劇場版_機動戦士ガンダム00_-A_wakening_of_the_Trailblazer-とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 き > 劇場版_機動戦士ガンダム00_-A_wakening_of_the_Trailblazer-の意味・解説 

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/05 09:52 UTC 版)

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』(げきじょうばん きどうせんしガンダムダブルオー ア ウェイクニング オブ ザ トレイルブレイザー)は、2010年平成22年)9月18日公開の日本アニメーション映画。副題「A wakening of the Trailblazer」は、和訳すると「先駆者の目覚め」となる。




  1. ^ 久々ガンダム映画は人対宇宙人の最終戦争 - シネマニュース : nikkansports.comより。
  2. ^ 機動戦士ガンダム00:勝地涼インタビュー 小栗旬の指名でデカルト役に「いい意味での異物感を」 - MANTANWEB(まんたんウェブ、インターネットアーカイブ2010年9月22日分キャッシュ)より。
  3. ^ 月刊アニメディア2007年9月号 水島精二インタビューより。[要ページ番号]
  4. ^ 劇場版パンフレット「あらゆるピースがはまった劇場版『00』」より。
  5. ^ 国内映画ランキング(2010年9月18日~2010年9月19日) - 映画.comより。
  6. ^ 「文化通信」速報1/14記事より。
  7. ^ 本人のブログによれば、刹那(少年時代)、ネフェル・ナギーブ(ソルブレイヴスの女性隊員)、アーミア・リー(劇中にてELSと接触した女子高生。名前は量子型演算処理システム ヴェーダのツイッターより)、議員を担当したとのこと。
  8. ^ 本人のブログによれば、キャスターを担当したとのこと。
  9. ^ 所属事務所の出演履歴によれば、議員を担当したとのこと。
  10. ^ 連邦軍は接触時に取り込まれるのを防ぐためにミサイルを近接信管にセットする他、GN粒子である程度融合を防げるためにGN粒子の近接装備を搭載した機体も出撃している
  11. ^ a b c 海老川兼武; 水島精二; 河合宏之 (2010年9月21日). “最終回 ELS襲来、ソレスタルビーイング号SOS”. 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-|G-ROOMS最終回_1. バンダイビジュアル. 2010年11月2日閲覧。
  12. ^ 公式外伝『00I 2314』でのビリーの台詞より。
  13. ^ ELSとの最終決戦前のミーナの台詞より。
  14. ^ 木村暢 『小説版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』 角川書店角川スニーカー文庫〉、2010年ISBN 978-4-04-473609-5
  15. ^ 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-”. webKADOKAWA. 角川書店. 2010年10月4日閲覧。


「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「劇場版_機動戦士ガンダム00_-A_wakening_of_the_Trailblazer-」の関連用語

劇場版_機動戦士ガンダム00_-A_wakening_of_the_Trailblazer-のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



劇場版_機動戦士ガンダム00_-A_wakening_of_the_Trailblazer-のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS