ビームライフル_(ガンダムシリーズ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ビームライフル_(ガンダムシリーズ)の意味・解説 

ビームライフル (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/14 16:47 UTC 版)

ビームライフル (Beam Rifle) は、アニメガンダムシリーズ』に登場する、架空の兵器。モビルスーツ (MS) の標準的な武装の一つで、最も主力になるものである。




注釈

  1. ^ 例外的に『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のP.D.世界では、300年前に対人兵器としてビーム兵器が用いられたのがその後ロストテクノロジーとなっており、モビルスーツの射撃武装はごく一部のレールガン以外は火器が主体となっている。
  2. ^ 制作者日本サンライズ(当時)の設定では「15発」となっているが、脚本、作画上では必ずしも遵守されておらず、15発以上射撃していることがあった。
  3. ^ エビル・Sのビームスプレーガン、リグ・シャッコーのハンドビームガン等が見られる。リック・ディアスのビームピストルは拳銃としてはかなり大型で、むしろ百式のビームライフルをダウンサイジングしたカービン銃に近い。また、ヴィクトリーガンダム系列が使用するビームピストルはビームライフルの機関部と兼用されるもので、ビームライフルが損傷した場合の緊急装備的側面が強い。
  4. ^ この仕様はメカニックデザインを担当したカトキハジメの提案によるもので[3]、『機動戦士ガンダムNT』の監督を務めた吉沢俊一はこの設定を「そこまで手を入れるならちゃんと撃てる腕を作ればいい、という話なんですけど」としつつも、面白い設定だと評している[3]
  5. ^ ただし、「メガ粒子」の呼称が用いられる兵器はいずれも外伝作品である『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』のみに登場しているため、作品の基本設定について制作担当者間で認識の齟齬が生じた可能性がある。
  6. ^ アニメーション第17話において水夫の口頭から「前の戦争の際に陸にもそら(宇宙と空、どちらを指すかは不明)にも変な物を撒かれてレーダーはほとんど使えない」という旨の説明が存在する。
  7. ^ ウイングガンダム、およびウイングガンダムゼロのものと同じ名称だが、それらほど圧倒的な威力はない。アフターウォーにおけるバスターライフルとは「ガンダムタイプ用の高出力型ビームライフル」程度の意味合いとなっており、軽量化や長銃身化によりビーム収束率を高めたものなど、各機体に合わせたカスタマイズが施された専用品となっている。
  8. ^ この抑制フィールド同士は干渉するため、ビームブーメラン等と接触する事もある[9]
  9. ^ 書籍によっては「核エンジン搭載機体はエネルギーの続く限りビームを撃ち続けられる[11]」とした記述も存在するが、電力こそ原子炉で発電可能であるものの、投射に必要な荷電粒子やプラズマはどのように賄っているかは設定付けがなされていない。

出典

  1. ^ 氷川竜介 (2007年7月24日). “ネイティブガンダム[リマスター版] 第2話「ガンダム破壊命令」”. GUNDAM.INFO. サンライズ. 2014年6月9日閲覧。
  2. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダム 一年戦争編』. メディアワークス. 
  3. ^ a b c d 「特集 機動戦士ガンダムNT」、『グレートメカニックG』2018 WINTER、双葉社2018年12月18日、 10頁、 ISBN 978-4-575-46513-6
  4. ^ アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』第12話「個人の戦争」
  5. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第6巻、2017年7月、165-167、188頁。(ISBN 978-4041057810)
  6. ^ 講談社刊「機動新世紀ガンダムX MS公式カタログ」(ISBN 4-06-103311-5) 5頁参照
  7. ^ プラモデルキット「1/144 ガンダムヴァサーゴ」組み立て説明書参照
  8. ^ a b プラモデルキット「1/60 PG ストライクガンダム」取扱説明書参照
  9. ^ a b 「機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編」ホビージャパン刊 2006年3月31日初版発行 176頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  10. ^ 角川書店「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY Re:Master Edition」2巻(ISBN 9784041206393)参照
  11. ^ 『機動戦士ガンダムSEED OFFICIAL FILE メカ編vol.3』講談社 2003年9月9日第一版発行 4-5頁。(ISBN 4063347702)
  12. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 2」(ISBN 4-04-471702-8) 79頁参照
  13. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED 2 砂漠の虎」(ISBN 4-04-429102-0) 134頁参照
  14. ^ 『機動戦士ガンダムAGE』アニメ第11話。
  15. ^ a b c 小太刀右京 『小説版 機動戦士ガンダムAGE(1)スタンド・アップ』 角川書店2012年2月1日ISBN 978-4-04-100147-9


「ビームライフル (ガンダムシリーズ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビームライフル_(ガンダムシリーズ)」の関連用語

ビームライフル_(ガンダムシリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビームライフル_(ガンダムシリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビームライフル (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS