ΖΖガンダムとは?

ΖΖガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 04:06 UTC 版)

ΖΖダブルゼータガンダム(ダブルゼータガンダム、DOUBLE ZETA GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ (MS){{{2}}} 」の一つ。初出は1986年のテレビアニメ機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』。




注釈

  1. ^ Gフォートレス形態は機体構造上、コア・ブロックが機体下面に露出するため、後の改修によってコクピット周辺に追加装甲が施されている。
  2. ^ a b MS形態では「14,400kg×4」であるが、コア・ベースのスペック表ではすべて「×2」となっている。
  3. ^ 「14,400kg×4」の場合の総推力は168,200kgとなる。
  4. ^ 「NEO・コア・ファイター」と表記。
  5. ^ Gフォートレス形態で出撃し、ジュドーの搭乗するコア・ファイターと入れ替わるが(総数2機)、合体シーンはバンクを使っているためコア・トップ側からもコア・ファイターが分離している(総数3機)。
  6. ^ 『マスターグレード ΖΖダブルゼータガンダム』解説には、急遽開発中の航宙戦闘機をメガビームライフルユニットへ改装したものであるという説や、コア・トップは元々Gブルに相当する戦車形態となる予定だったがティターンズ崩壊後のネオ・ジオン台頭に伴い可及的速やかに配備することが求められたため地上用装備がオミットされてしまったという説が記載されている。
  7. ^ スーパーGフォートレスの設定画より。
  8. ^ 第13、15、24、34、35話の6回。
  9. ^ 「14,400kg×4」の場合の総推力は135,600kgとなる。
  10. ^ 第14、17、18、24、34、35話の6回。
  11. ^ この際の演出はゲーム[要出典]において「ハイメガキャノンフルパワー」という名称でΖΖダブルゼータの最強武装として再現されるようになった。
  12. ^ このため、本機は本体の各パーツの三つの核融合炉と合わせ、4基のジェネレーターを有する[5]
  13. ^ 一方で、ZZガンダムのフルアーマーオペレーションは当初から想定されており、ZZガンダムが複雑さ故に実運用での整備性が悪化していたことや、最大出力での稼働時間が短かったことからフルアーマーZZガンダムが配備されたとする資料もみられる[19]
  14. ^ 元デザインが明貴美加デザインのフルアーマーΖΖダブルゼータガンダムのリファインである。
  15. ^ スーパーGフォートレスのMS形態を指すか、別の装備であるか不明。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 『マスターグレード MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、1999年12月。
  2. ^ a b c d e f g 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』角川書店、1997年12月、66-67頁。(ISBN 978-4073075721)
  3. ^ a b c d e 『モデルグラフィックス2月号別冊 ガンダムウォーズII ミッションダブルゼータ/パーフェクトモデリングマニュアル』大日本絵画、1987年2月、17-19頁。(ISBN 978-4499205269)
  4. ^ a b c 『ガンダムマガジン』No.3、講談社、1991年3月、64-65頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『1/144 MSZ-010 ΖΖダブルゼータガンダム』説明書、バンダイ、1986年6月。
  6. ^ a b c d e 『ハイグレードユニバーサルセンチュリー MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、2010年6月。
  7. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE. 25 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑【PART.4 MSモビルスーツ開発競争編】』バンダイ、1991年2月、116-117頁。(ISBN 978-4891891305)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 『SD CLUB』第10号、バンダイ、1990年4月、30-31頁。
  9. ^ 『モビルスーツ全集10 可変モビルスーツ・モビルアーマーBOOK』双葉社、2016年3月、49-51頁。(ISBN 978-4575464931)
  10. ^ みやざわ郁雄「始動せよ!ΖΖダブルゼータガンダム!!」『ガンダムマガジン』No.3、1991年3月号、講談社、41-63頁。
  11. ^ ガンダム・センチネル』大日本絵画、1988年9月、13頁。(ISBN 978-4499205306)
  12. ^ a b c d e f g h 『ハイグレード 1/144 MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、1991年7月。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『1/100 MSZ-010 ダブルゼータガンダム』説明書、バンダイ、1986年7月。
  14. ^ a b c d e f g 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑 PART.2【グリプス戦争編】』バンダイ、114-118頁。(ISBN 978-4891890186)
  15. ^ a b 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、38-41頁。(ISBN 978-4797352856)
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 『機動戦士ガンダムΖΖ&Ζ 保存版設定資料集』バンダイ、1986年6月、10-11頁。
  17. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、52-53頁。
  18. ^ 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、15頁。(ISBN 978-4797352856)
  19. ^ a b c d プラモデル『マスターグレード FA-010S フルアーマーダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、2000年8月。
  20. ^ 『ホビージャパン』2001年5月号、27頁。
  21. ^ 『機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』第24話。
  22. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑 PART.2【グリプス戦争編】』バンダイ、46頁。
  23. ^ a b c 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、59頁。(ISBN 978-4797352856)
  24. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』角川書店、1997年12月、67頁。(ISBN 978-4073075721)
  25. ^ 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、60頁。(ISBN 978-4797352856)
  26. ^ a b c d e 『B-CLUB SPECIAL35 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、68-69頁。
  27. ^ 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ PERFECT EDITION』角川書店、1987年10月、59頁。
  28. ^ SDガンダム GGENERATION』シリーズなど。
  29. ^ 『B-CLUB SPECIAL35 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、98頁。
  30. ^ a b c d e 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1987年2月、28頁。
  31. ^ 『機動戦士ガンダムΖΖダブルゼータ』第16話。
  32. ^ 伸童舎「ガンダム・ワールド70の謎」『ジ・アニメ』1986年6月号、13頁。
  33. ^ 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1987年10月20日、4-5頁。
  34. ^ 『モデルグラフィックス2月号別冊 ガンダムウォーズII ミッションダブルゼータ/パーフェクトモデリングマニュアル』大日本絵画、1987年2月、156-157頁。(ISBN 978-4499205269)
  35. ^ a b c d e 『ガンダムマガジン』No.3、講談社、1991年3月、68-69頁。
  36. ^ 『SD CLUB』第10号掲載小説「宇宙の咆哮」による。
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月、136-137頁。
  38. ^ 角川書店「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス」104ページ。
  39. ^ 『データコレクション6 機動戦士ガンダムΖΖ』メディアワークス、1997年12月、22頁。
  40. ^ a b c d e f g h i 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』近代映画社、1987年3月、87頁。
  41. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2013[+線画設定集]』メディアワークス、2012年12月、282頁。(ISBN 978-4048912150)
  42. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑 PART.2【グリプス戦争編】』バンダイ、118頁。(ISBN 978-4891890186)
  43. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p プラモデル『1/144 MSZ-010-B フルアーマーΖΖガンダム』説明書、バンダイ、1987年7月。
  44. ^ 機動戦士ガンダム Gフレーム ZZガンダム/強化型ZZガンダム【プレミアムバンダイ限定】 プレミアムバンダイ公式通販
  45. ^ a b c d e f g h i j k 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』近代映画社、1987年3月、95頁。
  46. ^ 『機動戦士ガンダム ガンダム最強伝説』竹書房、2009年6月、188頁。(ISBN 978-4812438688)
  47. ^ 『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、70頁。
  48. ^ a b c 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ PERFECT EDITION』角川書店、1987年10月、50-51頁。
  49. ^ a b c d e f 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、108-109頁。(ISBN 978-4499205306)
  50. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、106頁。(ISBN 978-4891890193)
  51. ^ 『マスターグレード FA-010A ファッツ』バンダイ、2001年9月、組立説明書、2頁。
  52. ^ a b 『マスターグレード FA-010A ファッツ』バンダイ、2001年9月、組立説明書、9頁。
  53. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、81頁。(ISBN 978-4499205306)
  54. ^ 『マスターグレード FA-010A ファッツ』バンダイ、2001年9月、組立説明書、7頁。
  55. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、75頁。
  56. ^ a b c 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』大日本絵画、1987年2月、8-9頁。
  57. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w SD CLUB』第9号、バンダイ、1990年2月、30頁。
  58. ^ a b c d e f g h i j k 『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2018年2月、 80-81頁、 JAN 4910124010280。
  59. ^ a b c d e 『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2018年8月、 137頁、 JAN 4910124010884。
  60. ^ 「ガンダムトライエイジ BUILD MSモビルスーツ 4弾」いよいよ本日12月12日より稼働開始! GUNDAM.INFO、2013年12月12日。
  61. ^ 「オリジナルビルドMS「ガンダムトライオンIII」登場!」『ガンダムトライエイジ』公式サイト





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ΖΖガンダム」の関連用語

ΖΖガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ΖΖガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのΖΖガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS