機動戦士ガンダムΖΖの登場人物とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 架空の名前 > 架空の生物 > 架空の人物 > 宇宙世紀の人物 > 機動戦士ガンダムΖΖの登場人物の意味・解説 

機動戦士ガンダムΖΖの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 11:47 UTC 版)

機動戦士ガンダムΖΖの登場人物(きどうせんしガンダムダブルゼータのとうじょうじんぶつ)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、架空の人物を列挙する。特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。


注釈

  1. ^ アニメ本編ではパイロットとしてMSを操縦したことはないが、ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』の一部作品ではリィナをパイロットとして操作できるものがある。
  2. ^ 月刊ニュータイプより[信頼性要検証]

出典

  1. ^ a b c d e f アニメディア別冊ΖΖ1 1986, p. 13-28.
  2. ^ a b c d e f アニメディア別冊ΖΖ2 1987, p. 85-98.
  3. ^ シャアが行く 2011, p. 45.
  4. ^ a b c d 旭屋ΖΖ 2000, p. 14-22.
  5. ^ ファクトファイル90 2006, p. 32.
  6. ^ ファクトファイル140 2007, p. 30.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 旭屋ΖΖ 2000, p. 80-90.
  8. ^ ファクトファイル4 2004, p. 32.
  9. ^ ファクトファイル67 2006.
  10. ^ a b ジ・アニメ09 1986, p. 105-107.
  11. ^ ファクトファイル36 2005, p. 32.
  12. ^ アニメディア06付録 1986, p. 16.
  13. ^ ファクトファイル55 2005, p. 32.
  14. ^ a b c ファクトファイル89 2006, p. 31-32.
  15. ^ ファクトファイル99 2006, p. 32.
  16. ^ a b ファクトファイル98 2006, p. 32.
  17. ^ ニュータイプ別冊ΖΖ 1987, p. 81.
  18. ^ a b ファクトファイル96 2006, p. 31.
  19. ^ a b ファクトファイル22 2005, p. 13-14.
  20. ^ ファクトファイル114 2006, p. 31.
  21. ^ a b ファクトファイル124 2007, p. 31-32.
  22. ^ a b ファクトファイル150 2007, p. 23-28.
  23. ^ ファクトファイル142 2007, p. 30.
  24. ^ a b ファクトファイル147 2007, p. 31-32.
  25. ^ ファクトファイル23 2005, p. 31.
  26. ^ ファクトファイル110 2006, p. 31.
  27. ^ a b ジ・アニメ10 1986, p. 89-92.
  28. ^ ニュータイプ別冊ΖΖ 1987, p. 78.
  29. ^ ファクトファイル7 2004, p. 31.
  30. ^ 昼MSゲゼ 2021.
  31. ^ ファクトファイル92 2006, p. 32.
  32. ^ ファクトファイル125 2007, p. 29.
  33. ^ ファクトファイル138 2007, p. 32.
  34. ^ ファクトファイル6 2004, p. 31.
  35. ^ ファクトファイル145 2007, p. 29.
  36. ^ ファクトファイル91 2006, p. 13-14.


「機動戦士ガンダムΖΖの登場人物」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダムΖΖの登場人物」の関連用語

機動戦士ガンダムΖΖの登場人物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダムΖΖの登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダムΖΖの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS