウェブ商店[抽選販売]) ダブルオーライザー デザイナーズブルーVer.2019年10月25日) - 魂ネイション2019会場限定販売10th Anniversary トランザムライザー Full Particle ver.2021年11月予定[事前販売抽選販売]、2022年5月予定[事後販売抽選販売]、魂ウェブ商店) - 魂ネイション2021限定販売。 ガンダムアストレアTYPE-Xフィンスターニス(2021年12月魂ウェブ商店

※この「機動戦士ガンダム00」の解説は、「METAL BUILD」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダム00」を含む「METAL BUILD」の記事については、「METAL BUILD」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「機動戦士ガンダム00」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類

アニメ作品 き Canvas2  救命戦士ナノセイバー  機動戦士ガンダム00  キカイダー01 THE ANIMATION  機甲兵団 J-PHOENIX
2007年のテレビアニメ メイプルストーリー  ZOMBIE-LOAN  機動戦士ガンダム00  しゅごキャラ!  ロビーとケロビー
2008年のテレビアニメ リトル・チャロ  鉄腕バーディー DECODE  機動戦士ガンダム00  しゅごキャラ!  ARIA
TBS系アニメ イルカと少年  スカイヤーズ5  機動戦士ガンダム00  パーマン  ゴーゴー五つ子ら・ん・ど
毎日放送のテレビアニメ まんが偉人物語  エースをねらえ!  機動戦士ガンダム00  おそ松くん  戦国BASARA
ガンダムシリーズ漫画作品 機動戦士ガンダム THE ORIGIN  超級!機動武闘伝Gガンダム  機動戦士ガンダム00  MS戦記 機動戦士ガンダム0079外伝  機動戦士ガンダム ムーンクライシス
高河ゆん ハイスクール・オーラバスター  アーシアン  機動戦士ガンダム00  B型同盟  ローラカイザー

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

機動戦士ガンダム00のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダム00のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム00 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガンダムシリーズの登場人物一覧 (改訂履歴)、地球連邦軍 (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧 (改訂履歴)、ROBOT魂 (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場機動兵器一覧 (改訂履歴)、軌道エレベータ (改訂履歴)、コア・ファイター (改訂履歴)、METAL BUILD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS